管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 37 『万年野党』
 報道番組、ワイドショーなどでウンザリするほど垂れ流され続けるライブドア問題。ライブドア、堀江氏などの経営手法に関する批判が高まりを見せる中、どうにも腑に落ちないのが現政権、または自民党と堀江氏との関係をクローズアップし、ライブドア問題=自民党の責任という構図を無理に作ろうとしているマスコミの報道姿勢。

 ライブドアの経営陣が偽計取引や風説の流布などの容疑で逮捕され、前後して株式市場が混乱した事や、投資していた投資家などへの影響は甚大であり、確かに大きな問題だと思う。その意味でマスコミが大きく取り上げる事に何も言うつもりはない。

 が、ライブドア、堀江氏は問題発覚以前、様々な言動が常にマスコミに取り上げられ、新しい時代の寵児としてもてはやされてきた。誰にか。マスコミにだ。もちろん、堀江氏側のマスコミ対策が功を奏したと言えるかもしれないが、それにズッポリ嵌った、あるいは嵌ったフリをして氏の言動を逐一報道してきたのはマスコミ。

 『ブ○もおだてりゃ木に登る』のごとく、クルクル回りながらCMに登場するところまで有頂天になっていた堀江氏を強制捜査以後、手のひらを完全に反して大批判。梯子を外す時期を今か今かと待ち受けていたんでしょうが、転じて批判の矛先が現政権や自民党に妙な形で向いていくのは看過できない。

 未だに世論対策=マスコミ対策と勘違いしている万年野党の民主党は、マスコミが大きく取り上げていることに反応し、『政権交代可能な政党』になるという決意はどこへやら、『ライブドア問題調査追及チーム』なるものを結成し、ライブドア問題=自民党の責任というマスコミの論調そのままの構図に悪乗りして政府、自民党の攻撃に出る方針を打ち出した。

 前原代表は、先の衆院選で自民が圧勝した要因は堀江氏を取り込んだ事とし、『自民の議席そのものが粉飾決算』と批判。参院の代表質問で同党の江田議員も自民が堀江氏の応援をしたことに『自民党圧勝は、こういう人物により偽装され粉飾されたものだ』と、マスコミ受けし易いキーワードをちりばめて政府を攻撃。マンマと乗ってきやがったとほくそ笑むマスコミは『国会に激震、大混乱』とさらに煽っている。

 おだてあげて有頂天にし、梯子を外して叩き落す。そしてなぜか自民攻撃、というマスコミのいつもの手に辟易すると共に、悪乗りにして攻撃する民主党には怒りを禁じえない。『端から堀江氏に批判的であった』かのごとく、聖人君子をきどっている民主党は果たして堀江氏と無関係だったのか。

 詳しくはIrregular Expression様のエントリーに大量のニュースソース付きで紹介されてますので、そちらをご覧になって頂く事とし、ここでは割愛しますが、逮捕以前、堀江氏の言動が問題になった『ニッポン放送買収騒動』の際、民主は岡田前代表、次の内閣金融担当の議員がライブドアを擁護している。

 さらに、民主党は自民が堀江氏を選挙で応援したことを問題視していますが、岡田前代表は堀江氏に接触して民主からの立候補を打診している。堀江氏が郵政民営化法案に賛成の立場だから要請を取りやめた、と言い訳をしていますが、堀江氏は民主からの立候補を断ったという情報もある。自民と民主の違いは、堀江氏がどちらの陣営についたか、ということ『だけ』であり、堀江氏を肯定的に評価し、選挙に出てもらおうとしたことに全く違いはない。

 それなのに自分のことは棚に上げ、ことさら自民と堀江氏を結びつけて追及するなんて、今までの万年野党の姿そのままで無責任だ。堀江氏と政界の繋がりが悪いというのなら、民主だってその責めを受けてしかるべき。というよりも、対案路線で責任ある政党に生まれ変わるという意気込みはどこへ行ったんだ?

 外交・安全保障の専門家を自認し、インテリジェンスの強化を訴えていた前原代表よ、ライブドア問題に隠れてヤマハが中共、それもあなたが『現実的脅威』と言った人民解放軍に無人ヘリを売り、朝鮮総連傘下の団体が北朝鮮に陸自の最新型ミサイルのデータを渡していた事が明らかになってますよ?絶好のアピールのチャンスだと私は思うのですが、言及して無いのはなぜだ?

 結局、民主党は変われないのか。蛙の子は蛙。トンビは鷹を生めない。バカはバカ。万年野党は万年野党ってことですか。
 
 易きに流れる民主党を軽蔑する。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

盧武鉉大統領新年の決意 『今年も反日』
 昨年の東アジアサミット以降、めっきり当ブログへの登場回数が減ってしまった韓国の盧武鉉大統領。同じ反日人士でも、最近国連の次期事務総長に立候補することを表明した潘基文外相にお株を奪われ、存在感がなくなりつつあった盧武鉉氏でしたが、昨日、新年会見を開き、今年も反日で行くことを確認したようです。まずこちらをご覧下さい。(聯合ニュースから以下引用)

「韓日関係は原則に基づき解決」盧大統領新年会見
2006/01/25 11:18
 【ソウル25日聯合】新年会見で盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は、韓日関係について「原則に基づいて解決していきたい」との考えを明らかにした。韓日関係は文化的にこれまでになく良い関係になっているが、靖国神社参拝問題により政府間の関係で冷却関係続いていることに対し、盧大統領から手を差し出す考えはないかとの質問に答えたもの

 盧大統領は、「ある問題について意見が異なる場合には、普遍的な原則に従うのがよい方法だ」とし、日本の主張通りにすることはできず、韓国の主張通りにするわけにもいかないと述べた。その上で、世界には先例があり、韓日関係もこうした先例にしたがって原則に基づいて解決すべきとの考えを示した。小泉純一郎首相の靖国参拝問題については、韓国民の受け止め方を考慮し、客観的に持つ意味を尊重すべきと述べた

 盧大統領はまた、政治と文化は多少切り離すことができるとし、政治外交の範囲内で、要求すべきことは要求し、抗議すべきことは抗議し、拒否するものは拒否するとの姿勢が必要と述べた。また正当な要求が受け入れられるよう最善を尽くすとし、けっしてあきらめないと強調した


 よっ!待ってました大統領!これですよ、これ。もの凄い電波を放出してくれてます。『どっちにも言い分があるから、普遍的な原則に従って解決しよう』と、もっともらしい事を言った舌が乾かないうちに『靖国参拝は韓国民の感情を考慮してやめろ』と来た。

 『要求するべきことは要求し、抗議するべき事は抗議し、拒否するものは拒否する』って、こっちの言い分や要求を聞き入れるという項目は無いんですか(笑)?最後もすごいですね。『正当な要求が受け入れられるよう最善を尽くし、決してあきらめない』と、完全ストーカー宣言。

 結局、『私の言うことは全部正しい。だから日本が譲歩しろ!』ってことでしょ?これ。言ってる事は変わってませんが、前置きに『普遍的原則に従って解決』という文言が入っているので、いつもより余計にア○に見える。普遍的ねえ。

ふへん-てき 0 【普遍的】

(形動)
すべてのものに共通しているさま。

すべてのものにあてはまるさま。
goo辞書より


 この『普遍的』という言葉が日本、韓国を含めた国際社会の中でという意味ならば、近代以降、先の大戦も含めて、日本と韓国は戦争したこと自体がありませんので、韓国建国の秘密である日本と戦い、勝ったという嘘が通用しません。よって韓国が靖国に反対すること自体がおかしい、ということになる。私の言ってる事が嘘だと思うなら、国際社会に問うてみるが良い。『韓国は対日戦勝国ですよね?』って。大爆笑されるのがオチだ。

 竹島問題も同じです。『普遍的原則』に従って解決するというならば、堂々と国際司法裁判所での審判を受けようじゃないか。『独島は我々のもの~』なんて喚いてないで出て来い。逃げ回るな。でも、出てこれませんよねえ?『普遍的原則』に従ったが最後、竹島は日本領で確定しますから(笑)。

 続いて、歴史教科書への要求は出版そのものをやめろといった民主主義国家にあるまじき言論弾圧であるし、採択阻止の訴えは『内政不干渉』という『普遍的原則』に著しく反したものですから、今すぐ要求を引っ込めるように。

 と、盧武鉉氏や韓国人が言う『普遍的』という言葉が、実は『韓国の基準』という意味に他ならないと重々承知の上でツッコミを入れてみましたが、小泉総理もきついツッコミを入れているようです。こちらをどうぞ。(ロイターから以下一部引用)

靖国参拝を批判する国は、アジア諸国では中国と韓国のみ=小泉首相
2006年 01月 25日 水曜日 12:32 JST169

[東京 25日 ロイター] 小泉首相は、アジア諸国のうち靖国神社参拝を批判する国は、中国と韓国のみであるとの認識を示した。参議院本会議で、民主党のツルネン・マルテイ議員の質問に答えた。 

 小泉首相は靖国問題について「アジア諸国において中国、韓国以外に私の靖国参拝を批判する国はありません」と述べた。また「豊かで安定したアジアの実現は、わが国の安全と繁栄に不可欠だと思っている」との認識を示した。<以下略>


 ぜんぜん普遍的じゃありませんね。中韓だけです。世界、いや、アジアに限定しても、靖国参拝に『国の見解』として反対している国はありません。中韓(北朝鮮も含む)以外で。こんなのは当たり前の話で、国家の指導者が国のために殉じた将兵を慰霊するのは当然であり、その事に文句をつければ、キ印扱いされること間違いない。みーんなわかってるんです。キ印の中韓を除いてね。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。