管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
朝日新聞への鎮魂歌 第2楽章
 年の瀬も押し迫って参りました。皆様、いかがお過ごしでしょうか。私は未だ大掃除に手をつけておらず、どうしようかと頭を悩ませております。え?ブログ書いてる暇があったら掃除すればって?ええ、仰るとおりです(笑)。が、朝日新聞が休ませてくれないようです。今日の社説にバ○丸出しじゃなかった興味深い記事が掲載されておりますので、ご覧頂きたいと思います。こちらをどうぞ(asahi.comから以下引用)

追悼施設 世論は賛成なのに

 小泉首相の約束は結局、口先だけだったのか。自分の在任中はもう検討しないと表明した、新たな国立戦没者追悼施設の建設のことである。

 安倍官房長官は、ふたつの理由を挙げた。一つは「世論が割れている」というものだ。だが、それは公平な見方とはとても言えない。

 ことし10月、首相が5度目の靖国神社参拝をした後の世論調査の結果を見てみよう。毎日新聞では新施設の建設に賛成が66%、反対が29%、共同通信では賛成が63・7%、反対が26・4%、朝日新聞の調査でも賛成が51%、反対は28%。いずれも賛成が反対を大きく上回った。

 東京で発行している新聞では読売、毎日、東京、朝日の各紙が賛成の立場だ。

 首相の宿願だった郵政民営化は、当初は世論の支持が少なかった。それを突き動かし、実現させたのは首相の説得であり、気迫ではなかったか。新施設の問題ではまったくの受け身に終始した。

 「世論の分裂」を言うなら、首相の靖国参拝の方ではないか。多くの世論調査で賛否が拮抗(きっこう)している。全国紙の論調で言えば、参拝支持は産経新聞だけだ。

 もう一つの理由は「外国に言われてつくるものではない」というものだ。

 だが、首相は忘れたのだろうか。4年前、最初に新施設の構想を打ち上げたのは、首相自身だったことを。

 01年8月、就任後初めて靖国神社を参拝した後、首相はこう述べている。「内外の方が戦没者に対して追悼の誠を捧(ささ)げる。批判が起きないような、何かいい方法がないか。今後議論していきたい」

 その秋、首相は韓国の金大中大統領に直接、新施設の検討を伝え、ことし6月の盧武鉉大統領との会談の際にも、「国民世論など諸般の事情を考慮し、検討していく」ことで合意した。

 検討するとは約束したが、つくるとは言っていないということだろうか。なんとも不誠実な対応というほかない

 日本には戦没者を悼み、平和を祈るための公式な施設がない。これをつくろうというのが首相の初心だったとすれば、私たちも大いに共感する。こじれにこじれた韓国や中国との関係をなんとか好転させたいという外交的なメッセージ、という効果も期待できたに違いない

 せっかくの構想だったのに、首相が投げ出してしまったのは残念である。その理由には納得がいかない。期待をもたせて裏切った首相の言動は、日本に対する信頼を損なうものと言わねばならない。

 先月、山崎拓氏らベテラン議員たちが新施設を求める超党派の議員連盟を旗揚げした。だが彼らも含め、首相に面と向かって意見する動きはない。聞こえてくるのは「反小泉と見られても……」「首相はどうせ人の言うことは聞かない」といった嘆きばかりだ。

 靖国参拝が深刻な外交問題になってしまったことへの心配は広く共有されている。なのに、打開のためにだれも動こうとしない。この不作為の責任は重い


 ああ、ツッコミどころ満載です(笑)。このクソ忙しい時にこんな社説書きやがって。さて、どこから手をつけようかしら。じゃあまず、小泉総理が追悼施設建設の構想をぶち上げたというところから。これは初耳ですね。まるで小泉総理が旗振り役で始めたような『印象操作』。お得意の芸ですね。あんたのところの記者がしつこく『靖国に参拝しますか?公人ですか?私人ですか?いつですか?A級戦犯がいますよ?新しい追悼施設を作るつもりは無いんですか?』って事あるごとに聞いて回り、ストーキングされた総理はウザイから『検討する』って言ったんじゃないの?一度も『建設を目指す』なんて言ってませんよ?いい加減なことを書かないでね。

 次に、『日本には戦没者を悼み、平和を祈るための公式な施設がない』と断定してますが、本来、この役割を果たすべき靖国神社に天皇陛下や首脳が参拝し難い状況を作り出した張本人が何を与太飛ばしてるんだ?朝日新聞が中国様にご注進して政治問題化したんだろう。もうすっかりお忘れですか?このアジビラが。

 続いて、世論調査で賛成がいかに多かったかを自慢げに朝日、毎日、共同を並べて書いてますが、誇らしいですか(笑)?そりゃあね、参拝直後は中韓に加えて、あなた方がトチ狂ったように総理を非難しますから、あまりこの問題に興味の無い多くの人は-

『うわー・・日本の国旗とか燃やしてる・・えー??・・旗食べてるよ・・体に良くないと思うけどなあ。あ!自分に火をつけやがった・・おっかねー。キ○ガイには関わりたくねえなあ・・ツルカメ、ツルカメ。ま、何か知らんが、箱作れば収まるってんなら、いいんじゃねえの?』


と、こんな感じで消極的に賛成したんだと思う。それに、『靖国問題を解決すれば、中韓とのギクシャクした関係は良くなる』というアナウンスをこれでもか!ってほど連発していた効果もあります。が、民主党の前原代表が『中国は脅威だ』って言っただけであちらの首脳と会談出来ませんでしたよね?この言葉に賛同した麻生氏なんかも思いっきり中国に非難されてましたけど?『靖国参拝しなければ解決』しませんよね?どう考えたって。この事実はスルーなんでしょうか。追悼施設を建設すれば『(解決が)期待できたに違いない』ってただの妄想ですから。

 そういえば、朝日新聞って『マイノリティーの意見を尊重すべきだ』とか言って、数の大小で云々する事に反対してたんじゃなかったの?無知蒙昧で愚昧な大衆を啓蒙かつ教導する大朝日新聞さんよ。自分に都合の良い時だけ大衆頼みですか。リッパな態度だこと。

 それとも『無知蒙昧で愚昧な大衆を啓蒙かつ教導する』という考え方を改めたんでしょうか。であれば、もし『朝日新聞は必要ですか』という世論調査で『別に』とか『要らない』と答えた人が過半数を超えたら朝日新聞社の解体を検討してよね。あ、検討するならば、期待を持たせて裏切ったりしないで解体してくださいね。そうでしょう?自分で言ったんだもの(嘲笑)。


関連エントリー:朝日新聞への鎮魂歌


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


と、言う事で、緊急プチ世論調査を行います。『朝日新聞は必要ですか?』YES or NO さあ、コメント欄へGO !
スポンサーサイト

テーマ:マスコミ - ジャンル:政治・経済

盧武鉉大統領 『反日に代わる支持率アップの方法めーっけ!』
 盧武鉉大統領の存在感が無い。既に次期大統領候補に関心が集まり、支持率は20%台という超低空飛行で飛び続ける盧武鉉大統領。韓国大統領の伝家の宝刀『反日』も最近の日本政府の態度の変化によってメッキリ使い難いものとなり、小泉総理の靖国参拝に抗議するという理由で会談を拒否してみたものの、会談できないということは、例え破れかぶれで反日をしようと思っても出来ない。そんな苦しい立場に置かれているようです。

 盧武鉉大統領は失地回復を狙ったのかどうなのか、存在感をアピールする新しい手法を編み出したようです。その手法とは『言い訳』。まず、こちらをご覧下さい。(Yomiuri Onlineから以下引用)

北の核保有宣言時、韓国大統領が融和政策放棄も検討

 【ソウル=中村勇一郎】26日付の韓国紙、朝鮮日報は、北朝鮮が今年2月に「核保有宣言」をした際、盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領が対北朝鮮融和政策の放棄まで検討していた、と報じた。

 同紙によると、盧大統領は、核保有宣言に対し「米韓同盟に亀裂が入るのではという非難を押し切ってまで好意的に接してきたのに、水を差すとは」と激高。大統領はさらに〈1〉対北朝鮮政策の全面転換〈2〉国民に期待を抱かせたことへの謝罪――などを盛り込んだ「宣言」を発表しようと側近らに打診した。しかし、側近らは「まだ時期ではない」といさめたため、宣言発表は見送られたという。

 その後、盧大統領はすぐに対北融和政策に戻り、経済支援を拡大するとともに、8月にはソウルで南北共同行事を開くなどの交流を進めていった。同紙は、もしこの時、盧大統領が宣言を発表していたら、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議は違う展開をたどっていただろう、としている
(2005年12月26日21時56分 読売新聞)


 ~つもりだった。~しようとした。後でなら何とでも言えますね。北朝鮮に宥和的に見えても、実はゴリゴリの親米でした!なーんていって、誰が信用するんでしょうか(笑)。こんな事を発表したら、米国に軽蔑されると同時に、盧武鉉氏が好きでたまらない北朝鮮の皆様にも嫌われますよ?中国にもね。ついでに日本にも。何考えてるんだか知りませんが、盧武鉉氏の発言は『論理的で計算ずく』なんだそうです。こちらをご覧下さい(朝鮮日報から以下引用)

「盧武鉉大統領の発言は即興ではなく計算ずくだ」

 盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は21日、APEC(アジア・太平洋経済協力会議)首脳会議の有功者招聘午餐会で、最近の香港WTO閣僚会議での農民デモと釜山APEC反対デモなどに言及した。盧武鉉大統領は「世界化が大勢の人を窮地に追い込めているが、逆らえないものは受け入れるべきだ」と述べた。盧武鉉大統領は「逆らえるものはそうするが、逆らえないものは受け入れざるを得ない」とし、「世宗大王も平民に対して天のように仕えようとしたが、実際彼の任期が終わってからは相変わらず平民は天でもなく、両班士大夫の時代であって、その時代が200年も続いた」と話した。

 盧武鉉大統領は「APECデモの際、コンテナが倒れた瞬間、その上にいた戦闘警察らが怪我をしないために飛び降りる姿を見ながら、彼らが命を落とすのではないかと心配した」と述べた。

 一方、青瓦台(大統領官邸)ブリーフィングは同日、「大統領の発言を即興的だ、思いのままに発言する」と誤解している人が多いが、これは間違っている。大統領はたとえ小さなメモひとつでも、きちんとした論理的構成の枠組みを立て、そのメモに基づいて発言している。即興的に見える発言さえ予め用意したものだ」と説明した
朝鮮日報


 そんな日和っちゃって大丈夫ですか?ホントは反グローバル、反米、デモ大好きなのに(笑)。それとも最近、レクサスとオリーブの木でも読んだのかしら?影響受けちゃったのかな?グローバル化には逆らえないって(笑)。まあ、それはともかく、論理的構成の枠組みを立て、それに基づいて発言している割には『天然ボ○』の発言が多いような気がしますね。上記事の言い訳もそうですが、自分の発言が他人にどう取られるかを考えられる人なら、あんな事言わないと思いますが(笑)。

 このようなイメージ戦略(?)を打ち出してくるということは、一応、人の目が気になるということでしょうか。本来であれば、隣人である日本人が忠告してあげれば良いのですが、そこは奥ゆかしい日本人ですから、思ったまま言っちゃう欧米の方にご登場願いましょう。(朝鮮日報から以下引用)

「無能な(lousy)大統領のせいで、韓国経済楽観できない」

 経済専門誌『フォーブス』を発行するフォーブスグループのスティーブ・フォーブス会長は24日、韓国は大統領が無能なため(lousy President)、経済状況を楽観できないと指摘した。

 フォーブス会長はこの日、FOXニュースの経済専門番組『Cavuto on Business』の討論会に出席し、他の出席者らが韓国経済について楽観的な見方を示したことに対して「韓国は無能な大統領のせいで、見通しは暗い」と語った

 フォーブス誌は米国企業の利害関係を主に代弁しており、フォーブス会長も米国内において、政治的には保守的な人物として知られている。フォーブス会長は昨年米大統領選で公開的にブッシュ大統領支持した。

朝鮮日報


 わははははは・・直球、剛速球です(笑)。一国の大統領を指して『無能』ですって。酷いですねえ(笑)。そりゃあ、こんな事ばっかり言われれば、『いっそのこと植物大統領になりたい』とぼやきたくなるわな(笑)。あ、それと余談ですが、最初にこの記事を見たときは『lousy President』ではなくて『loser President(負け犬大統領)』と読んでしまいました。ま、それはどっちでもいいけど、言い訳をする前にやるべき事が山ほどあるんじゃないですか?ねえ、盧武鉉さん。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。