管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日中韓の対立を煽ってるのは朝日新聞
 先日の麻生発言を受けて、海外から中国と韓国、日本からは社民党の福島党首が反応を見せました。どの反応をみても感情的で麻生外相の『靖国には天皇陛下が参拝なさるのが一番』という発言内容のどこがどう悪いのか、具体的な反論は見られなかった。

 とにかく反発すればいい、と考えているフシがあるこれら反日勢力に靖国神社、参拝する政治家などを糾弾する『燃料』を供給し続けてきたのは朝日新聞。今日の社説で麻生発言に触れているようですので、見てみましょう。(asahi.comから以下引用)

麻生発言 天皇を持ち出す危うさ

 外務大臣は日本外交の責任者である。だが、靖国神社をめぐる麻生外相の最近の発言は、その責任と重みをわきまえているのか、疑問を抱かせる。

 先週末、公明党参院議員の後援者らの会合で、小泉首相の靖国神社参拝について聞かれ、こう答えた。

 「英霊からすると天皇陛下のために万歳と言ったのであって、総理大臣万歳と言った人はゼロだ。だったら天皇の参拝なんだと思うね、それが一番」

 「(天皇の参拝が)何でできなくなったかと言えば、公人、私人の、あの話からだ。どうすれば解決するかという話にすれば、答えはいくつか出てくる」

 なにが言いたいのかよく分からないが、天皇の靖国神社参拝こそが重要であるというメッセージは伝わってくる。

 この発言は直ちに世界へ報じられた。

 「麻生外相が戦争神社への天皇参拝を求めた」(英BBC放送)。「日本外相が、天皇は靖国神社を参拝すべきだと主張した」(中国国営新華社通信)……。

 麻生氏にはそこまで言ったつもりはないのかもしれない。だが、外相が天皇の参拝の問題まで持ち出した事実は重い。

 いま、天皇による参拝の可能性が国内でも国際的にも注目を集めているわけではない。深刻な外交問題になっているのは首相の参拝であり、その収拾策こそが外相に求められている

 首相の参拝中止を求めている中国について「たばこを吸うなと言われたら吸いたくなるのと同じ」と批判したのもいかがなものか。煙で迷惑をかけていたら、吸わないのが礼儀だろう。

 問題をさらに広げるかのような発言は不見識のそしりを免れない。どこか言葉のうえで、もてあそんでいるような風情すら感じさせる。

 事実関係からみても、麻生氏の発言には理解できない部分がある。

 昭和天皇は戦後8回靖国神社に参拝したが、75年11月を最後に参拝をやめた。戦争の指導者だったA級戦犯が78年に合祀(ごうし)された後は一度も参拝していない。

 天皇が参拝しない理由はなにか。麻生氏が「公人、私人の話」と述べたのは、75年8月に参拝した三木首相が「私的参拝」と位置づけたことを指すようだ。

 参拝支持派の一部はこのため「公的、私的の区別がない天皇は参拝できなくなった」と主張している。A級戦犯の合祀が障害なのではないと言いたいのだ。

 だが、この主張は筋が通らない。三木氏の参拝の3カ月後に天皇が最後の参拝をしたことの説明がつかないからだ。外相はどんな根拠があって天皇の真意について発言したのか、説明を求めたい。

 秋の自民党総裁選に意欲を示す麻生氏は、小泉路線の継承者という立場を打ち出そうとしているようだ。靖国神社をめぐる発言には、党内の右派の支持を集める思惑もあるのかもしれない。

 だが、外交の責任者という立場を忘れてもらっては困る。麻生氏は改めて自らの真意について丁寧に語るべきだ。


 これは酷い社説だ・・もの凄い電波です。まず、麻生氏の発言を引用した上で『なにが言いたいのかよくわからない』とそらとぼけ、『天皇の参拝こそが重要』という発言だけを切り取って曲解。続いて海外の反日マスコミが反発しました、と紹介して読者に『何だか悪い事いったのか?』というイメージをすり込む。

 さあこれで前フリはOKとばかりに天皇陛下の靖国参拝は重要ではなく、首相の参拝で大きくなっている問題を収集しろ、と来た。が、これはあべこべだ。首相、すなわち時の権力者が参拝することによって『政治問題化』しているのが現状とするならば、君臨すれども統治せず、政治権力とは切り離された『国民統合の象徴』である天皇陛下が靖国に参拝するということは、問題を収拾させる解決策として、また靖国の英霊を国家元首が慰霊するという本来のあり方に立ち戻る意味でも、有力かつ最も丸く収まる方法だ。

 にも関わらず、中国が参拝中止を求めているのだからやめろと言い、『問題をさらに広げるかのような発言は不見識のそしりを免れない』と、靖国参拝を大問題にした張本人である朝日新聞が批判する。不見識はどっちだ!日中の仲たがいを心配し、よい関係にしたいと願っているなら、『陛下が参拝する替わりに政治指導者の参拝を一時中断すればどうか』くらい言えんのか!
 陛下が参拝しなくなった理由についても、『公人・私人』騒動が原因ではなく、いわゆるA級戦犯が原因だとしたいようだが、百歩譲って『公人・私人』騒動が無関係だとしても、いわゆるA級戦犯が合祀されたのは1978年であり、もっと言えば、問題視されるようになったのは1985年にあなた方朝日新聞がキャンペーンを張ったことに由来する。

 1975年の『公人・私人』騒動から3ヶ月後に陛下が参拝したことをもって『この主張は筋が通らない』と言うなら、10年後に問題が顕在化した合祀を理由とすることは『もっと筋が通らない』。朝日新聞は陛下が参拝されない理由をどうしても『A級戦犯の合祀』にしたいだけだろうが。(本当は1975年に三木元総理が『私的参拝』を明言→陛下の参拝予定前日の国会で陛下の参拝は『私的か公的』で紛糾→翌日の参拝は予定通り行われたものの、その後の参拝は中断。※ソースは後段の参考リンク)

 中国や韓国でいう『A級戦犯』のイメージとは、戦争犯罪人、極悪人の類であり、朝日はことさら『A級戦犯』を強調する事によって『極悪人を慰霊する奴は悪い奴だ』という構図を作り出し、中韓に日本糾弾の材料を提供し続け、国内に向けては中韓の悪質な反日政策の拡声器の役割りを果たしている。

 私はこう想像する事があります。朝日などの扇動的なマスコミが無かったとしたら、今の日中韓の関係はどうなっていただろう、と。そして、少なくとも今のようにギクシャクする事はなかったんじゃないか、と。マッチポンプで小さな問題を大きくし、時には問題を『創作』してまで対立を煽っている。一々ご注進に及ばなければ、中韓だって逐一反応することもないでしょう。もし朝日なかりせば・・と思うのは私だけでしょうか。

 
参考リンク:岡崎久彦氏 『天皇御親拝中断の真の理由


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

韓国 『反応せずにはいられない』
 昨夜のエントリーで、麻生外相の『靖国には天皇陛下が参拝なさるのが一番』という発言にすぐさま食いついてきた中国様の反応と、その忠実な子分である社民党の福島党首の反応を紹介しました。日本の反日人士、親分の中国様の批判が出たところで、何かもの足りないなあ・・と思ってましたら、忘れてました。韓国の反応がまだでした。少し出遅れ気味ですが、とりあえず食いついてきたようです。こちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用)

天皇の靖国参拝提案、政府「受け入れられない」
2006/01/30 14:28
【ソウル30日聯合】日本の麻生太郎外相が天皇の靖国神社参拝を提案したことと関連し、政府は「受け入れられない話」とする立場を示した。政府当局者は30日、「問題の本質は靖国神社にA級戦犯が合祀(ごうし)されている点であり、日本の首脳である小泉純一郎首相や、日本の象徴である天皇が参拝することは認められない」と述べた。

ただ、政府は日本の問題発言についていちいち対応しないという方針から、別途の論評は出さない考え。これは不必要に対応した場合には靖国参拝を擁護する右翼勢力を勢いづかせることになるためとの判断とみられる。

麻生外相は28日、名古屋で講演した際に「英霊からしてみれば天皇陛下のために万歳と言ったもので、総理大臣万歳と言った人はいない」とし、天皇が靖国神社を参拝するのが一番だと発言していた。


 『いちいち反応しない』とか言いながら、きっちり反応してるじゃないですか。『受け入れられない』って。頭大丈夫なんでしょうか。『別途の論評は出さない』とは、反対する理由を考えている最中、あるいは中国様の出方を窺っている為、『出せない』んじゃ無いんですか?

 お次は『不必要な対応をした場合には右翼勢力を勢いづかせることになる』ですって(笑)。不必要もなにも、韓国が靖国を云々する自体がおかしいわけですから、右翼勢力とやらを勢いづかせたくなければ、靖国に関する発言自体をおやめになったら如何?

 しかも、いわゆるA級戦犯が問題の本質なんて、いよいよもって韓国は関係ない。忘れたんでしょうか?朝鮮半島は1945年までは日本だった事を。韓国は連合国の一員でもなければ、韓国という国もありませんでしたよー。いい加減、連合国の一員づらして戦犯を云々するのはやめろ。それは妄想ですから。

 と、『いちいち反応しない』と言う割には見事に反応しちゃってる韓国政府の発表にツッコミを入れつつ、これから少しは冷静になるのかな?なんて思ってましたら、続報が入ってきました。こちらをご覧下さい(asahi.comから以下引用)

韓国・外交通商省も「天皇参拝発言の撤回を」

2006年01月30日20時30分

 韓国外交通商省の報道官は30日、麻生外相が靖国神社参拝問題に関して28日、「天皇陛下の参拝が一番だ」と発言したことについて「日本の外交責任者が隣国との関係を度外視した間違った発言だ」と論評し、発言を撤回するよう強く求めた

 「外相発言は、侵略戦争の歴史を正当化し、美化しようとするもので、非常に遺憾」としたうえで「正しい歴史認識のもとで国際的な平和と協力のために努力するよう促す」と述べている。

 昨年、対日関係が悪化して以来、韓国政府は「日本側の発言にいちいち反応しない」と自重してきたが、先の大戦時の最高責任者だった天皇を日本の閣僚が靖国神社と結びつけたことに対し、「越えてはならない一線を越えた」(政府当局者)として、論評に踏み切ったという


 おいおーい(笑)『いちいち反応しないという方針から、別途の論評は出さない考え』じゃなかったんですか?まだ1日も経ってないけど・・。もうちょっと我慢できんのかね。んでまた随分とファビョっちゃってますね。『侵略戦争を正当化し美化するもの』とか『正しい歴史認識云々』とか、別途の論評の割には、いつも通りのテンプレートの援用。

 だーかーらー、韓国とは戦争してませんって。やってもない韓国との戦争をどうやって正当化して美化するの?是非とも教えて欲しい。それに、正しい歴史認識云々=韓国の妄想歴史認識なんか受け入れられませんって。マジで。

 で?『越えてはならない一線を越えた』って、韓国の事ですか?本当に韓国の妄想史観で天皇陛下の靖国参拝を断罪しようと言うなら、それこそ『越えてはならない一線』を越えることになりますよ。これは虎の尾を踏むどころか、地獄を見ることになる。それでもやると言うなら、覚悟するがいい。今度こそ韓国は終わりだ。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。