管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東京新聞 『反日って楽しいなあ』
 最近、当ブログで取り上げる事が多くなった東京新聞。反日マスコミの代表格といえば、まず最初に朝日新聞が挙げられますが、近頃では批判が高まったのが原因なのか、社説などで日本叩きをする際、一応バランスを取るフリだけはせねばならず、切れ味が鈍っている観があります。

 その点、朝日新聞ほど部数が出ておらず、注目度も低めである東京新聞は今日も元気イッパイ反日です。こちらの社説をごらん下さい(東京新聞から以下引用)

小泉氏と靖国 その居直りがいけない

 これが国の最高責任者の発すべき言葉だろうか。「靖国参拝自体がいけないのか、中国、韓国がいけないからいけないのか、はっきりしてほしい」と、小泉首相は言った。その居直りがいけない。

 外遊先のイスタンブールでも首相は靖国にご執心だったようだ。年頭会見と同じ発言を繰り返した。おれの勝手だ、余計な口を挟むな、と言わんばかりに。まるで批判されるのを楽しむように。

 物事を単純化して異論を退けるような、発展性のない議論につきあうつもりはさらさらないが、理解に苦しむ点はただしておきたい。

 首相は自民党総裁選の争点に関して「靖国の問題を自分から提起したことはない。参拝しろとか、してはいかんとか、誰にも言うつもりはない」と述べている。

 二〇〇一年総裁選で八月十五日参拝を公約して、党の有力支持団体、日本遺族会の票獲得に動いたのは誰だったか。小泉氏である。

 それでいて、ポスト小泉の総裁選は靖国を争点にするな、と言うのなら、そんな身勝手はない。

 盟友であった山崎拓氏が「外交問題でないと強弁しても、内政問題であり、争点になる」と言っている。その通りだ。次の総裁は小泉スタイルを継ぐのかどうか、党員も、国民だって、知っておきたいだろう。

 そもそも、靖国参拝をわざわざ目立たせて、外交問題に発展させたのは首相自身だ。いまさら「精神の自由、心の問題だ」と自分の殻に閉じこもるのでは、無責任だろう

 参拝自体がいけないのか、外国が駄目だと言うからいけないのか、と居直ってみせる首相に、日米・日中戦争、その責任の所在をめぐっての思慮分別は感じられない。極東国際軍事裁判、いわゆる東京裁判と、そこで断罪されたA級戦犯の評価を抜きにして、靖国は語れないのに

 次期総裁候補の一人、安倍晋三氏も小泉氏と同類らしい。先日こう言った。「先の戦争をどう評価するかを政治家が言うと、外交的、政治的意味を持ち、あまり賢明ではない。それは歴史家に任せたい」。意味が分からない。歴史認識を語れぬ総理総裁候補など、候補たりえない

 連立与党にあって控えめな公明党の神崎武法代表が、さすがに次の首相の参拝自粛を求めている。(1)歴代首相は侵略戦争を深く反省する談話を出している(2)靖国神社はA級戦犯が合祀(ごうし)され、かつての戦争を称賛している(3)そこに首相が行くのは内閣の方針と矛盾する-というものだ。

 また口先だけかと軽んじられないよう、神崎氏にはお願いしておく


 うーん・・今日も香ばしいですねえ。最近の社説は怒りが全面に出てますね。特に小泉総理批判では。あんまり怒ると頭の血管が切れますよ?ご自愛してくださいね。

 小泉総理の『靖国は争点にすべきでない』という意向にブチ切れてしまった社説子ですが、釣られてることに気付いてないのかなあ。あえて消極的な姿勢を見せることによって、『チャンスだ!』と、勘違いして飛び出してくる人をあぶりだす作戦だと私は思ってるんですが。まあ、せっかく見事に食いついてきたので、内容にツッコミを入れていきましょう。

 まず、『イスタンブールでも靖国にご執心だったようだ』って・・あのね、これ日本から同行した記者団に語ったんですよ?おたくか朝日さんが聞いたんでしょうが。『総裁選で靖国参拝は争点になるか?』という質問に答えただけでしょ?それを『ご執心のだったようだ』って酷すぎないかい?で、『俺の勝手だ、余計な口を挟むなと言わんばかりに同じ発言を繰り返した』って・・呆れますね。じゃあ逆に聞くが、今年に入って何回同じ質問をしましたか?大して期間が空いたわけでもないのに、同じ質問をされれば、同じ答えをするでしょうよ。無茶苦茶だよ、こんな批判。

 んで、またぞろ『小泉総理が靖国参拝を外交問題化した』なんてねつ造してるよ。『わざわざ目立たせておいて自分の殻に閉じこもるのは無責任』はそのままお返しする。外交問題化させたのはマスコミ(朝日)で、わざわざ目立たせたのもマスコミで、自分の殻に閉じこもったマスコミは無責任だ。ねつ造してまで自国の総理を貶めようとするな!

 さらに安倍氏にも噛み付いてますね。何ですか?『先の大戦の評価は歴史家に任せたい』という安倍氏の発言の『意味がわからない』って、それはこっちのセリフだ。どういうことなんだろう・・まさか、中国や韓国のように歴史を政治利用するために捻じ曲げろって言ってるんでしょうか。だとすればアホだ。本域の阿呆だ。しかも『中韓の歴史認識』を持てと言いたい訳だ。すげえよ、あんたホンモノだよ。

 最後に『連立与党にあって控えめな公明党の神崎代表』には爆笑させていただきました。控えめな方が他党の総裁選に口を出したり、総理のやる事にここまで反対しますか?『自公の連立があったからこそ(総選挙での)小泉首相の大勝利があったことを忘れないでいただきたい(asahi.com)』なんて大量の宗教票を盾に恫喝してますけど。

 ねえ東京新聞さん、これじゃあもう新聞とは言えないよ。読者から金とって売ってるんだから、もうちょっとマシな社説書けないの?あ、そうか。批判されるのを楽しんでるんでしたね。でもさ、趣味で書くなら新聞は新聞でも、壁新聞でもお書きになったら如何?



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

外務省 『情報の取捨選択を間違えるな』
 昨年末、明らかになった在上海日本領事館の職員自殺問題。週刊誌にスクープとしてすっぱ抜かれ、日中の外交問題に発展してしまったこの問題は、官邸側が事情を聞かされてなかったことが原因で対応がギクシャクしています。これまでの報道では、安倍官房長官への引継ぎが出来ていなかった、あるいは外務省が握りつぶしていたのではないか?という憶測が飛び交っていますが、どうやら全容が見えてきたようです。まずこちらをごらん下さい(NIKKEI NETから以下引用)

上海の領事館員自殺問題、官邸に報告なし・官房長官

 安倍晋三官房長官は11日の記者会見で、中国・上海の日本総領事館員の自殺問題について「外務省から事件発生当時、首相官邸に報告はなかった」と指摘した。「こうした事案を官邸に報告すべきかどうかは、もう一度検証しなければならない」と述べた。

 鹿取克章外務報道官は記者会見で「首相官邸への報告は(昨年12月の週刊誌による)報道の後だ」と説明。「主管官庁として対応した。中国側への抗議、事実関係の確認は外務省の責任で行うという決定だった」と語った。 (22:56)


 なるほど、そもそも官邸に情報が上がっていなかった、と。当初、安倍官房長官はこの情報を知らされておらず、不快感を示したことに対し、外務省は『適切に対応してきた』と、誤魔化して来ましたが、これでハッキリしたわけだ。さらに、こんな情報もあります。こちらをどうぞ(Yahoo ニュースから以下一部引用)

<前略>

ある政府関係者は「詳細な報告を受け取ったのはごく一握り。担当部局幹部も自殺の事実が知らされただけで、原因や背景は知らされなかった」と打ち明ける。当時外相だった川口順子参院議員は「コメントは一切差し控えたい」と口をつぐむが、「川口氏にも自殺理由など詳細は報告されていなかった疑いが強い」(政府高官)ともいわれる。

一方、内閣情報調査室への情報は、トップの兼元俊徳内閣情報官に直接もたらされた。杉本総領事(当時)から内々に相談を受けた外務省OBが、知己の兼元氏に連絡したためだ。
<中略>
ところが、内閣情報調査室ルートの情報もここで消え、首相や細田博之官房長官らに伝わることはなかった。事務方トップの二橋正弘官房副長官は六日の記者会見で「私は聞いていなかった」と釈明したが、官邸関係者は「兼元、二橋両氏が相談の上、首相に報告しないことを決めた」と打ち明ける。
 
 昨年末の「週刊文春」の報道で、この問題を知った首相は「聞いていない」と激怒。安倍官房長官も当時の状況を詳しく報告するとともに官邸の情報収集能力を向上させるように指示した。

 現在、首相官邸では、週一回ペースで兼元情報官が首相にインテリジェンスブリーフを実施しているほか、重要情報は随時首相に入るようになっているが、情報の取捨選択を問題視する声もある。

 十三年十二月に東シナ海で北朝鮮の工作船が自沈した事件でも発生直後に、警察当局から「北朝鮮の工作船」との情報が入ったが、首相周辺には伝わらず、首相官邸では「中国の船」という見方が有力だった。北朝鮮の拉致問題でも首相に重要な情報が上がっていない」(政府高官)との指摘もある。
(産経新聞) - 1月12日3時0分更新


 官邸だけではなく、外務大臣にも情報が上がってなかったのか。『外交を政治家なんぞに任せられるか』という傲慢さがプンプン臭ってきますね。すべての情報を官邸に持ち込めとは言わないが、本来報告すべき情報を『何らかの配慮』によって隠蔽したり、『誰かに』都合の良い結果を導き出すために情報を取捨選択すれば、政治家が下す判断は当然おかしなものになる。

 特に、対中外交はチャイナスクールの面々によって牛耳られ、中国に都合の悪い情報を上げなかったであろう事は想像に難くない。日本の国益よりも中国様の利益を追求しようとする外務官僚が跋扈すれば、ODAで何兆円も毟り取られた挙句、核弾頭搭載可能なミサイルを日本の主要都市に向けられたり、中国の軍拡に転用されたりするわけだ。

 もちろん、このような状況は以前から明らかになっていたにも関わらず、面倒な事は官僚に任せっきりにし、問題を放置してきた政治家の責任は重い。が、選良として胸を張るキャリア官僚の責任も重い。プライドだけ高くて、やってる事が外国の工作活動なんてシャレにもならない。官僚は誰が為に存在するのか。自らの存在を履き違えてはならない。

 完璧な情報収集体制なんてありえないかもしれないが、情報機関の一元化も含めて、今後、情報収集体制について検討する事が急務だ。合わせてスパイ防止法の制定を急ぎ、やりたい放題の国益を損ねる行為にストップをかける必要がある。まずはチャイナスクールの影響力を排除せよ。外務省が自浄作用を発揮する事が最善だが、出来なければ官邸主導で叩き潰して欲しい。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:公務員を考える - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。