管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中国様大激怒 『やっぱり共同のマッチポンプ』
 昨夜のエントリーで紹介した日本統治下の台湾についての麻生外相の発言。記事にしたのは全国の新聞社に記事を配信する共同通信でした。共同の記事は中共にも配信されているのか、その辺は知りませんが、麻生発言の対象地域である台湾ではなく、なぜか中国様が先陣を切って噛み付いてきたようです。孔泉@ひょっとこ報道官の談話を見てみましょう。こちらをどうぞ。(Yahoo ニュースから以下引用)

麻生発言に「強烈な憤慨」 中国外務省が非難

【北京5日共同】中国外務省の孔泉報道局長は5日、麻生太郎外相が4日に福岡市内の講演で日本の植民地支配下で台湾の教育水準が向上したなどと述べたことについて「公然と侵略を美化する言論に驚くとともに強烈な憤慨を表明する」と非難した。

 孔局長は、日清戦争後に日本が台湾占領を強行し「台湾住民を奴隷のような目に遭わせ、中華民族に深刻な災難をもたらしたのは世界中が知っている事実」と強調。「加害国の外交当局最高責任者がこのような言論を発表することは、歴史を歪曲(わいきょく)し、中国人の感情を傷つけるものだ」と批判した。
共同通信) - 2月5日23時33分更新


 ものすげえ激怒っぷりですが、麻生外相発言のどの部分が公然と侵略を美化したものなのか読み取れない、いつも通り飛躍した非難となっています。『強烈な憤慨を表明する』って、たまには論理的に反論できんのかね。まあ、この反応こそ共同の望むところなんでしょうが。

 さて、共同のマッチポンプぶりを批判する前に、ひょっとこ報道官の発言はあまりにツッコミどころが多い。ちょっと面倒くさいですが、一応反論しておきましょう。まず『日清戦争後に日本が台湾占領を強行』ですか。おかしいな・・日清戦争に勝利した日本は清国から台湾を『割譲』されたんですがね。

 次に『台湾住民を奴隷のような目に遭わせ、中華民族に深刻な災難をもたらしたのは世界中が知っている事実』・・あのね、当時の台湾は『化外の地』すなわち『中華の外』と呼ばれており、当然、住んでいた人は中華の民ではありませんでしたが。で、自分達が『中国住民を奴隷のような目に遭わせ、チベット、ウイグルその他諸々の諸民族に深刻な災難をもたらし続けているのは世界周知の事実』であるからと言って、日本も同じ事をしていたと考えてはいけません。

 最後に『中国人の感情を傷つけるものだ』と、お得意の民衆傷つき芸を披露。中共の日本糾弾テンプレート『めっちゃ怒ってるよ』バージョンでお送りしました。ありがとうございました。

 では、肝心の麻生外相の発言内容を見てみましょう。昨夜のエントリーで引用した共同通信の記事をもう一度ご覧下さい。(共同通信から以下引用)

植民地時代に教育水準向上 麻生外相、台湾に触れ

 麻生太郎外相は4日午後、福岡市で講演し、日本が植民地支配下の台湾の義務教育に力を入れたと指摘した上で「台湾はものすごく教育水準が上がって識字率などが向上したおかげで今極めて教育水準が高い国であるがゆえに、今の時代に追いつけている」と述べた。

 日本と関係の深い地域として台湾に言及する中での発言。
 麻生氏は「これは台湾の偉い方から教えてもらった話で、年配者は全員知っていた。われわれの先輩はやっぱりちゃんとしたことをやっとるなと正直その時思った」と述べた。
 
 また、当時の日本の政策について「最初にやったのは義務教育。(台湾の家族が)子どもを学校に出したら1日の日当を払う大英断を下した」と強調した。


 はい。麻生氏は日本統治下の台湾で教育水準が上がり、識字率も向上したことを『台湾の偉い人から教えてもらった話』として紹介したに過ぎないわけです。もし私が台湾に行って現地の方から同様の話を聞けば、麻生氏と同じ感想を漏らすでしょう。『われわれの先輩はやっぱりちゃんとしたことをやっとるな』と。

 台湾統治にあたり、当初、抵抗する住民を武力で鎮圧したりしたことが悪いというなら、それは甘んじて受けますし、素直にすまなかったと謝ります。が、それとこれとは別の話だ。良いこと『も』したのは事実であり、悪い事をしたからといって良い事をしたという事実が消えるわけではない。

 こうやって考えてみれば、麻生氏の発言のどこがそんなに悪いのか理解できないし、麻生氏は同じような発言を過去何度もしているわけですが、中共は内容の如何に関わらず、とにかく激越な言葉で非難してくる、と。そして共同通信はそんな事を重々承知の上で記事を書いて、中共の反応をまた記事にする、と。マッチポンプで日中関係をギクシャクさせて、商売に利用してるのは共同通信なのです。

日中関係を悪くして楽しいですか?共同通信さんよ。


関連エントリー:共同通信 『おい、台湾も反発しろ』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

韓国 終わらない黄禹錫騒動
 ES細胞論文ねつ造が発覚し、今年1月に会見を開き自らの責任を認めて韓国民に謝罪した黄禹錫氏。会見に前後して検察の捜査も入り、ソウル大の調査発表と同じく『ES細胞はやはり存在しなかった』事が確認されました。(朝鮮日報)

 黄氏は会見で論文ねつ造に関して『最終的な責任は自分にある』としましたが、ねつ造に関わったのは自分ではない誰かである、と責任を転嫁したり、『卵子があれば6カ月程度で作れる』などと大言壮語してみせたり、と往生際の悪さを発揮。

 外から眺めている分には、黄氏の『誰かに嵌められた』という言い分は到底信じられませんが、一時は韓国の英雄とまで言われた黄氏は、未だ根強い人気を誇っているようです。こちらをご覧下さい。(朝鮮日報から以下引用)

黄教授の研究再開求め焼身自殺・・・ネット上に追悼文相次ぐ

 黄禹錫(ファン・ウソク)博士の幹細胞研究の再開を求め焼身自殺したチョン某(59)さんに対しネチズンが強い反応を示している。

 4日午前5時51分頃、ソウル鍾路区世宗路洞の李舜臣(イ・スンシン)将軍の銅像前でチョン某(59)さんが「黄禹錫博士の幹細胞研究再開のため」という内容が書かれたビラをまいた後、自分の体に引火性物質をかけ焼身自殺した。

 この事件が報道された後、「アイラブ黄禹錫カフェ(オンライン同好会)」は急きょ「サイバー焼香所」(写真)を設けると、多くのネチズンが相次いで故人を追悼する書き込みを残している

朝鮮日報


 ああ・・とうとう死者まで出してしまった・・先月も服毒自殺を図った人がいましたが、何も死ぬ事はなかろうに。本当に信じていたんでしょうね。故人にはお悔やみを申し上げます。

 命を捨ててまで黄氏を庇おうとする理由は、韓国人が持つ強すぎる自尊心を満足させたいという欲求もあるでしょうが、黄氏がいつまでも『技術はある、すぐ作れる』などと嘯き続けているからだ。

 『卵子があればすぐ作れる』という言い訳は冷静に考えれば噴飯モノの話。ねつ造発覚以前、卵子を大量にかき集めていたのにも関わらず、結局作れなかったという事実を見るだけで十分な筈。何千個も卵子があって作れなかったのに、どうしてすぐ作れるなどと言えるのか。

 『ES細胞は存在しなかった』という調査結果を発表し、黄氏を放り出したソウル大も訳のわからない事をしている。このニュースをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用)

黄教授チーム、患者対応型ES細胞の国際特許を出願
2006/02/04 14:07
【ソウル4日聯合】ソウル大産学学協力財団の金顕中(キム・ヒョンジュン)事務運営本部長は4日、黄禹錫(ファン・ウソク)教授チームが2005年の患者対応型胚性幹細胞(ES細胞)関連特許を、同財団を通じ特許強力条約(PCT)の形で3日に出願したことを明らかにした。国内では既に特許出願済みだったが、国際特許の出願締め切りは4日までとなっていた。

黄教授が2005年のサイエンス論文で作製成功を報告した患者対応型ES細胞は、存在しなかったことが確認されたが、学界では黄教授の特許がアイデアとして採用される可能性がまったくないわけではないとしている


 まあ、よくもこんな事が出来るもんだ。この期に及んでまだ利は捨てられないってか。ねつ造という『ミソ』がついたアイデアなんぞ誰が採用するんだ?呆れるよ。というか、こんな事をしたら、焼身自殺するまで黄氏を信じきってる支持者、いや信者が『やっぱり黄氏は正しい』なんて思い込みを強めるだけじゃないのか。おかしいよ、どいつもこいつも。

 検察が粛々と捜査を進めているとはいえ、全てが明らかになるまでにはかなりの時間がかかるでしょう。その間、また命を絶つ信者が出ない事を祈る。黄禹錫氏よ、嘘をついてるなら正直に話せ。


関連エントリー1:黄教授よ、それは謝罪とは言わない
関連エントリー2:韓国人の常識 『ゴネれば万事解決』

banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。