管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国紙 日中関係の改善方法は『嫌韓流』をやめろ!?
 連日連夜ライブドア騒動が報道される一方で、日本の大手企業が軍事転用可能な無人ヘリを中国に輸出、朝鮮総連関連団体が陸自の最新型ミサイルの情報を入手し、北朝鮮に送っていた、という重大ニュースをあまり大きく扱わないマスコミに怒りを感じるここ数日。日本のマスコミはどうしようもないな、とつぶやきながらブログのネタを探していましたら、非常に興味深い記事を発見しました。こちらをご覧ください。(ニュース&ニュースから以下一部引用※韓国語)

中国と日本の稚拙な口げんか

 歴史・領土・海洋資原などをめぐって最近再演された中国と日本の間の敵対感は、中国が自任した「平和的台頭」の目標のみならず東アジア経済統合の機会さえ失わせる危険がある。中国政府と日本政府は相互関係を悪化させた責任をきちんと共有せねばならない。

 小泉首相の度重なる靖国神社参拝は誤りであり挑発的だ。一方で、昨年4月の激しい反日デモを阻止できず、日本の戦争犯罪を習慣的に悪用する中国政府の態度も、相互関係悪化の一因となった。<中略>

 もっと戸惑うのは、両国関係の未来に対して両国民の多くが悲観しているという点だ。2005年8月に日中の調査機関が発表した調査によれば、日本人の73%と中国人の56%は、両国関係が一層悪化すると考えており、相互関係の未来を不確実だと見ていることが分かった。中国の大学生は楽観が一層少なく81%は両国の未来を不確実に見るか悲観している。

 悲観主義を一層悪化させるのは、中国人の圧倒的多数(8月の調査で93%)が、責任の大部分あるいは全部は日本にあると信じている点だ。日本人の責任転嫁はそれよりは公平であり、回答者の半数は、いずれか一方だけが緊張関係の責任をすべて負うものではないと答えた。

 両国指導者らの政策と姿勢が、国民の敵対感醸成に相当部分作用した。中国共産党内の民族主義者らの信任を高めるために始まった北京の「愛国教育運動」は、日本を常に悪党と描いて罵倒した。例えば日本の侵略に関する中国のテレビシリーズの30%以上が、今年戦勝60周年記念で製作されたものだ。過去に対するこうした強迫観念は、当然ながら日本に対する歪曲されたイメージを作った。

 日本は類似のプロパガンダを試みることはなかったが、小泉首相は靖国参拝をめぐる中国政府との対決を通じて、日本国民の間に反中感情を吹き入れた。この参拝を通じて日本の国家的主権と権威を表現することで、小泉は政治的に利用しただけでなく、靖国参拝問題に対する中国の合法的権利を認めることをほとんど不可能にさせた。

 これら全ては悪循環を呼んできた。両国が追求める近視眼的政策は大衆の憎悪を煽った。これを防止するために中国・日本の両政府は、各自の態度を改めねばならない。深い悲観主義は、改善に対する期待が低いということを意味する。互いを同時に理解しなければ改善は成功することができない。

 まず日本政府は、最近発刊された『マンガ中国入門』や『マンガ嫌韓流』など通じたキャンペーンを中断しなければならない。中国と韓国を人種差別的に描いたこれらの本は、非常に気分を損ねるものだ。一方で中国政府は、1930年代の日本の中国侵略を扱った映画に対する検閲と放送を中断せねばならない。両国政府が神社参拝に対して現在なすべきことがないとしても、これらの小さな措置により、双方が過去の虜ではないことを示すことは可能であろう。(ジェミン記者)(2006/01/21 10:35)

訳文は2chからの転載


 『北東アジアのバランサー』を自任する韓国。その韓国の新聞社が日中間に横たわる諸問題を分析し、提言してくれています。分析が当たっているかどうかは別として、日中双方に原因があるとし、一応バランス良く批判を加えているかにみえる。途中までは。

 日中関係を論じていたはずなのに、結びの段で突然『嫌韓流』などのキャンペーンをやめろと来た。これはどういう関係があって入れた文言なんでしょうか。論旨がいきなりぶっ飛ぶという手法は朝日新聞などが良く使う手ですが、この記事を書いた記者も『嫌韓流をやめろ』という事が言いたいがために長ーい前フリを入れたということなのか。随分、迂遠かつ面倒な手を使いますね。よっぽど嫌韓流が気になるとみえる。

 では、内容にも目を向けてみましょう。まず『日本の戦争犯罪を習慣的に悪用する中国政府の態度』という分析には同意すると共に、同じように習慣的に悪用する韓国が何をいうか!と、ツッコミを入れずにはいられない。お前が言うな。

 次に、『靖国参拝問題に対する中国の合法的権利』って何だ?どの法に則った権利なんですか?他国の内政に干渉してよい、という新しい国際法でも成立したんでしょうか。合法的権利とやらはもちろん、韓国には靖国参拝に文句をいう理由さえありませんが。

 日本、そして中韓がお互いに反発すれば、悪循環を呼ぶというのは確かにその通りでしょう。が、日本と中韓を同列に論じてはならない。これは噴飯モノです。嫌韓流を『韓国を人種差別的に描いた本』と決め付けていますが、日本人が反発するのは、まさにこのような態度にあるわけです。

 韓国で嫌韓流を批判する発言や記事を良く見かけますが、『蔑視している』、『人種差別』、『韓国を貶める悪罵』などと一方的にレッテルを貼るばかりで、詳しく内容に言及したものは無く、本当に読んだのかさえ疑わしいですし、こういう態度は『日本』という国を論じる時に必ず付きまとっている。

 日本=悪という大前提から入るため、いや、必ずそういう結論に到達させるため、日本がやってもいないこと事をでっち上げて糾弾の材料としたり、韓国側の嘘やでっち上げに対する日本側の冷静な反論に一切耳を傾けず、何でもかんでも日本のせいにする。その態度こそ、日本人が反発している理由であり、嫌韓の正体だ。嘘をつくな!ってね。一緒にしないで頂ける?とっても心外ですから。

 それにしても、日中関係を論じているのに、突然『嫌韓流』の話が出てきたのが気になる。朝日的手法をインスパイアしてるのなら、恥ずかしいからおやめなさい、という助言が必要でしょうし、既に中国人になったつもりなら、『まだ』違いますよ、という指摘が必要です。まあ、時間の問題だとは思いますが。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。