管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
社民党は市民団体になれ
 近年、党勢の衰退が著しい社民党。先の衆院選では議席を微増させるも、増えた議席は勝ちすぎた自民党からのおすそ分け。国会での影響力が無きに等しくなった今、社民党は党勢拡大に向けた戦略の転換を発表しました。まず、こちらのニュースをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

自衛隊「違憲」と転換 社民が宣言案

 社民党が11、12両日の党大会で採択する新たな綱領的文書「社会民主党宣言」の最終案が1日、判明した。自衛隊について、旧社会党時代の1994年に当時の村山富市首相(委員長)が打ち出した合憲・容認路線を放棄し「現状、明らかに憲法9条に違反する」と明記。自衛隊を国境警備、災害救助、国際協力などの任務別組織に改編することで「解消」し「非武装の日本を目指す」ことも盛り込んだ。最終案は2日午前の党常任幹事会で了承される。

 民主党の前原誠司代表が集団的自衛権の行使容認論を唱えるなど安保政策での「現実主義」を掲げる中で、あえて「違憲」と踏み込むことで平和重視の姿勢をアピール、来年の参院選での党勢拡大につなげる狙いがあるとみられる。
(共同通信) - 2月2日2時2分更新


 あららら・・『一応』自衛隊は容認するという立場から一転して容認しないと来たか。自衛力を否定=平和なんてバ○なこと言ってるから党勢が衰退したのに・・先祖がえりしちゃったわけですね。まあ、これが本音でしょうから、今までのように嘘ついてるよりはマシか。ただ、本音を出したからといって党勢拡大に繋がるか、といえばまた別問題。いわゆる無党派からの支持は得られないでしょう。あ、カルト的な常連さんの結束は固まるでしょうが(笑)。

 一つだけ注文をつけさせて頂くと、『自衛隊は違憲かつ非武装中立を目指す』という路線に回帰=自衛隊の存在自体を認めないという事ですから、様々な理由をつけて自衛隊の活動に文句を言ってはダメ。存在を認めないのですから、存在しないものの運用にイチャモンをつけるのはおかしい。常に『自衛隊解体』を叫び続けてください。それが筋ってモノです。キ印扱いされる事は間違いないでしょうが、もともとそうなんだから本望だろう。

 社民党がなぜ原点回帰したのか。それはやはり憲法改正への機運が高まってきたからでしょう。自衛の戦力を持っているのに、持ってないことになっている現行憲法の矛盾を解消する、というのが改正の主眼点ですが、原点回帰する前の社民党の『自衛隊を一応容認する』という立場では、いかにも反論し難い。容認するという事は、現行憲法の矛盾を無視出来ないし、容認したまま改正に反対するにしても、後付けの屁理屈をこね回している、と有権者に見られてしまう。

 中途半端な立場で本音を隠しつつ、改正に反対するよりは、本音をさらけ出して玉砕しようということなのか、それとも本気で党勢拡大に繋がると思っているのか、その辺はわかりませんが、国民投票で決断を下さねばならない国民にとっては、わかり易い争点を提供してくれるという意味で良い動きだと言えます。

 今時、社民党の『非武装中立』が支持される事はあり得ませんし、来る憲法改正の動きの中で社民党は消滅してしまうでしょう。が、自らの主張を貫き通して滅びるのであれば美しい末路ではないか。国会の議席に拘らずとも(プロ)市民団体という道がある。変節するなよ?頑張れ社民党!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。 
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

麻生外相 『まだまだ釣れるぜ』
 先日の麻生外相による『靖国には天皇陛下が参拝なさるのが一番』という発言がまだまだ反響を呼んでいるようです。靖国の『や』の字が出るだけで脊髄反射してしまう特定アジア三カ国の中で中国、韓国は既に反応済みで残るは北朝鮮。ようやく反応を見せたようです。こちらをご覧下さい(ABC Newsから以下引用※リンク切れの可能性あり)

天皇陛下の靖国参拝が一番…"麻生発言に北朝鮮怒る
(2/1 11:34)

 麻生外務大臣が天皇の靖国神社参拝を求めた発言について、北朝鮮は「国際社会への挑戦だ」と厳しく非難しました。

 朝鮮中央放送:「総理の靖国参拝の正当化だけでなく、天皇の参拝まで主張した妄言は、靖国参拝を中止すべきだという国際社会の要求に公然と挑戦するものだ

 朝鮮中央放送は1日朝の定時ニュースでこのように報じ、「国内と海外で強い抗議と糾弾を呼び起こしている」と批判しました。麻生大臣は先月28日、靖国神社参拝問題に絡み、「天皇陛下の参拝が一番」と発言して、中国や韓国からも反発を招いていました。


 わはははは・・国際社会ですか。大きく出ましたね。せめて『アジア』くらいにしておいたらどうでしょうか。本当はこの記事の最後にあるように、反発してるのは『中韓だけ』ですけど。で?『国内と海外で強い抗議と糾弾を呼び起こしている』って抗議してるのは国内から社民、共産などの『アレ』な勢力、海外からは中韓朝の『特定アジア』だけですし、糾弾の声なんざ蚊の泣き声程度にしか聞こえませんがね。まあ、一言だけ言わせていただくと、北朝鮮が国際社会云々言うな、と。

 さて、お次は韓国の中央日報から。麻生発言に関する社説を書いているようなので、見てみましょう。(中央日報から以下引用)

【社説】日本外相の浅薄な歴史意識

「天皇の靖国神社参拝がいちばん望ましい」 日本外相の麻生太郎氏の言葉だ。

話にならないことはない。

日本を象徴的に代表し、なおかつ戦争責任から自由ではない天皇が直接すればよいという話であるだろう。

しかしいくら総裁選挙を目前にした政略的発言でも言うべきこととそうでない言葉がある。多くの日本の神社をめぐり韓国も中国も物申したことはない。ただ靖国神社に対してのみ言うのだ。

なぜか?

靖国は日本帝国主義の侵略歴史を美化する代表的な宗教機関だからだ。

一度聞いてみよう。

これまでの天皇が靖国神社を参拝したのか。われわれが知っているのは天皇は太平洋戦争A級戦犯の位牌が靖国に移された1978年以後、参拝を中断している。

なぜか?

その合祀の意味が侵略戦争の美化に触れたためだ。それなのに麻生外相は「タバコを吸うなと言えばもっと吸いたくなるのと同じ」と首相の靖国参拝を擁護した。それとともに天皇の参拝を促した。一言で政略的戦線の拡大であり、政治的出世のためならどんな手段もいとわないという切迫さが感じられる

一国の、それも国連の安保理常任理事国を狙うという国の外相がアジアの多くの人々に忘れられない傷をつけた侵略歴史問題を喫煙心理にたとえるとは。所信をうんぬん述べては靖国参拝を続ける小泉首相さえも、今回はあわてて「個人的意見」だと言いながら鎮火に乗り出したほどだ。

麻生外相が「隣近国家とは良い関係を結びにくいというのが私の基本認識」と言ったことは知っている。総務相時代「創氏改名は朝鮮人が願ったこと」と言ったことも覚えている。

それでは彼を任命した小泉首相は何か。その首相に外相か。こんな批判も内政干渉だろうか。それとも酷い、過去に対しての絶え間ない自主合理化だというのか。

もう一言だけ言おう。

ワイツゼッカードイツ元大統領の1985年演説。

記憶するということは過去を歪曲せずに振り返り、自分の内的な生の一部になるようにすることだ。これには真の誠実さが要求される


2006.02.01 13:33:43


 これまた凄い電波ですね。『話にならないことはない』と前置きした上で、日本の天皇陛下が象徴的な存在であると共に『戦争責任から自由ではない』って何?象徴は理解できるけれども、天皇陛下が戦争責任から自由ではない??全く意味がわからないし、話にならない。一体、今上陛下にどんな責任があるのですか?

 次に『多くの日本の神社をめぐり韓国も中国も物申したことはない。ただ靖国神社に対してのみ言うのだ』って、本当にそうか?昨日のニュースでこんなんありましたけど。(朝鮮日報から以下一部引用)

イ・スンヨプ、巨人宮崎キャンプ恒例の青島神社参拝不参加

1月31日、巨人の春季キャンプのため宮崎入りしたイ・スンヨプは、1日9時に行われた巨人選手団の青島神社参拝に参加しなかった。
<中略>

1日、イ・スンヨプの青島神社参拝不参加を伝えた韓国の聯合ニュースは、「当然の選択」「韓国の『国民的な打者』として日本の軍国主義の象徴である神社に訪問することはありえないことだ」と報じた
<後略>
朝鮮日報


 あれ?靖国神社ではなくて青島神社も『軍国主義の象徴である神社』って言ってますね。青島神社のどこが軍国主義なの?ひょっとして日本にある『神社』すべてが軍国主義の象徴なんて言い出すつもりなんじゃないでしょうね。

 まさか、と思う方もいるかもしれませんが、現在、韓国は靖国神社を使った日本糾弾方法を転換させようとしています。これまではいわゆる『A級戦犯合祀』のみを問題視してきた韓国ですが、そもそも先の大戦で日本と戦っておらず関係ないため、論拠薄弱で『お前が言うな』の一言で終わってしまいます。

 そこで考えたのでしょうか。韓国のオーマイニュースというマスコミがこれからの日本糾弾を提言しています。かなりの長文なので、一部抜粋したいと思います。(オーマイニュースから以下一部引用※韓国語)

自衛隊より1億3千万の靖国参拝者のほうが恐ろしい

第一に、日本が靖国問題の主導権を取るのを許してはならない。<中略>日本が首相の参拝を決める前に、そして日本が国王の参拝を主張する前に、韓国が先に争点を提起して国際的広報戦を展開することで、問題を積極的に主導する姿を見せねばならない。そうすることで初めて、日本のペースに巻き込まれぬようになるのだ。

第二に、靖国批判の焦点をA級戦犯14人だけに局限させてはいけない。<中略>靖国神社はA級戦犯14人のせいで危ない所なのではなく、246万名余りの戦犯らのせいで危ない所なのだと言えよう。

そして、A級戦犯に焦点を合わせていては、日本がA級戦犯を靖国神社から他所に移したら、日本の首相の参拝をそれ以上阻止できなくなる。<中略>このため韓国政府は、A級戦犯に関係なく、靖国神社自体と参拝自体を批判しつづけねばならない。

全文はこちら→2ch


 靖国の英霊すべてが戦犯と来ました。要するに、韓国併合前夜あたりまで遡って糾弾しようという事でしょうが、戦犯の意味わかってるんでしょうか?・・とまあ、かなりの電波ですが、これはマスコミの提言であって韓国政府の立場ではありません。しかしながら、韓国政府が『日本糾弾の材料が無くなってしまう』という危機感を抱いているのも事実であり、かの国のことですから、この提言に近い方針で向かってくるかもしれません。というか、これが元々の彼らの本音だというのは内緒です(笑)。

 話を戻します。上の電波提言でもわかるように、韓国は靖国自体を憎んでいますので、『靖国は日本帝国主義の侵略歴史を美化する代表的な宗教機関だからだ』なんて言っちゃうわけですね。この前提から日本と韓国の認識は大きく違うわけですから、意見が合う訳も無い。

 お次は天皇陛下の参拝が戦犯とされた人々の合祀以降、中断されているという話。これまた間違ってるわけですが、このデマを広めたのは朝日新聞。陛下の参拝中断といわゆる『A級戦犯』は何の関係もありません。どんな意図があるのかは想像に過ぎませんが、おそらく『陛下も問題視する合祀』なんていう構図を作りたかったのでしょう。この間違いは中国の新華社も犯しています。(ソース:中国情報局)朝日ってホントにク○ですね。(詳しくは関連エントリーを参照)

 細かな点を一々ツッコむとキリがありません(位牌とか)ので、最後に中央日報社説の結びで引用されている、なぜか韓国人が大好きなドイツのワイツゼッカー氏の談話を見てみましょう。

記憶するということは過去を歪曲せずに振り返り、自分の内的な生の一部になるようにすることだ。これには真の誠実さが要求される



この言葉をそのまま韓国人にお返しする。


関連エントリー:日中韓の対立を煽ってるのは朝日新聞


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。