管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国人ビザ恒久免除決定 『安全度外視』
 ついに恐れていた事が現実になってしまいました。当ブログで何度か取り上げた『韓国人ビザ恒久免除』に関する話題。昨年末からチラホラと『政府が検討している』という話や、公明党の北側国交相が『2月以降も当然ビザ無しでやる』と怪気炎を上げたりした話が聞こえていましたが、政府がとうとうビザ免除を決定したというニュースが入ってきました。まず、こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

韓国人ビザ免除恒久化 関係改善へ交流拡大

 【ソウル=久保田るり子】日本政府は六日、韓国人の短期滞在査証(九十日以内)の免除(無期限)を三月一日から実施することを決めた。これを受け韓国政府は、「恒久的ビザ免除の決定を高く評価する」(外交通商省)との談話を発表した。韓国は現在、日本人の短期ビザなし渡航を実施中(一年ごとに更新)だが、相互主義にのっとり、期限を恒久化する方針だ。

 韓国は相互主義と交流拡大のため、ビザ免除を日本に強く求めてきたが、日本側には犯罪や不法滞在などへの懸念から慎重論が強かった。しかし、昨年の愛知万博に合わせ実施した短期滞在査証免除措置の期間中に入国した韓国人について、不法滞在などの問題がなかったことを確認したうえで、恒久化に踏み切った。韓国側と捜査当局間の協力体制も整備してきた。靖国神社参拝問題で冷却化した日韓関係を改善するための足掛かりにしたいとの思惑も、日本側にはありそうだ。

 韓国からの日本渡航は昨年、約百九十万人。日韓関係がぎくしゃくするなかでも民間交流は拡大しており、今回の措置でいっそうの活発化が予想される。
(産経新聞) - 2月7日2時51分更新


 最悪です・・結局政界でどこの政党の反対も無いまま、完全スルーで決定してしまいました。『不法滞在などの問題がなかったことを確認した』って頭おかしいんじゃないの?韓国人は国籍別の不法滞在者数でブッチギリの一位ですが。『愛知万博中に入国した韓国人』と限定してるところがミソですね。こんなものは詭弁だよ。

 恒久的な免除になってしまえば、何か問題が起こったときにすぐさま方針を転換させることは難しい。今回の措置は韓国政府の『強い』要望で始まった事ですから、犯罪や不法滞在が激増して恒久免除を撤回しようとしても、外交問題化することは間違いない。

 不法滞在者数の多さもさることながら、武装スリなどの直接国民に害を及ぼす犯罪が多い事も見逃せない。これらの問題は『これから』問題になるかもしれないのではなく、『既に』大きな問題となって日本の安全を脅かしている。どうして問題の多い国の人間にビザの恒久免除などするのか!本来であれば、不法滞在者、犯罪者数を激減させてからだろうが。順番がアベコベだ。

 方針が決定したとはいえ、私は断固反対だ。撤回出来るのならして欲しい。しかしながら、政府はビザ恒久免除の方針を決定し、反対する政党も無い、となれば、後は不法滞在や犯罪への対策強化を求めていくしかないのかもしれない。法務省は入管難民法の改正案を今国会に提出するようですが、問題点はないのでしょうか。こちらをご覧下さい。(NIKKEI NETから以下引用)


入国審査で指紋採取、法務省が入管難民法改正案提出へ

 テロリストの入国を水際で阻止するテロ未然防止対策を新たに導入するため、法務省が20日召集の通常国会に提出する入管難民法改正案の概要が明らかになった。入国審査で外国人の指紋を採取、テロリストであることを理由に入国の拒否を可能にする。ただ日本弁護士連合会が指紋情報採取などに反対しており、今後議論を呼びそうだ。

 新たな対策は(1)入国審査の際に、特別永住者らを除く外国人の指紋情報と顔画像を取得する(2)テロリストの入国の拒否と強制退去を可能にする(3)外国を出発した航空機や船舶に搭乗した乗員・乗客の名簿を、日本到着前に提出することを義務付ける――の三項目が柱。 (07:01)


 この改正案によって入国する外国人の管理は強化されるでしょう。が、建前にせよ対象がテロリストになっており、特別永住者は除外されることになっている。この事は何を意味するのか。特別永住者のほとんどは朝鮮半島出身者であり、彼らの強い要求によって指紋押捺制度が無くなったという経緯がある。

 記事中でも弁護士会が指紋採取に抗議していますが、人権屋と韓国人が一緒になって『在日同胞は指紋採取されないのに、なぜ我々は指紋を取られるのか。差別だ!』なんて騒ぎ出したらどうするんでしょうか。また韓国人の恫喝に屈して例外を作る事になりやしないか、と心配になる。

 それに、テロリストの入国阻止という名目にもイチャモンをつけてくる事が予想される。『我々をテロリスト扱いするのか!』ってね。テロリストも当然、日本の安全の脅威だが、不法滞在者や犯罪者だって十分すぎるほど脅威だ。わざわざテロリストと限定しないでも、不法滞在、犯罪予防の為だと明記すれば良い。人権屋が喚こうが、日本の安全の方が大切だ。これくらいは頼むからやって欲しい。

 日経の記事で『弁護士会が反対しており、今後議論を呼びそうだ』となっていますが、指紋採取するしないという議論ではなく、指紋採取は当然の前提として国会では是非『どうやって入国管理、防犯を強化するか』という議論をしてほしい。『安全重視で対決姿勢』という方針を打ち出した民主党よ、政府与党が国民の安全をないがしろにしようとしているぞ。耐震強度偽装や米国産牛肉も大事な安全に関する問題だろうが、治安の悪化も同じく、いやもっと大きな問題のはずだ。大臣の首を取る事に夢中になってないで、頼むからこっちを取り上げてくれ。

 
関連エントリー1:韓国人ビザ恒久免除に断固反対する
関連エントリー2:韓国人ビザ免除に続いて中国も??


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

盧武鉉政権は世界に笑われる!?
 先日、与党議員との会食の席で『かつての政府のように経済分野でミスを犯してはいない』と嘯いて私を大笑いさせてくれた盧武鉉大統領。3年連続で潜在成長率を下回る低成長、輸出企業がぶっ倒れる寸前の急激なウォン高、かろうじて個人消費を押し上げてきた共働き世帯や少人数世帯への税控除廃止を含めた『2極化を解消するための増税』によって、冷や水をぶっ掛けるなどなど、どう見ても経済的に無能な盧武鉉政権。

 そんな盧武鉉政権に韓国の新聞が社説で噛み付いたようです。こちらをご覧下さい。(東亜日報から以下引用)

[社説]欧州も失敗した「国家モデル」に挑戦する盧政権

FEBRUARY 06, 2006 03:45

政府は福祉支出と統一及び教育分野の支援を増やすには、今後10年間で354兆ウォンが足りないとし、これに対応するための「中長期の租税改革案」試案を用意した。財政経済部は先月3日、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領に草案を報告した後、先月12日に内容を修正したと伝えられた。これによって、国民の税金負担は加速度的に増えるものとみられる。

政府は二極化の解消と「社会福祉型国家」に向かうインフラ構築のために同方案を用意したという。これと関連して大統領府は3日、ホームページに「経済協力開発機構(OECD)国家の社会支出と経済成長」という報告書を載せて、「福祉国家が経済成長に有利だ」と主張した。

しかし「社会福祉型国家」は社会民主主義が進んだ北欧でも退潮しているモデルだ。スウェーデン政府の公式ホームページには、「高い経済成長が終わり、福祉国家は深刻な圧力に直面している」と明らかにしている。寛大な福祉政策を打ち出してきたフランスも、失業年金の恩恵者に対する統制装置を用意して、中産層の所得税を減兔するなど新しいモデルを探している。市場経済と社会福祉の調和を追求してきた欧州が最近、過度な福祉を縮小して市場親和的な改革に出ているのは、深刻な低成長・高失業のためだ。

さらに大統領府が紹介したOECD関連の報告書は、古い統計(国家負債は1961~90年、労働生産性は1979~96年)を根拠にしている。1998年以後、労働生産性が大きく高まった米国や1990年以後に国家負債が2倍以上に増えた豪州などの最近の状況は反映されなかった。このような古い資料を引用して、「社会支出が経済成長を下げるという根拠はない」とし、福祉のために増税しなければならないというのは非論理的だ。

OECD関連の報告書でむしろ注目しなければならないところは、米カリフォルニア大学のピーター・リンダート教授の指摘だ。同教授は「労働者保護法や公企業の所有など、政府が直接市場を統制することは福祉国家に含まれない。政府の市場統制は経済成長に悪影響を及ぼす」と強調した。親労政策に公企業の「コード人事」まで濫発する盧政権が、「社会福祉型国家」に向かうために税金を上げるとは、世界に笑われるだろう


 うわー・・これって日本で言えば、社民党が単独で政権を担当しているみたいなものか。やたらと北欧などを持ち上げて『福祉国家にする』と現実を無視して奇麗事を並べ立て、肝心の経済運営は知らん振りという。社民党が消滅寸前でよかったですね。日本は・・くわばらくわばら。

 韓国はどこに行くんだろう・・もしかして北主導の赤化統一の前段階として経済を破綻させ、韓国を世界最貧国並の貧乏国に転落させた上で、南北の経済格差を無くしてしまおうというコペルニクス的発想の転換なのか(笑)。いや、そうに違いない。盧武鉉大統領ならやりかねん。

 まあ、韓国がどうなろうと知ったこっちゃないですが、社説を書いた東亜日報にはひとつだけ指摘せねばならない事がありますね。ナニナニ?『盧政権が、「社会福祉型国家」に向かうために税金を上げるとは、世界に笑われるだろう』って、えー!!・・驚いた。笑われるだろうっ・・て気付いてないの?

とっくに世界の笑いものになってるって事。


関連エントリー:盧武鉉大統領 『役立たずでゴメンね』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。