管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 29 『売国勢力の大連立』
 今月16、17日と2日間に渡って行われた民主党の党大会で、全く纏まりがない党内の意見集約をトップダウンで進めていく事を表明した前原代表。外交・安全保障に関する意見の相違が激しいことに加え、前原代表が主張している公務員人件費削減に官公労出身議員から大きな反発が出ているようです。これを受けた前原代表の反応をご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

官公労出身議員の反対「認めない」=公務員制度改革で前原民主代表

 民主党の前原誠司代表は24日午後、京都市内で講演し、公務員制度改革の民主党案をめぐって党内の官公労出身議員が人件費削減に反対していることについて「公務員出身の議員が白紙に戻そうとしているが、わたしが代表である限り絶対認めない」と述べた。 
(時事通信) - 12月24日19時0分更新


 かなり強気に出てます(笑)。まあ、そもそも民主党が法案を提出したって、可決するのは与党案じゃないかというツッコミは置いといて、1本筋の通った改革案を出す事こそが、今の民主党には最も必要です。これまでは抽象的な案しか出せず、実際にやっている事といえば与党案を批判するのみでしたから、ようやく政策論で戦えるスタートラインに立ったということでしょう。

 ただ、民主党は、誰かが主張を通すと即崩壊の危機に陥る『砂の城』政党ですから、ハンドリングが難しい。うまくコントロール出来るか。早速、こんな動きが出ています。こちらをご覧下さい(asahi.comから以下引用)


前原発言は「無神経」 横路副議長

2005年12月25日18時37分

 横路孝弘衆院副議長は25日、高知市であった民主党高知県連のシンポジウムで講演し、一議員の立場としながらも、民主党の前原代表が「中国脅威論」や集団的自衛権を行使できるように憲法を改正すべきだとの考えを示していることについて「無神経な発言だ。理解できない」と批判した。

 横路氏は「(前原氏が言う)『現実的な脅威』と言うと、仮想敵国になってしまう。周辺事態で集団的自衛権を行使するとは、中国や朝鮮半島に何かあったら自衛隊が(米軍と)出かけていくということだ」と説明した。


 はい。党内左翼の親玉である横路氏が沈黙を破って登場。改めて前原氏と横路氏が同じ政党に属していることに違和感を覚えますね。で、この集会は民主党の県連が開いたものと書かれていますが、何のことは無い。ただのブサヨのプチ集会です。高知新聞に集会の詳細が掲載されていますが、前原路線への批判一色で塗り固められた旧社会党の面々による糾弾大会だったようです。

 その一部を紹介しましょう。(高知新聞から以下一部引用)

「九条改正は国の『かたち』にかかわる」

「現実とのギャップを埋める改正は認められない」

「九条改正は、首相の権限強化や基本的人権の制約につながる」(横路氏)

「憲法改正は文明や歴史、倫理、国家観など、国民が共通の価値観を持った上で議論すべきだ」(平野貞夫元参院議員)

「民主党と平和憲法を守る政党が一緒になり、自民党の改憲案に反対する力の結集を」(坂本茂雄県議)


 うーん・・香ばしいですね(笑)。この手の人たちって、ホントに日本が自衛力を持っていること、または強化する事が嫌なんでしょうね。現実とのギャップを埋める改正は認められないって・・ああ、頭が痛い・・。要するに、憲法改正に反対しているんじゃなくって、日本が自衛力を保持してること自体に反対なんでしょ?自衛の戦力を保持しているのに、していないことになっている現行憲法はおかしいから改正しましょうという事なのに、ギャップを埋める事に反対なんて、そう考えているとしか思えない。

 で、平野議員が言う国民の価値観を統一してから憲法改正の議論を始めるべきってのは、要するに議論自体を始めるなと言ってるに等しい。憲法改正には国会の3分の2以上の賛成が必要という大きなハードルがあり、さらに国民投票によって過半数の国民が賛成しないと実現しない難事だ。この高い壁を乗り越える改正案なら、国民は受け入れるでしょう。全国民が賛成するなんて全体主義国家でしか起こりえない茶番です。

 と、まだまだブサヨの皆さんにツッコミたい事は山ほどあります(笑)が、坂本県議が『民主党と平和憲法を守る政党が一緒になり、自民党の改憲案に反対する力の結集を』と主張したことに関連して、マスコミにおだてられ、未だに大物気取りの田中真紀子氏が何か言ってます。どうぞ。(Yahoo ニュースから以下引用)

前原氏には一切協力せぬ=「小沢代表」を待望-田中元外相

 田中真紀子元外相は25日午前のテレビ朝日の番組に出演し、自身の所属会派である民主党の前原誠司代表が憲法や外交・安保問題で自民党内の強硬派に近い考えを示していることについて「全然、支持していない。今、(前原氏が)表で言っている状態であれば一切協力しない」と述べた。
 その上で、同党の小沢一郎前副代表について「一度登板していただいたらどうかとかねがね思っている」と語り、次期代表には同氏が望ましいとの考えを示した。また「安全保障、教育問題、同じような考えを持つ人は野党にも与党にもいる。勇気を持って政界再編をしたい」と述べた。 
(時事通信) - 12月25日15時0分更新


 このバ○アじゃなかった田中氏は無所属議員ですよね?『前原氏には協力できない』って、そんな大きな力をお持ちなんですか(笑)?『小沢氏に登板していただいたらどうか』には笑いが止まりません。節操のない人だ。小沢氏はお父上の角栄氏を追い出した経世会その物の存在じゃないですか。前回は福田派の流れをくむ小泉氏と共闘し、今度は小沢氏ですか。呆れますね。んでもって、政界再編をしたいんですか。そうですか。

 いいよ。横路氏、民主左派、小沢氏、田中氏は荷物をまとめて社民党と合流して売国連合体を結成しろ!それではっきりさせれば良い。国民がどちらを選ぶのかを。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

対中感情悪化 『覇道を捨て王道に戻れ』
 日中関係がギクシャクしていると言われる現在、主に政治の分野で『政冷』と言われて久しくなりました。そんな中、内閣府が中国に関する世論調査を行いました。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下一部引用)

広がる嫌中意識 親しみ感じない63.4% 内閣府調査

 内閣府が二十四日発表した「外交に関する世論調査」によると、中国に「親しみを感じる」と回答した人は32・4%と前年より5・2ポイントも減少、この質問を始めた昭和五十三年以降、最低となった。逆に「親しみを感じない」とした人は63・4%(前年比5・2ポイント増)と過去最高になった。また、日中関係を「良好と思う」と感じている人は19・7%(同8・4ポイント減)と10%台に転落。「良好と思わない」は71・2%(10・2ポイント増)にものぼった。 
 「政冷経熱」と言われる日中関係だが、四月の反日暴動や小泉純一郎首相の靖国神社参拝に反発する中国の姿に、日本国民の間で「嫌中意識」が広がっていることが裏付けられた。


 朝日などの反日メディアによる(中共のための)広報もむなしく、世論は敏感に反応しているようです。中国政府が日本に対する反発を強める時には、『日本が悪い』、『小泉総理の靖国参拝が問題だ』、『その言葉は日中友好に反する』などと、必ず日本側に責任があると言い続けてきたのにも関わらず、です。

 インターネットが普及する以前もこの手の世論調査は行われてきましたが、欧米などで対中感情が一気に悪化する事となった民主化を求めた学生達を弾圧した『天安門事件』直後の調査でも、日本では対中感情は悪化しなかったそうです。このことは何を意味するのか。

 それは、中国の代弁をする政治家、マスコミなどによって管理されていた中国に対する『イメージ』が、インターネットの普及によって徐々に綻びが見え始め、奇麗事だけではない中国の真の姿が徐々にではありますが、日本国民の前に現れた結果です。自ら欲する情報を手に入れる事が出来るようになった今、従来のマスコミなどによる一方的な情報の垂れ流しは通用しなくなった。

 中国に親しみを感じるか否か。実に大雑把な質問なので、断定することは避けたいと思いますが、親しみを感じると答えた人の構成は、マスコミによる情報の垂れ流しをそのまま受け取っている。あるいは、何らかの『固定観念』に縛られ、目の前にある現実が見えていない。後はごく少数でしょうが、弱みを握られて工作員になっている。と、こんなところでしょうか。

 また、この質問を『現代中国、あるいは中共に親しみを感じるか』と限定すれば、もっと違う結果になったと思います。私は中共は大嫌いですが、中国料理は大好物です。海外旅行をした時に、現地の料理に飽きれば、世界中何処にでもある中国料理店に入り、慣れ親しんだ味にホッとする。中国の歴史小説なども好んで読みます。最近では宮城谷昌光氏の著書を貪るように読んでます(笑)。その意味では親しみを感じますし、逆に『今』の中国には全く親しみを感じません。このように考えている人は意外に多いのではないでしょうか。

 遠い昔、アジアの盟主であった頃の中国は、周辺諸国に尊大な態度を取りながらも大国として王道を意識し、節度は失わなかった。それが今はどうだ。尊大な態度を取る事はもちろん、常に周辺諸国に軍事的プレッシャーをかけ、時には蹂躙、侵略して他国の領土・領海・資源を掠め取る。『友好』と言いながら、過去の出来事をねつ造、創作してまで隙あらば金を毟り取る。こんな図体がデカイだけの理性無き怪物・怪獣になってしまった中国に親しみなど感じるわけが無い。

 周辺諸国が『中国は脅威』だと感じるのは、有無を言わせず急速に膨張しているからだ。中国は今すぐ覇道を捨て、王道に戻るべきだと思う。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。