管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 36 『対案路線はどうした?』
 第164回通常国会が召集され、あす23日から本格的に与野党の論戦がスタートします。先の特別国会で民主党の前原代表は『対案路線』を強調し、単なる批判勢力に終わらない、新しい民主党になることを表明しました。先の特別国会は会期も短く、争点も郵政民営化法案のみだったため、何とか対案路線を貫けましたが、今回の通常国会は会期が150日と長く、争点も盛りだくさん。批判だけではない建設的な対案路線を貫けるか、民主党の今国会に向けた方針を見てみましょう。こちらをごらん下さい。(Yahoo ニュースから以下一部引用)

通常国会きょう召集 民主「追及型」論戦へ 「耐震偽装」攻勢一丸

党内対立、沈静化狙う
 第百六十四通常国会は二十日、召集される。会期は六月十八日までの百五十日間。九月退陣を公言する小泉純一郎首相は「最後の通常国会」として改革の総仕上げを目指す。一方、民主党は耐震強度偽装事件で浮上した「政界ルート」の解明に加え、ライブドアの証券取引法違反事件でも自民党の責任を追及する構えだ。ただ、今秋の代表選に向けて民主党内にはきな臭さも漂い、執行部としては「追及型」の国会論戦を展開することで、党内の対立を沈静化させたいとの思惑もありそうだ。
 「インチキを暴く国会にする。小泉内閣の化けの皮をはがしていく」
 野田佳彦国対委員長は十九日、記者団にこう宣言し、「対案路線と徹底追及型とを併用する」と強調した。
 民主党内ではこれまで、「自民党との政策の違いが見えない」「われわれが対案を出すと必ず(政府・与党に)取り込まれる」と、対案・提案型の国会論戦に迷いもみられた。しかし、耐震強度偽装事件やライブドアの証取法違反事件が自民党を直撃し、絶好の攻撃材料を手に入れたことから、国対メンバーが十八日に京都市内で開いた勉強会で、追及型の論戦を展開していくことを確認した。<以下略>


 パブロフの犬かよ(笑)。結局のところ、対案路線は自民に取り込まれるという『妄想』に取り付かれ、従来通りの民主党で行きますってことでしょうか。『対案路線と追求型を併用する』なんて野田国対委員長は言ってますが、昨年来、最初は対案路線を強調→対案路線を強調しつつも大変だとこぼす→『対案、追求を併用』にトーンダウンしてませんか?

 で、追求型の方がマスコミは取り上げてくれるので、追求型のみになってしまう、と。間違いなく、この方向に引きずられるでしょうね。まあ、問題があるなら追求しても構わないですが、言いがかりやこじつけ良くない。『絶好の攻撃材料』と位置づけている耐震強度偽装問題では、よりクロに近い伊藤元国土庁長官よりも、おそらくシロだと思われる安倍官房長官への追求を強める、と息巻いてみたり、ライブドア問題でも『小泉改革の負の側面』の象徴と位置づけて、選挙協力した自民党や政府を攻撃するなんて言ってる。

 ライブドア問題で追求を強めるって、自分の首を絞めることになるのがわからないのか?ライブドア、あるいは堀江社長が悪い象徴であるとし、それを選挙で担いだ自民党が悪いという構図を作るなら、その悪い象徴に出馬要請して断られた民主党は嘲笑の対象にしかなりませんぜ?ダンナ。また自爆でござんすか。

 週末に飛び込んできた米国産牛肉のBSE問題に関連したニュースへの反応にしたって、こじつけに過ぎる。(Yahoo ニュースから以下引用)

民主代表、首相責任を追及=「安全より大統領優先」のツケ-米国産牛肉

 民主党の前原誠司代表は20日夜、米国産牛肉に危険部位が混入していた疑いで、再度、政府が輸入禁止を決めたことについて「(昨年12月の)ブッシュ米大統領の訪日に合わせて(再開準備を)進めてきた経緯もある」と指摘。「国民の安心、安全を確保するのが政治の責任であり、他国の要請を優先してきたツケが回ってきた」と述べ、再開を決断した小泉純一郎首相を批判した。都内で記者団に答えた。
 民主党は以前から、早期の輸入再開に反対してきた。前原氏は「食品安全委員会プリオン専門調査会でも(再開を)不安視する委員がいた」とした上で、「首相に責任があるのは当然だ」と言明。自らが質問に立つ23日の衆院本会議の代表質問で首相の責任をただす考えを示した。また、政府が直ちに輸入全面禁止を決めたことを「当然だ」とする一方、「拙速な輸入再開は断固反対する」と述べた。 
(時事通信) - 1月20日23時1分更新


 私は輸入停止の報をテレビの速報テロップで知ったのですが、最初なんの事だかわからず混乱していました。続くニュース番組で、米国産牛肉から脊柱が発見され、政府はすぐさま輸入停止を決定したという顛末を知り、滅茶苦茶早い対応に驚いた。

 おそらく、前原代表はこの問題を米国べったりの証拠!なんて言ってこじつけるんでしょうが、これもかなり無理がある。確かに、日本側の委員会で米国の検査体制の杜撰さを指摘する声はあったでしょうし、委員の皆さんも本心では信頼できないと思ってたでしょう。が、米国側はあくまでも『米国産牛肉は安全』、『検査体制は万全』と言い張るのみで圧力を強めるばかり。すでに大きな摩擦になっていたものを解決し、かつ米国側の杜撰な検査体制を暴くには、一旦輸入を決断し、日本側の検査で証拠を掴んで突きつけるしかなかったんじゃないか?それに、記事の最後で『断固輸入再開に反対する』って・・誰も言ってないことに反対してどうするの?

 ああ、やっぱり民主党は変わらないのか・・ニュースバリューの高いこれら問題の追求で目立とうと躍起になるんでしょうが、もっと重要なことがあるんじゃないか?例えばこれ。(Yahoo ニュースから以下引用)

<民主党>女系天皇のあり方協議の検討チーム設置 役員会で

 民主党は19日の役員会で、女系天皇のあり方を協議する検討チームの設置を決めた。座長は江田五月参院議員会長。枝野幸男党憲法調査会長、大島敦「次の内閣」内閣府担当らがメンバーに加わる。前原誠司代表は「党内でいろんな意見があるのでじっくり議論してほしい」と述べた。
(毎日新聞) - 1月19日18時22分更新

 何だこれ?入り口が『女系』かよ。話にならん。結論ありきでどんな議論をするんでしょうか。当ブログでは今国会、民主党を批判する事が多くなりそうです。ヤレヤレ・・



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

韓国教科書戦線異常あり 『赤化進行中』
 大韓民国に生きとし生けるもの全ての歴史観を支えると言っても良い韓国の『歴史教科書』。教科書の内容には時の権力者などの意向が反映されるため、思想信条が大きく違う勢力が政権を取ればガラリと内容は変わってきます。金大中、盧武鉉と続いた民主化闘士の皮を被った『親北勢力』が権力を握ってきたことで、韓国の歴史教科書の内容は、大きな転換点を迎えているようです。こちらをごらん下さい。(中央日報から以下引用)

【社説】大韓民国を蔑む教科書をなぜ放置するのか

ハンナラ党汝矣島(ヨウィド)研究所の主催で18日開かれた「教科書歪曲問題に関する国民大討論会」で提起された高校用「韓国近・現代史」教科書の内容を見ると、生徒への歴史・社会教育が非常に憂慮される。この日「教科書、何が問題か」という発表文で、「大韓民国の産業化は‘歪んだ近代化’とし、失敗した北朝鮮体制については友好的・中立的に接近するなど事実を歪曲しており、価値の混乱を招く」と指摘した。例えば、セマウル運動は「朴正煕(パク・ジョンヒ)政府の維新体制を正当化するのに利用されたりもした」とし、北朝鮮の千里馬(チョンリマ)運動に関しては「50年代後半から60年代前半にかけて、社会主義経済の建設に大きな役割を果たした」と評価している。李承晩(イ・スンマン)政府、朴正煕(パク・ジョンヒ)政府、韓国の三清教育隊など韓国現代史は辛らつに批判しながらも、政治犯収容所、人権弾圧、失敗した経済など北朝鮮の問題点には沈黙している、と明らかにした。 誰が見ても歪曲されたという批判は避けがたい

教科書は国が定めた公式教材だ。憲法基本理念の「自由、民主、人権」という普遍的価値を教え、成熟した市民を育成することに基本目標がある。このため教科書は教育人的資源部・韓国教育課程評価院の検定・認定で決定する。 検定・認定基準は憲法精神の一致、内容の普遍妥当性など4つだ。「憲法の精神」では「大韓民国体制を否認したり誹謗する内容、特定国家・宗教・階層を不当に宣伝・待遇したり歪曲した点」を審査する。しかし憲法の精神にも反し、普遍妥当性も落ちる教科書がどうして検定・認定を通過したのか分からない。

結局、政権の理念に便乗してこうした教科書が検定・認定を通過したのではないかという疑いを抱く。過去にも政権が教科書を政権の正統性のために悪用したことがあるからだ。 盧武鉉(ノ・ムヒョン)政府に入ってからは主に‘思想論争’だった。「企業・市場経済を否定的に記述した経済教科書が反企業・反市場情緒の主要原因」という指摘を受けたりもした。大韓民国を蔑み否定する教科書で教育を受けた未来の世代がどう育つかが心配だ。 この機会にすべての教科書の内容を検証して修正しなければならない

2006.01.19 19:59:58


 うーん・・著しくアカーくなってきてますね。全教祖などの赤い教職員組合の教員が『反日・反米・親北』をすり込む一方で、ついに教科書まで陥落か。これで一段と若い世代は日米、軍事政権時代の韓国を憎み、北朝鮮への警戒心が薄れる、と。盧武鉉政権の支持率が超低空飛行とはいえ、着々と赤化は進行しているようです。

 この社説では『普遍妥当性』を求めていますが、そもそも韓国の歴史に普遍性などなかった。『過去の政権が教科書を政権の正当性をのために悪用した』なんてレベルじゃない。大韓民国建国の歴史、その出発点となっているのが『対日戦勝国』という妄想に基づく『創作』の上、始めから『嘘』で塗り固めたため、著しく実態と乖離した、韓国でしか通用しない歴史を教え続けてきた。

 さらに、初代大統領の李承晩氏が強力な反日人士であったため、反共に加えて反日も国是のごとくなり、歴史教科書などに書かれる日本の姿は醜悪かつ極悪なものとなって、現在まで受け継がれている。

 歴史教科書の記述内容が変化してしまった事を嘆き、普遍的妥当性を求め、すべての教科書の内容を検証して修正しなければならない、という主張は、一見して正しい主張のように見える。しかし、反日を温存したまま検証、修正したところで、普遍的妥当性を持つ歴史教科書など作り得ない。結局、大韓民国建国の正当性を確保するために作り上げた日本=悪という、多分に政治性を帯びた歴史観がそのまま残るからだ。

 韓国が赤化を阻止するには、保守派への政権交代などで一時的に止める事ができるかもしれない。が、政権交代の度に歴史観がコロコロ変わる事になれば、さらに韓国社会は混乱し、歴史観を共有できない世代が細分化され、亀裂が大きくなる。これは思想的に一枚岩の北朝鮮にとっては付け込む隙が多くなる事を意味し、長期的に見れば、いかに韓国が経済的に豊かとはいえ、北朝鮮有利という状況に陥ることは容易に想像できる。

 教科書の赤化を阻止する唯一の方法は、虚構に満ちた今までの歴史を廃し、客観的な事実に基づいた歴史観を構築し、ある程度、政治と歴史を切り離すしかない。もちろん、どんな国にも立場があり、最低限、自国を愛する視点で書かれるべきだと思う。とはいえ、それが過剰になれば『我々は世界一優秀な民族』などというラディカルで気持ちの悪い愛国主義に繋がるため、最低限に留めるべきだとは思うが。

 客観的な歴史観の構築への一番の近道は、近現代の歴史、特に日本との繋がりを再考することだ。日本=悪という構図を捨て、むやみやたらに他国を憎むことをやめれば、政治と歴史はある程度切り離される。この作業にはアイデンティティーの崩壊という大きな苦痛を伴うが、赤化統一されて世界最貧国に転落、自由もなくなり、恐怖政治に支配される、という最悪の事態に陥ることを考えれば、遥かにマシなはず。反日をやめろ。それしかない。まあ、かの国の人にとって、ハードルが高すぎるという気もしないではないけれど(笑)。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。