管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スペインで江沢民起訴? 『チベット人大虐殺の罪』
 現在進行中でチベットを占領、弾圧し続ける中国。国際社会の非難の声が高まっているものの、国連の常任理事国である中国を罰することは難しく、現在もチベットの人権に改善は見られない。そんな中、江沢民ら中国の指導者が告訴され、それを受理して審理入りした勇気ある(?)国があるようです。まずこちらをごらん下さい。(sankei webから以下引用)

スペインでチベット「虐殺」審理へ 当時の中国首脳らを告発

 スペインからの報道によると、マドリードにある全国高裁は10日、中国によるチベット支配で多数が殺害されたとして、中国の江沢民前国家主席や李鵬元首相ら7人を人道に対する罪などで告発した非政府組織(NGO)の訴えについて審理入りを決めた

 告発したのはマドリードにあるNGO「チベット支援委員会」など。中国がチベットを統治下に組み入れた1951年以降、100万人以上のチベット人が殺害されたり、行方不明になったりしたと指摘。7人はチベットでの大量虐殺や拷問を認めたと主張している。

 全国高裁の予審判事は昨年9月、いったん訴えを退けたが、同委員会などが上訴。同高裁は10日「訴えは大量虐殺があった可能性を示しており、取り調べの必要がある」と判断した。

 スペインの法律は人道に対する罪について、外国で行われた場合でもスペインで裁くことを認めているが、最高裁は2003年、審理できるのは被害者にスペイン人が含まれている場合に限られるとの判断を示した。しかし、憲法裁が昨年10月、スペイン人の被害者がいなくても大量虐殺について審理できるとの新見解を示し、今回の審理入りに道を開いた。

(共同)

(01/11 09:39)


 すげえ・・やるなあスペインは。外国の元首や首脳が告訴され、それを受理するなんて何だかとんでもない話のようですが、実は以前にもスペインでは外国の元首が告訴され、なんと逮捕することを決定し、実行した事があります。

 スペイン当局は、南米チリの独裁者であったピノチェト元大統領を『チリ在住のスペイン人弾圧』という罪に問い、当時イギリスに滞在してたピノチェト氏を逮捕するよう、インターポール経由でイギリス当局に要請。紆余曲折がありながらも、受けたイギリス当局はピノチェト氏を逮捕しました。

 その後、スペインへ引き渡すかどうかで喧々諤々の議論が行われ、一旦は引渡しが決定しましたが、ピノチェト氏は病気を理由に裁判を受けられないと主張し、これが認められてチリに帰国するという前代未聞かつ驚天動地の騒動を巻き起こしたことがあります。

 結果的にスペインで裁かれることは無かったわけですが、このスペインの動きがきっかけで、チリ国内で絶対的な権力を保持し、誰も手出しできないと思われていたピノチェト氏は、帰国後さまざまな裁判にかけられることになり、昨年末には氏の家族を含めて財産の差し押さえをくらいました。

 今後、スペインでチベット虐殺などに江沢民氏らがどの程度関与していたのかを調査し、容疑(?)が固まれば、前回のピノチェト事件と同じくインターポールに逮捕を要請するかもしれません。外遊中に欧州のどこかで逮捕!なんてことになれば、ものすごく面白いわけですが、実現する可能性は低いでしょう。

 しかしながら、スペインの司法が江沢民氏などに罪ありとする、あるいは逮捕するに足る理由を発表することは、大きな衝撃をもって国際社会に受け止められるでしょう。中国政府はチベット人を虐殺している、と。

 常任理事国に対して、国連や関係機関による制裁のメカニズムがほぼ機能しない現状では、このようなイレギュラーな手段で対応するしかない。たとえスペインで裁くことが出来ないとしても、ピノチェト氏のようにこの事がきっかけで、チベットの人権状況が改善され、いつか中国国内で裁かれる日が来るかもしれない。その意味で、きっかけを作ろうと行動を起こしたスペインに拍手を送りたい。

 だけど見てみたいなあ。警官に両脇を抱えられてうろたえる江沢民の姿を。


関連カテゴリー:チベット問題
参考リンク   :アウグスト・ピノチェト Wikipedia


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済

韓国暴力デモ香港に再上陸 『無罪じゃなきゃ暴れる』
 昨年12月に香港を席巻した韓国の暴力デモ隊。暴れに暴れて香港の秩序を脅かし、逮捕起訴された11名の韓国人に本日、判決が言い渡されます。おそらく刑は軽いものになると思われますが、納得できない人々がいるようです。こちらをごらん下さい(朝鮮日報から以下引用)

民主労総「韓国デモ隊の無罪判決促すデモを計画」

 全国民主労働組合総連盟(民主労総)は、香港裁判所が韓国のデモ隊に対して早期に迅速な無罪判決を下さなければ、再び300人規模のデモ隊を香港に派遣し、大規模デモを行うと9日、明らかにした。

 チョン・ジェファン民主労総委員長は「11日の裁判でデモ隊が無罪釈放されない場合、20~22日の間に300人を派遣するなどして遠征デモ隊を再度派遣する」と明らかにした。

 最近、保釈されたデモ隊11人は現在、香港九龍地域の尖沙咀フェリーターミナル前にテントを貼り、無罪判決と世界貿易機関(WTO)反対を主張し、日本人1人と共に5日目の断食座り込みを続けている。

 デモ隊の裁判傍聴と支援のために8日午後香港に到着した権永吉(クォン・ヨンギル)民主労働党臨時代表と姜基甲(カン・ギガプ)、段炳浩(タン・ビョンホ)議員は9日午後、香港警察を陣頭指揮する黄仁龍律政司司長(法務長官)に面会し、デモ隊に対する公正な裁判を求めた

朝鮮日報


 『無罪判決じゃなきゃあ、もう一回デモ隊を送り込む』って・・おかしいなあ。以前は『罰金刑なら良いが、実刑は嫌だ』なんて言ってたのに、今度は『無罪にしろ!』ですか。ナメられてますねえ、香港当局は。で、このチョン委員長はこんな事も言ってます。

「第2次遠征闘争を平和裏に進める予定だが、デモの当事者たちの感情が激化すれば、指導部もこれを統制することができない」(朝鮮日報社説


 『暴れちゃうかもよ?』と恫喝。こりゃあ怒ったほうがいいですよ。香港当局は。以前のエントリーでも指摘しましたが、香港当局は本来、『暴動』の罪を問うても何ら問題ないのですが、あくまでも『過激なデモ』という表現によって、罪を軽くしてやろうとしています。なのに、罰金刑も嫌だ!無罪にしろ!じゃあ筋が通らない。行き過ぎた要求だ。

 ちなみに香港で暴動の罪に問われると、こんな刑が科せられることになります。

デモ隊が角材や鉄パイプを持ちだして警察と対峙すれば「暴動」と規定されて14年以下の懲役に処し、「占拠」という言葉が出たり、角材を持って出かけるだけでも処罰する厳格な公共秩序法がある(東亜日報


 はい。まさに前回の状況そのままで『暴動』と規定して何ら問題は無いですね。対峙したどころか、警官隊を角材や鉄パイプでドツキまくってましたから。警官隊には64人ものけが人が出てますし。(朝鮮日報)

 『少しでも配慮すると、際限なく要求を高める』という朝鮮民族の習性を中国の為政者達は理解していますが、香港当局は知らないんでしょうか。こうなったら『暴力デモ』という前提を『暴動』に格上げするしかないと思う。かなり重い刑を科すぞ!という姿勢を見せないと、こいつらは思い上がるだけだ。

 香港当局に私から一つアドバイスをしておきましょう。また暴徒が押しかけるようですから、再度、暴れる事を許すことは香港の法と秩序の否定に繋がりかねない。よって、こんな声明を発表してはどうでしょうか。

再度暴れるなら、厳重な報道規制を敷いた上で、人民解放軍に出動要請する。


 と、こんな感じで。さすがにどんなバ○でも恐怖の人民解放軍の恐ろしさは知ってますから、暴れる気を起こす事はないでしょう。万が一、この警告を無視して暴れるようなら、ホントにやっちゃえば良い。存分に思い知らせてやんなさい。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。