管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今度は日韓共催オリンピック? 『ヤダ!絶対ヤダ!』
 本日付の韓国の東亜日報に、実に恐ろしい記事が掲載されています。東亜日報の論説委員が、朝日新聞の若宮論説委員に宛てた手紙という形式で書かれたこの記事をごらん頂きましょう。(東亜日報から以下引用)

韓日ワールドカップ、韓日オリンピック

JANUARY 04, 2006 03:03


若宮啓文・朝日新聞論説主幹様。

新年のあいさつを兼ねて、お手紙差し上げます。若宮氏は10年前、韓日ワールドカップ共同開催を主張する社説(1995年6月21日付)を直接書かれました。当時の韓国と日本は、単独開催に向けて国家のプライドと命運をかけて争っている時でした。共同開催という話自体が、卑怯で無謀に思われた時でした。

しかし結局、歴史を変えることになりました。世界サッカー協会(FIFA)のルールにまで手を加える共同開催が、現実に実現しました。若宮氏は、ソウルの開幕式に招待され、「太極旗(テグクキ、韓国の国旗)と『日の丸(日章旗)』が並んで掲揚された時、鼻先がジーンとする感動を受けた」と、回顧していましたね。

感動の嵐でした。2002韓日ワールドカップは実現し、両国は画期的に変化しました。まず、韓国で「米国よりも良い日本」という好感がわき上がり、日本でも「ヨン様」ブームで、韓流熱風が吹き荒れました。一日に1万人以上が行き交う隣国に発展し、金浦(キンポ)~羽田航空路線までできました。

しかし正直に言って、韓日国交正常化40周年の昨年、「友情の年」はさびしく終わりました。行事は相次いだものの、友情が感じられないケースが多くありました。靖国神社の参拝や独島(ドクト、日本名竹島)問題が、そうさせてしまいました。両国の外交官たちは、好転の糸口を見出せない韓日関係に、ため息だけをついています。ポスト小泉首相と呼ばれる安倍晋三、麻生太郎氏のような右派政治家たちの発言は、展望を暗うつにさせるだけです。

10年前、韓半島専門家の小此木政夫慶応大学教授も、共同開催を積極的に支持していましたね。その方の還暦の会が昨年末、ソウルで開かれました。ソウルの知人たちの意義深い集まりでした。私も参加して、共同通信の平井久志ソウル特派員の隣に座りました。その時、平井特派員が、驚くべき興味深い話をしてくれました。

「釜山(プサン)が、2016年後のオリンピックを念頭に置いて、国際オリンピック委員会(IOC)総会の誘致に乗り出している。日本の福岡も、2016年オリンピックを誘致すると宣言した。釜山と福岡は姉妹都市で、快速船で2時間30分しかかからない距離だ。両都市が共同開催すれば、どれほど素敵だろうか。」

確かに両都市は、1989年10月に姉妹都市となりました。交換形式で市職員を派遣し、勤務させています。福岡にある朝日新聞西部本社の山西清芳スポーツ部長が私に、「釜山の歯科医院に通う福岡の人がいる」と言ったように、航空便で1時間以内の距離です。

釜山は独自でオリンピックを取ろうとするよりも、福岡と手を握るのが有利です。同じく福岡も、すでに誘致宣言をしている東京と単独で競争すれば、力に余ることでしょう。これこそ21世紀型「グローバリズム」の真髄ではないかと、ふと考えました。国境を越えグローバル(global)に、隣国の地方(local)都市が手を取り合うのです。

2016年なら、10年後の話です。それが難しければ、2020年に修正して、共同開催を狙っても、悪くはないと思います。その間、韓日関係が政治問題に縛られ、若宮氏の表現どおり「時々くもり」になっても、オリンピックの包帯で巻いた両国関係は、「おおむね晴天」の友情のこもった隣国に進むのではないでしょうか。

さらに、ワールドカップの時のように、国境を越えた都市と都市でオリンピックを共同開催する新しい21世紀の水平分業的な国際関係として、模範を示す韓日関係になるのではないでしょうか。恩讐の歴史を越えて、加害と被害の不幸だった過去から立ち上がり、和解と互恵協力に進む関係です

金忠植(キム・チュンシク)論説委員


 寒いっ!実に寒い・・ああ、悪寒が・・朝日め、こんな事を画策してやがったのか。日韓W杯が『感動の嵐』だったって?冗談を言っちゃいけない。日本国内では気持ちの悪い提灯記事や番組が溢れていましたが、ネットユーザーは知ってますよ。韓国では日本が負ければ拍手喝采、開会式では日の丸の意匠を勝手に変な形(韓国では生理ナプキンの意)で登場させ、訪韓された天皇陛下を侮辱した。

 『米国よりも良い日本という好感がわき上がり』とは恐れ入る。親日派であったというだけで、財産を没収されたりする法律を作ったり、少しでも日本を良く言っただけで社会的に抹殺されるという、世界で最もラディカルな反日国家が何を世迷言を。

 すべての大会ロゴに『Korea Japan』と書かれていたために、欧米の人に『日本の韓国という都市』で開催されたW杯という誤解を与え、韓国側が行った審判買収、選手への暴力行為、相手チームへの侮辱行為を日本の所業であると勘違いしている人もいた。私自身、イタリア人にからまれた事もあった。

 都合よく『グローバリズム』という聞こえの良い言葉を使っているが、要するに、韓国選手が活躍しそうな種目、あるいは大量に観客動員が見込める競技だけを誘致しようとしてるんだろう。韓国では抗議が殺到して放送できないパラリンピックなんかを日本に追っつけてさ。
 
 ホント、冗談じゃありませんよ。またあの気持ち悪く、頭にくる出来事が再現されるのかと思うと。私は絶対に嫌だ。断固反対絶対反対。早いところ北朝鮮か中国に併合されてください。そうすれば実現しないから。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

台湾よ、自信を取り戻せ 
 昨年最後のエントリーにて、2006年は中国、韓国との感傷的な『友好』を終わらせ、インドとの関係を強化するべきであると書きました。広大かつ多様な地域である『アジア』を眺めてみると、自由、民主主義などの基本的価値観を同じくし、昇竜のごとく立ち上がって豊かになり、かつて同じ日本人として時代を共に生きた人たちがいる国があります。そう、台湾です。

 先の大戦が日本の敗戦に終わり、不幸にも別離する事となった日本と台湾。国共内戦に敗れた国民党政権が台湾を占拠し、悪政に怒りの声を上げた台湾の人々に国民党政権は弾圧をもって応えた暗い時代もありました。その後、本省人の李登輝氏の総統就任により民主台湾が誕生し、大陸を実効支配している中国共産党に対して、中華民国(国民党)こそが中国の統治者であるという虚構の主張を捨て、台湾という国のかたちが見えた当時、もうこの流れは止まらないと私は確信していました。

 しかしながら、中国の度重なる軍事的恫喝、急激な経済成長を背景とした軍拡の恐怖、怒涛のごとく中国大陸に進出した多くの台湾企業を人質に取られたかたちとなっている近年、元々大陸出身である外省人が中心となって、中共に宥和的な空気が蔓延しつつある台湾では、戻らないと思われた流れが逆流するかもしれないという懸念を抱いております。

 本省人の代表としての民進党は中共に宥和的な国民党などに選挙で負ける事が多くなり、中国の軍拡に対抗するための軍備増強予算が議会で長い間承認されないといった異常な事態を招いていましたが、昨年末、米国議会によって公表された中国の軍拡の実態、特に海軍の軍拡が著しく、パワーバランスが急激に中国へ傾斜しているという事実を突きつけられ、ようやく事が前に進む運びとなり、ひとまず安心していましたが、中共への宥和的な空気が払拭されたとは決して言えない。

 民進党は昨年12月に行われた統一地方選に敗れ、陳総統は一時雲隠れするほど憔悴しきっていたようですが、同月24日に日本と『準戦略パートナーシップ』を結ぶ意向を示す文書が公表されたり、新年あけて2日には台湾の新憲法制定を目指す方針を明らかにするなど、少し元気を取り戻したように見えます。

 その背景には、前出の中国の軍拡の実態が明らかになったことに加え、昨年の東アジアサミットにて、日本が『自由・民主主義』を強調した形で中国に対抗する姿勢をみせたことも一つの要因だったのかもしれません。日本が旗頭を鮮明にする事によって、勇気づけられる国は沢山ある。もちろん台湾はその一つです。

 私は台湾の人々、特に本省人の人々に言いたい。有史以来、民主的であったことの無い中国において、台湾は突如この世に現れた『良心』であり、宝珠のように貴重で大切な存在です。中国の人民が欲しいと願う『民主』が台湾にはある。おもった事を口にしても弾圧されず、常に権力に怯えて生きる必要が無い事は、どれだけ大陸の人々にとって羨ましいことでしょう。もう一度良く考えて欲しい。中国大陸に『民主』は無いのです。

 一国二制度などという、聞こえの良いスローガンをどうか信じないで欲しい。台湾の併合に向けたモデル地区としての香港でさえ、中共の姦計によって民主化は実現されず、結局一党独裁の支配下に置かれてるではありませんか。手放してはいけない。あなた方が持っているものは本当に得がたい。私は民主台湾が中共に飲み込まれる姿を見たくない。

 これから日本の外交は『自由・民主主義』という価値観の共有に重きを置いた形を鮮明にしていくでしょう。これは決して台湾を見捨てないという意思表明に他ならない。膨張する中国は確かに恐怖です。でも、恐れず、勇気を持って立ち向かって欲しい。私の力は微少ですが、日本政府が台湾を見捨てないよう、現在の路線を継続、発展させるように要求し続けます。こう思っている人は日本に沢山います。だから自信を持ってください。民主を手に入れたあの頃のような自信を取り戻して欲しい。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。