管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄教授論文ねつ造問題 『さらに泥沼化へ・・』
今年もあと2日を残すのみとなりました。拙宅ではようやく大掃除に着手しましたが、へたをすると来年までかかりそうです・・。ああ、早く風呂に入って温かいベロ酔い水を飲みたいなあ・・と、ぼやきはこのくらいにして、あまり目新しいニュースが無く、ネタに詰まり気味ですが、何とか垂れ流してまいります。

 先日から何度も取り上げてきました韓国の黄禹錫氏によるES細胞論文ねつ造問題。所属していたソウル大の調査によってねつ造が確定したことを受け、徐々に細部のディティールが見え始めてきました。まずこちらのニュースをご覧下さい。(朝鮮日報から以下一部引用)


<前略>

幹細胞すり替え疑惑と関連、MBCは9時のニュースで、尹賢洙(ユン・ヒョンス)漢陽(ハニャン)大学医学部教授の発言を引用、「カビで幹細胞が汚染されると、黄教授側がミズメディ病院の受精卵幹細胞にすり替え、偽装していた可能性が高い」とし、黄教授チームの「自作自演」の可能性を提起した


 作成したとされるES細胞と患者(ドナー)のDNAが一致しないと言う指摘がされ、黄氏は何者かによってすり替えられたと主張していましたが、逆に黄氏側がすり替えた『自作自演』かもしれない、と。なんだかなー・・誰もホントの事を言ってない気がする。

 次に『すり替えた』と指弾された米・ピッツバーグ大のキム・ソンジュン氏に関連する記事をご覧下さい。(Yomiuri Onlineから以下一部引用)

ES細胞ねつ造、黄チームが暴露の研究員に口止め料

 【ソウル=中村勇一郎】韓国の黄禹錫(ファン・ウソク)ソウル大教授が論文をねつ造していた問題で、ソウル大の調査委員会は27日、黄教授の研究チームが、ねつ造を暴露した研究員(34)に対して、3万ドルを渡していたと明らかにした。

 研究員はその後、証言を覆しており、「黄教授の指示による口止め料」との指摘も出ている

 調査委などによると、黄教授の研究チームに所属する教授2人が先月と今月初めに渡米し、米ピッツバーグ大に派遣されていた研究員に計3万ドルを渡した。

 この研究員は今年10月、韓国のテレビ局の取材に対して「黄教授の指示でデータを偽った」と論文ねつ造を示唆していたが、現金を受け取った後のインタビューでは「脅されて事実と違うことを言った」と証言を覆した

 研究員はその後、ねつ造を再び証言し、調査委に対しては「現金は父親が受け取った」と説明しているという。

 教授の1人は3万ドルについて「研究員が入院したための治療費」などと説明しているが、研究員は疲労で約1週間入院しただけだった。<以下略>


 この研究員(キム・ソンジョン氏)の証言がそもそもの騒動の発端だったわけですが、証言を二転三転させて混乱を招いていました。そうですか。やっぱり金を貰っていたんですね。また、キム氏は今月中旬頃に自殺を図っていたという報道があり、金を渡したとされる黄禹錫氏の側近は自殺の報を受け、その入院費用などに使うよう金を渡したと発言していますが、先月も金を渡していることから、こちらも嘘の可能性大です。

 さて、まだまだどいつもこいつも嘘をついているので、全体像が鮮明になるまでには至っていませんが、こんな情報を見つけました。こちらをどうぞ。(中央日報から以下引用)

黄教授「箸の技術」91年に日ですでに発表

黄禹錫(ファン・ウソク)教授チームの源泉技術として挙げられるいわゆる「箸の技術」(絞り出す技術=Squeezing Method)はすでに10年前、海外で発表された技術だという主張が提起された。

26日、ディーシーインサイド科学ギャラリーサイトによると、日本の近畿大学角田幸雄教授が1991年、日本繁殖技術会報に出した論文で初めて発表した技術だというもの。

この論文によると「ガラス針で極体部位の透明帯の一部を切開し、卵子を固定用ピペットで固定したままガラス針で卵子を圧縮し、極体周辺の細胞質を10~30%圧出した」となっているが、これは黄教授チームの「絞り出す技術」と同じだと同サイトネチズンは主張している。

また「角田教授は1992年、日本畜産会報に出した論文でもこの技術を使っており、韓国でも1990年代初め高麗(コリョ)大でこの方法を活用して論文を出していることから、黄教授チームでも使い始めたとみられる」とし「もう数年前に論文に発表された技術を自分の固有のものであるように言うのは恥ずかしいこと」と主張した。<以下略>



 あらら・・またお得意の『インスパイア』ですか。この箸の技術というのが黄氏の技術の骨頂であると言われていたのですが、既に日本人が発表していたものをパクッたと。黄氏はこの技術を自慢して『韓国と外国技術水準の違いはペレのサッカーと町内サッカー』なんて他国の技術者をこき下ろしていたのですが、ここでも壮大な自爆を見せてくれました。昔の人が言ったかどうかはわからないけれど、『嘘つきは朝○人の始まり』とはよく言ったものですね。みんなで嘘をつきまくって、どうやって真実や真相にたどり着くんだろう?ものすごく疑問だ。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

中共はもっとアドリブを勉強しろ
昨日、在上海日本領事館の職員自殺報道をスッパ抜かれ、世論が硬化し、ますます対中外交の変化が加速する気配を敏感に感じ取ったのか、中国政府が立て続けに日本への『反論』をしているようです。まずは事件発覚後の続報からご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

中国政府に4回抗議 上海総領事館員の自殺問題

 政府高官は28日午前、中国の在上海日本総領事館の男性職員が中国から外交機密に関する情報提供を強要されたとの遺書を残して自殺したとされる問題に関連し、外務省の佐々江賢一郎アジア大洋州局長らが中国政府に対し計4回抗議したことを明らかにした。
 抗議は、2004年の問題発生後に当時の杉本信行駐上海総領事、北京の日本大使館の堀之内秀久公使がそれぞれ行ったほか、今月19日には、中国に出張した外務省の泉裕泰中国課長、27日には佐々江局長が王毅駐日中国大使にあらためて申し入れた。いずれも外交官の身体の不可侵などを定めたウィーン条約に反するとの内容。
(共同通信) - 12月28日12時57分更新


 外務省はちゃんと仕事してます!というアピール。抗議ねえ。4回も抗議したって言いますけど、回数が問題なのか?口で言うだけなら誰でも出来ますよ。何か実害を与えるような素振りを見せてネゴをやったんですか?。やってるわけないよねえ。それと問題はこの情報を省内で留めていたことだ。何も記者会見を開いて公表しろとは言いませんが、官邸などに報告したのは最近だそうですね。外交は我々外務省キャリアのエリートに任せておけって所でしょうか。

 おっと、話がそれてしまいました(笑)。外務省はどの道ODAで金という実弾、人事も官邸に取り上げられて存在が無きに等しくなる予定ですから、あんまりいじめても仕方ないので、ここらで本題に入ります。領事館員自殺の報道から安倍官房長官の『遺憾』であるという談話を受けて、早速、中国の報道官が反応をみせたようです。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下一部引用)

中国、事実関係を否定 「情報提供強要」報道で

 【北京27日共同】中国外務省の秦剛副報道局長は27日の定例記者会見で、中国の在上海日本総領事館の男性職員が中国から外交機密に関する情報提供を強要されたとの遺書を残し、自殺していたとの一部報道について「事実に基づいていない」と述べた。<以下略>


 まあ、堂々と『私の国はスパイ活動しまくってます』なんて認める国はありませんから、否定するのはあたり前でしょうが、『事実に基づいてない』って、具体的に反論が出来ないところが痛い。じゃあ聞くが、何が事実なの?その辺を明らかにしないと反論になってませんよ?あ、マニュアル通りの対応ですもんね。自由な発言が許されない言論統制独裁国家は大変ですねー(笑)。

 この一大スキャンダルの影響を薄めたいのかどうなのか、事件発覚の同日、毎度おなじみの『すべて日本が悪い』的な批判を展開しています。こちらのニュースをどうぞ(中国情報局から以下引用)

外交部:対中感情悪化「日本側の誤った言動が原因」
2005/12/28(水) 10:27:05更新
  中国外交部の秦剛・報道官は27日の定例記者会見で、内閣府が24日に発表した「外交に関する世論調査」で、中国に「親しみを感じる」とした人が32.4%まで減少したことについて、「原因は多岐にわたるが、根本的な理由は、台湾問題や歴史問題などに関して、日本政府が誤った言動を取り続けていることにある」と主張した。

  秦・報道官は、問題があるとされる言動について詳細を聞かれると、「ここですべてを列挙するようなことはしないが、日本政府が両国の政治的な基礎に関わる問題に対して取るすべての言動が含まれる」と説明した。(編集担当:田村まどか・恩田有紀)


 ・・あのね、日本の世論が嫌中に傾いてるのは、まさにその態度にあるんですよ。何でもかんでも日本が悪いと言って恥じないその傲岸不遜極まりない態度です。中国政府がやらせた反日デモや、居丈高に日本を非難するその態度を見た日本人が、実際に感じたままを反映した結果なんですよ。日本の世論調査は中国のような言論統制独裁国家みたいに、政権が好き勝手に数字を決める事は出来ないんです。理解できたかな?(日本でも朝日のように『印象操作』で自分が欲する調査結果を導き出そうとする輩もいますが(笑))

 最近、この手の反論になってない反論みたいなものに飽きてきました。もうちょっとマニュアルの文言を増やしたらどうでしょうか。これから日本は中国に注文をつけることが多くなりますから、反論が現在の『何でも日本が悪い』の一点張りでは激しくツマらん。もしくはアドリブの出来る人材を配置するとか。あ、そんな事したら、勢いあまって自国政府を批判して中共が崩壊!なんて事になりかねないから出来ないか(笑)。でもさ、21世紀にもなって、未だに言論統制人権蹂躙宗教弾圧帝国主義一党独裁共産党国家なんて恥ずかしい。さっさと潰れろよ。中共は。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。



あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。