管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞の主張 『日本の言論人の殆どは中韓の傀儡だ』
 朝日新聞が怒っている。何に怒っているか。昨日の小泉総理の年頭記者会見の内容に。本日付の社説にて、朝日新聞が持てる力のすべて、印象操作、レトリック、レッテル貼り、主体性の消去などを駆使し、小泉総理への批判を展開しています。こちらをごらん下さい(asahi.comから以下引用)

首相年頭会見 私たちこそ理解できぬ

 これほど理解力が足りない人が、内閣総理大臣を続けていたのだろうか。そう思いたくもなるような光景だった

 年頭の記者会見で、小泉首相は自らの靖国神社参拝に対する内外の批判について、5回も「理解できない」を繰り返した。

 「一国の首相が、一政治家として一国民として戦没者に感謝と敬意を捧(ささ)げる。精神の自由、心の問題について、政治が関与することを嫌う言論人、知識人が批判することは理解できない。まして外国政府が介入して、外交問題にしようとする姿勢も理解できない」

 理解できない言論人、知識人とは、新聞の社説も念頭に置いてのことだろう。全国の新聞のほとんどが参拝をやめるよう求めている。「理解できない」と口をとがらせるよりも、少しは「言論人」らの意見にも耳を傾けてはどうか。

 首相は、日本を代表する立場にある。一政治家でも一国民でもない。私的な心情や感懐より公的な配慮が優先することは言うまでもない

 私たちは、一般の国民が戦争で亡くなった兵士を弔うために靖国に参る気持ちは理解できると繰り返し指摘してきた。

 一方で、戦争の指導者であるA級戦犯をまつる靖国神社に首相が参ることに対しては、国民にも違和感を抱く人は少なくない。まして侵略を受けた中国や、植民地だった韓国に快く思わない人が多いのは当然だとも考える。

 言論人や知識人の多くが首相の参拝に反対するのは、こうした理由からだ。

 会見の次のくだりも理解しがたい。

 「靖国の問題は外交問題にしない方がいい。私は交渉の扉を閉じたことは一度もない。一つの問題があるから中韓が会談の道を閉ざすのはあってはならない」

 首相は忘れたのだろうか。靖国参拝が「外交問題」になったのは、首相自身が01年の自民党総裁選の公約に「毎年8月15日の参拝」を掲げ、「心の問題」を政治の問題にしたからだ。日本遺族会の支持を得る狙いだったはずだ。

 中韓の反発などで、結果として終戦記念日の参拝はしていないものの、今度は毎年1回の参拝が信念だと譲らない。自ら火種を持ち込んでおきながら相手を批判し、「外交問題にしない方がいい」と説くのはいかにも身勝手である。

 深刻なのは、9月に首相が任期を終えた後も、こうした事態が続く可能性があることだ。

 たとえば、ポスト小泉と目される一人、安倍晋三氏は、官房長官に就く前に月刊誌にたびたび登場し、「だれがリーダーとなったとしても、国のために尊い命を犠牲にした人たちのために手を合わせることは、指導者としての責務だと思う」と首相の参拝を強く支持してきた。

 次の首相を選ぶ自民党総裁選が控えている。荒れ果ててしまったアジア外交をどう立て直すのか。その具体策こそが問われるべきであるのは、だれにでも理解できることだ


 うーん・・今日も朝日は元気ですね。冒頭から『これほど理解力が足りない人が、内閣総理大臣を続けていたのだろうか』と、ぶっ飛ばしていますが、私はこう思います。『これほど理解力が足りない人が第4の権力であるマスコミ、それも日本を代表するクオリティーペーパーの社説子を続けていたのだろうか』ってね。

 で、『少しは「言論人」らの意見にも耳を傾けてはどうか』には笑わせていただきました。確か、朝日新聞は昨年末28日の国立追悼施設建設に関する社説で『世論は賛成なのに』と題して、世論が賛成しているのだから施設建設を検討しろ!なんて電波放出してましたね。あれ?もう世論頼りはやめですか?また『無知蒙昧で愚昧な大衆を啓蒙かつ教導する』というスタンスに戻っちゃったの?違いますよねえ。最近、靖国参拝への賛否が賛成多数に傾いてるから、自分に都合よく世論を盾に出来ないからでしょ?それとも、世論調査の掲載方法(印象操作)を巡って、再度内ゲバが勃発するのを恐れているんでしょうか。

 続いて、靖国参拝に反対する理由について『侵略を受けた中国や、植民地だった韓国に快く思わない人が多いのは当然だとも考える』と来て、『言論人や知識人の多くが首相の参拝に反対するのは、こうした理由からだ』と、大衆を啓蒙してくださる有難い言論人、知識人様がこぞって参拝に『中韓への配慮』で反対しているかのような印象操作。私にはそうは思えませんがね。言論人、知識人と呼ばれる方々で、朝日と違う見解をお持ちの方は是非、朝日新聞に抗議の声を。

 後半に入って、小泉総理が『靖国参拝を外交問題にしないほうがいい』と言ったことに噛み付いて曰く『靖国参拝を外交問題にしたのは小泉総理自身』と、まるで小泉総理以前は靖国参拝が問題ではなかったような書きっぷり。おかしいなあ。靖国参拝を問題視し、中国にご注進して火をつけ、外交問題にして煽りまくったのは朝日新聞なんだけどなあ。また他人のフリですか。

 最後には昨年、安倍官房長官をねつ造までして失脚させようとして失敗し、逆に世論からの強い反発を受けたのにも関わらず、一言の謝罪もしない卑怯者のくせに、性懲りも無く安倍氏を攻撃ですか。『誰にでも理解できること』ではありませんね。朝日新聞の主張は。


 関連エントリー:朝日新聞への鎮魂歌 第2楽章


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

小泉総理 年頭の初釣果は潘基文外相
 昨日、小泉総理が官邸にて、年頭の記者会見を行いました。当然のごとく、いずれかの反日マスコミによって靖国参拝に関連する質問がされました。質問を受けた小泉総理の発言をごらん下さい。(共同通信から以下引用)

靖国で中韓の姿勢批判 首相、年頭記者会見

 小泉純一郎首相は4日午前、首相官邸で年頭の記者会見を行い、自らの靖国神社参拝をきっかけに中国、韓国が首脳会談を拒否していることについて「一つの問題で他の交渉の道を閉ざすべきでない」と厳しく批判。「日本はいつでも話し合いに応じる。あとは先方がどう判断するかだ」と述べ、中韓両国の歩み寄りを求めた。靖国参拝批判に対しては「外国政府が心の問題に介入して、外交問題にするのは理解できない」と反論、両国の一層の反発を招くのは必至とみられる
<以下略>


 以前からの主張と同じく、ボールは中韓にあるという答え。何度聞いても同じ事を言うのがわかってるくせに、毎回質問するマスコミの悪意を感じますね。記事最後の『両国の一層の反発を招くのは必至とみられる』って、両国の反発を招きたいのはあんたら反日マスコミだろ?もうさ、毎回質問するのも面倒だろうから、顔に刺青でも入れれば?『靖国参拝しますか?』って。

 聞かれなければ答えないし、答えなければ記事にならない。記事にならなければ、いちいち反発しないで済む。年初から早速釣られちゃった人がいらっしゃいます。こちらをどうぞ。(asahi.comから以下引用)

「正確な歴史認識を」 韓国外相、年頭の首相発言に反発

2006年01月04日13時03分

 韓国の潘基文(パン・ギ・ムン)・外交通商相は4日の定例記者会見で、小泉首相が年頭会見で靖国神社参拝に対する中国と韓国の批判を「理解できない」などと発言したことについて「日本政府の指導者が周辺国の考えに真摯(しんし)に耳を傾けて正確な歴史認識を持つように願う」と反発した

 潘外交通商相は、発言の具体的内容は把握していないとしたうえで「日本政府は歴史認識に対する正しい立場を持って関係国の信頼を受ける努力が必要だ」とした。


 入れ食いです。総理の発言から僅か数時間で潘基文氏の談話を取り付け、記事にするという早業。予定調和ですねえ。ホントは総理発言の前に潘氏の談話を取ってあったんじゃないの?朝日さんよ。

 冗談はさておき、この潘基文外相の発言には注目すべき点があります。それは、『具体的内容は把握していない』のに、従来どおり『正しい歴史認識を持って云々』と言っている点。小泉総理が参拝について、どのような説明をしたのか知らないのにも関わらず、です。

 要するに韓国は、日本の首脳が靖国参拝そのものをやめない限り、同じ発言『正しい歴史認識を持て』を繰り返すという事だ。そうです。どんな説明をしたって韓国は反発するって事を証明したに過ぎないのです。あれ?でも、ちょっと待てよ。日本には『小泉総理の説明が足りないから云々』と言って批判している人たちがいるなあ。変だなあ妙だなあ。最近、こういう批判をよく聞くなあ。

 おい。総理の言葉が足りないとか言って批判してる政治家、マスコミ人士よ。これで理解しましたね。韓国(中国も)は靖国参拝への説明など求めていないのだ。参拝、もっと言えば靖国そのものを否定しているのだから。今後『説明が足りない』なんて批判したら、遠慮なく曝しあげるのでよろしくね。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。