管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国人ビザ免除に続いて中国も??
 先日のエントリーで、韓国人のビザ恒久免除を政府が決定か?というニュースを紹介し、断固として反対する意見を表明しました。ビザ免除にあたっての条件は、昨年から行われているビザ免除の暫定措置期間と、一昨年の犯罪検挙数の推移を見ながら決定するというものですが、極端な増加が見られなかったため問題なし、という理由で免除する方向に進んでいるのはどうやら本当だったようです。

 増加が無かった事を理由に押し切ろうとしている政府ですが、これは詭弁だ。ものすごく酷い詭弁だ。そもそも、韓国人は中国人とならんで国別犯罪者数で1、2を争う程であり、一旦入国すれば帰らないという意味で言えば、不法滞在者数でダントツの1位。なぜ、治安悪化の大きな要因を作っている国の人間をビザ免除で入国させるのか。正気の沙汰とは思えない。どこか真っ向から反対する政党は無いのか!

 犯罪検挙数の増加が無いという詭弁を条件とし、ビザ免除するなら、当然、こういう話が出てくるでしょう。そう、中国人にもビザ免除しないとおかしい、という。今日の毎日新聞の記事をごらん下さい。(毎日新聞から以下引用)

韓国観光客:恒久的にビザ免除 関係改善も狙う

 政府は20日、韓国からの観光客などへの査証(ビザ)を3月以降、恒久的に免除する方針を固めた。今月中に正式決定し、麻生太郎外相が韓国政府に通知する。政府は日韓両国間で年間500万人の交流を目指しており、観光客の増加を期待する一方、小泉純一郎首相の靖国神社参拝で悪化している日韓関係改善の糸口にする狙いもある。

 観光や商用目的で来日する韓国人の短期滞在ビザ(90日以内)については、04年12月に鹿児島県指宿市で行われた日韓首脳会談で愛知万博期間中(昨年3月~9月)の免除で合意。その後、今年2月末まで5カ月間、暫定延長された。韓国側は免除の恒久化を求めていたが、日本政府内には不法入国者や刑事事件の増加を懸念する意見があり、慎重に検討を続けていた。

 外務省によると、政府は62カ国・地域に対して短期滞在ビザを免除している。アジアではシンガポール、香港、台湾などに次いで韓国が6番目となる。一方、中国に対しては、北京など3市5省に限定されていた団体観光ビザの発給地域を、昨年7月から中国全土に拡大したが、30日以内滞在予定の修学旅行生を除いてビザ免除の対象にはなっていない。【中田卓二】


 うわあああああ・・・めまいが!悪寒が!血圧が・・さっそく観測気球を打ち上げやがったな?やっぱりこういう流れになるのね。中国全土には拡大しないだろうけど、比較的豊かな地域への免除の話は必ず出ると思った。この記事では免除しろとは書いて無いですが、『なぜ中国はだめなんだ?』という疑問を抱かせるに十分。これから朝日とか東京が『韓国人にビザ免除して中国人にしないのは差別』とか言い出すんだろうなあ・・もうイヤ・・

 恒久免除とはその名の通り、ずーっと免除するって事だ。簡単には撤回できない。犯罪件数が激増したとして、何年後かに撤回するとしても、外交問題になって難航することは必至だし、その間に被害を受ける日本人に何と言って釈明するのか。不法滞在者数、犯罪数が激減したのなら話は分からないでもないが、減って無いんですよ?本来ならビザ発給の基準を厳しくしてしかるべきだ。

 ああ、日本人は不幸だ。この動きに真っ向から反対する政党が見当たらない。公明は積極推進、社民も同列。共産党も反対しないでしょうし、頼りになるはずの野党第一党の民主党も何ら反対の論陣を張ってない。こんな時に反対してくれれば一時的にでも支持するのに・・

 近い将来、中国から一部地域へのビザ免除要請が出た時にどうするんだ?不法滞在や犯罪者数が多いから無理、なんて言えませんよ?中国と1、2を争うほど不法滞在や犯罪者が多い韓国にビザ恒久免除してしまえば。

 もう一度言う。『犯罪検挙数の増加がなく、問題ない』こんな物は詭弁であり、狂気の沙汰だ。『友好』とやらに利用する為に日本の安全を無視するのか?昨日、麻生外相と韓国の駐日大使が『刑事共助条約』に署名し、国会の承認を経た後、外交ルートを介さないで犯罪捜査の協力を要請できる事になりますが、これは捜査に『協力的』であることが前提になければ、何の意味も無い条約だ。韓国人が日本で起こした犯罪に、これまでの韓国当局が取ってきたかなりの消極的な態度を見れば、甚だ懐疑的にならざるを得ない。

 百歩譲って、ビザ発給条件の厳格化はしないとしても、免除の暫定期間延長を半年ほどの単位で区切り、その間に不法滞在者数や犯罪者数の国別割合をせめて台湾(こんな時に引き合いにだして申し訳ないが・・)レベルにしてもらわないと、とてもじゃないが納得できない。政府はもう一度じっくり検討するべきだ。


関連エントリー:韓国人ビザ恒久免除に断固反対する


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

中国様 『媚中派には会ってやる』
 日本の外交姿勢の変化によって首脳レベルの会談を拒否し続けている中国。中国がもの言えば道理が引っ込み、これまで叩けば響く関係であった日中関係は確実に変わってきました。日本の姿勢変化に業を煮やした中国は、媚中政治家、一部マスコミを使って『中国にもの申す』政治家を排撃しようと画策しますが、なかなか上手くいかない。そこで次なる一手を打ってきたようです。こちらをごらん下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

3月に胡錦濤主席が会談へ 橋本元首相ら訪中で

 【北京20日共同】橋本龍太郎元首相や日中友好団体の関係者が3月下旬に訪中する際に、胡錦濤国家主席が会談に応じる方針を固めた、と中国側が日本側に伝えたことが20日分かった。日中関係筋が明らかにした。胡主席が日本の要人と会談するのは、昨年9月末に日本経団連の奥田碩会長ら財界首脳と極秘会談して以来

 胡指導部は靖国神社参拝を繰り返す小泉純一郎首相との首脳会談拒否を堅持する一方、日中関係の一層の悪化が中国の経済発展に悪影響を及ぼすことを懸念、日本の友好団体関係者らと会談することで「対日重視」をアピールする狙いがある。

 橋本氏は昨年2度訪中するなど中国と良好な関係を維持。胡指導部は、橋本氏が首相就任後の1996年に靖国神社に参拝したものの、翌年から取りやめたことを評価している。
(共同通信) - 1月20日10時5分更新


 えー!!わかり易っ!。中国の恫喝に屈した元首相なら会いますってか。橋本氏といえば、中共の女スパイ(公安部)との不倫が暴露され、がっちり中共に股ぐらを掴まれているズブズブの媚中派。小泉総理や麻生外相、前原代表のような自己主張する政治家には会いたくないけど、弱みを握ってる政治家には会います、と。露骨だなあ。まあ、我々日本人にとっては、『やっぱり媚中派ってアレだね』的なコンセンサスの形成に役立つので、逆に大変ありがたい動きではあります。多謝!中国様。

 この訪中団で橋本氏に同行する政治家は間違いなく媚中派認定されますね。嫌なら行かないほうがいいですよ?本当に。例え、やましいことが無いとしても勘ぐられること確実。だって中共の女スパイとチョメチョメした人が筆頭で訪問するんですよ?しかも中国は最大限利用する気マンマンです。空気が読めて、やましい事が無い人なら行かないですよねえ。普通。

 ましてや橋本氏はもはや政治家ではない一民間人。日歯連の献金問題で限りなくグレーな存在となり、何時ぶち込まれるかもしれない『終わった』方です。こんな人と言ったら失礼だけど、終わった人を厚遇してどうするんでしょうか。中共ってしたたかなんだか、ただのア○なのか、最近わからなくなってきました。

 とにかく、これだけは確実に言える。中国の思惑とは全く逆の結果になるってね。どんどんこの手の露骨な事をやってください。期待してますよ?中国さまー。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。