管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
麻生外相 『釣れた釣れた』
 今月28日に名古屋市内で公明党議員の会合に出席し、靖国参拝や対中韓外交について講演した麻生外相。注目は何と言っても『靖国には天皇陛下が参拝なさるのが一番』という発言。誰もが(反日人士を除く)その通りと思いつつ、言いたくてもなかなか口に出来なかった正論を、しかも靖国神社を敵視する公明党の関係者の前で言い放ち、政府首脳による参拝に反対する人々はもちろん、参拝に賛成する人々をも驚かせました。

 この発言を記事にした新聞社の一つである共同通信は『首相参拝で悪化している中韓両国との関係がさらに冷え込むのは必至だ(Yahoo 共同)』と、中韓の反発を希望する願望丸出しの記事を書き、早速『ほい来た!』とばかりに反応しちゃった国があります。もちろん中国様です。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

麻生外相発言を強く批判 新華社

 【北京29日共同】中国の国営通信、新華社は29日、天皇の靖国神社参拝実現が望ましいとした28日の麻生太郎外相の発言を「こともあろうに天皇参拝を吹聴」との見出しで伝え、強く批判した。
 新華社電は、靖国参拝は日本の指導者が正確に歴史に直面していないことを反映した「厳粛な政治問題」だと指摘し、麻生外相は「中国が反対すればするほど首相は参拝をやめられなくなるといった詭弁(きべん)を使っている」と非難。
 その上で、麻生外相の談話は天皇の参拝を求める右翼勢力の立場を代表するものだと批判した。
(共同通信) - 1月29日23時7分更新


 見事なマッチポンプです。共同が『中韓の反発必至』と煽る→新華社が望み通り麻生氏を批判→共同が新華社電を元に記事を書く・・という。やっぱり共同や朝日の『~の反発必至』というのは号令なんですね。反発どうぞー!ってか。悪質だなあ。日中間に『友好』という言葉が存在すると仮定するならば、友好の敵ってのは、これらマッチポンプのマスコミだよ。ホント。

 それはさておき、記事の内容に目を向けてみましょう。まず、『こともあろうに天皇の参拝を吹聴し』って、何がこともあろうになんでしょうか。具体的に何がどう悪いのか、全く言及がありませんね。で?厳粛な政治問題であり、麻生氏の『中韓が反対すればするほど首相は参拝をやめられなくなる』を詭弁だ、と。これが詭弁ですか?

 靖国参拝は純然たる内政問題。外国から言われて内政問題で折れるわけにはいかない、ってのが日本政府の立場です。というか、どんな小国でも『心の問題』に踏み込まれたら反発するでしょうよ。露骨に内政干渉する中国が喚くのをやめれば、問題は無くなります。

 記事の結びで『右翼勢力の立場を代表するものだと批判』には大笑いさせて頂きました。中国がレッテルを貼って攻撃しようとする政治家=中国にとって強敵であり媚中派ではない、という事ですから、麻生氏にとっては勲章でしょう。私も中国に右翼呼ばわりされるような人間になりたいものです。

 次に釣り上げられたのは国内から社民党の福島党首。こちらをご覧下さい(NHKニュースから以下引用※リンク切れの可能性あり)

社民党首 外相靖国発言追及へ

麻生外務大臣は28日、名古屋市で行った講演で、小泉総理大臣の靖国神社参拝問題に関連して、「靖国神社に祀(まつ)られている英霊は、天皇陛下のために万歳といったのであって、総理大臣万歳といったのはゼロだ。天皇陛下が参拝されるのが一番だ」などと述べました。これについて、社民党の福島党首は、「小泉総理大臣の靖国神社参拝が引き起こしている問題をまったく理解していない、きわめて問題のある発言だ。外務大臣が、中国や韓国との関係改善に向けた外交努力をするのではなく、外交面できわめてまずいこのような発言をすることに非常に驚いている」と述べ、この発言を国会で追及していく考えを示しました


 はい。こちらも『問題だ』『まずい』と言うのみで、一体、麻生氏の発言のどこがどう悪いのかについての言及は無し。『中韓が反発しますよー』くらいしか伝わってきません。国会で追及するつもりのようですが、間違いなく麻生氏に返り討ちに遭いますよ?こんな感じで。

福島:先日の外相発言は中韓の反発を招き、問題だ。

麻生:福島先生にお尋ねします。一体、私の発言のどこがどのように問題なのですか?

福島:外相発言は中韓への配慮を欠いたものであり、関係改善をしなければ云々-

麻生:ですから、私の発言『天皇陛下が参拝なさるのが一番』のどの辺が問題なのですか?

福島:・・・だから中韓の・・

麻生:中韓?福島先生は日本の国会議員でいらっしゃる。

福島:・・・

麻生:皮肉ってわかってるか?


 って感じで。これは麻生氏と朝日新聞の記者とのやり取りをもじったものですが、こういう展開になることを激しく希望します。どの道『中韓の~』しか言わないでしょうから、一度キャーンと言わせてやってください。国会での論戦(?)が楽しみです。期待してますよー、福島センセ(笑)。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

中国 『脅威論が怖くて仕方ない』
 先日のエントリーで、在上海日本領事館の職員自殺を受け、日本政府が諜報活動への対応強化に乗り出したというニュースを紹介しました。中国のスパイ活動に嵌められそうになった職員が命を絶つという悲惨な出来事が繰り返されないよう再発防止策を講じると共に、杜撰にすぎた情報の管理体制の見直しは当然の措置だと言えます。

 中国政府はこの動きに対して敏感に反応し、中国外交部系列の専門誌に批判する記事を書かせました。その内容を抜粋すると・・

日本政府が「中国情報脅威論」を強調し、国内世論に危機意識を持たせ、情報機関強化の「口実」にする意図があったと批判した。(共同通信)


 『中国情報脅威論を強調し』って、こんな言葉は初めて聞いた訳ですが、どなたか日本政府がこの言葉を強調しているところを見聞きした人はいますか(笑)?それに、中国当局が諜報活動をしていないなら『口実にする意図があった』という批判も説得力を持ちますが、膨大な人口を背景に人的なスパイ活動をしまくってる中国が言っても全然説得力がありません。逆に『情報収集し難くなるから対策するな』という風にしか聞こえない。

 それにしても、最近の中国は『脅威』という言葉にやたら敏感に反応し、『脅威って言うな!』を連発しているように思います。最近問題になっているヤマハ発動機の無人ヘリ不正輸出問題に関しても、早速何か喚いてます。こちらをどうぞ。(中国情報局から以下引用)

ヤマハ事件:「中国脅威論を誇張」中国紙が反発
2006/01/26(木) 22:28:00更新
ヤマハ発動機の無人ヘリコプター輸出事件に関連して、24日付の環球時報は、「捜査は大げさであり、中国脅威論を誇張している」などとする記事を掲載した。この記事は、26日付の共産党機関紙・人民日報もウェブサイトに転載した。

環球時報は、事件の内容を詳細に報道。そして、無人ヘリコプターの輸出先である「北京必威易科技有限公司」に対して取材を行い、同社の関係者が「当社はまったくの民間企業で、株主や従業員を含めて、人民解放軍とは関係がない」などと語ったことを掲載。

また、軍関係者の話として、「自動車やカメラも、軍事用に転用できるはず。自由な売買ができなくなったら笑止千万」とのコメントも紹介した。

さらに、「なんでも輸出制限するとは、日本は神経質」「輸出制限の本当の目的は、中国や北朝鮮(朝鮮民主主義人民共和国)が目障りだからだ」と貿易関係者が話していることを伝えた。

その上で、「当局はヤマハ発動機を大々的に捜査しているが、中国脅威論をわざと誇張しているように思える」と記事を結んだ。(編集担当:菅原大輔・如月隼人)※北京必威易科技有限公司=BVE社


 わはははは・・ツッコミどころ満載の記事をありがとうございます。またしても『脅威論』に結びつけて批判していますが、『やっぱり疑惑は本当なんだな』くらいにしか感じません。ヘリの売却先であるBVE社が『当社はまったくの民間会社で軍に関係がない』、と言っていますが、同社の作成した無人ヘリの紹介ビデオには『軍事転用可能』という説明があったり、無人ヘリが迷彩色の戦闘機の前を飛ぶ映像があったり、と軍に売ろうとしていたことは明らかですし、この会社とは別に人民解放軍関連の会社にも無人ヘリを売っていた事が明らかになってます。(詳細は関連エントリーを参照)
 
 で、『自動車やカメラだって軍事転用出来るんだから、ヘリごときにグチャグチャ言うな!』との仰せですが、一緒にしちゃいけない。『自律飛行』を可能にする『最先端』のシステムを輸出したかどうかが問題なの。まあ、日本の自動車やカメラを軍事転用してるってんなら『なんでも輸出制限』してあげましょうか?神経質に。

 続いて『輸出制限の本当の目的は中国や北朝鮮が目障りだからだ』って・・何で北朝鮮が出てくるんでしょうか。北にもヘリを流していたのか?と勘繰ってしまいます。まあ、輸出制限とは無関係だけど、中国と北朝鮮が目障りだという事には同意ですが。

 このように、中国の反応は何ひとつロクな反論になっておらず、ただただ喚き散らして『脅威論』に結びつけるという事は、やましい事をしていた、と白状しているも同然。ヤマハに降りかかっている疑惑がさらに深まることになりました。捜査への協力を感謝する!ありがとう中国様。


関連エントリー:続報 中国に先端技術を垂れ流す日本
おまけ     :米国ハト派の『脅威論』に中国様が反論


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。