管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
黄教授論文ねつ造確定 『本当に問題なのは韓国社会』
 いよいよ大詰めがやってきた黄教授の論文ねつ造騒動。関係者はもちろん、黄教授を擁護した韓国民までもが責任を擦り付け合う中、黄教授が所属するソウル大学がねつ造と断定したようです。こちらをご覧下さい。(中央日報から以下引用)

ソウル大「2005年論文ねつ造」結論

黄禹錫(ファン・ウソク)教授チームが作成した2005年サイエンス論文は単純なミスではなく故意的な操作によるものだったという調査結果が出た。

黄禹錫教授チームの幹細胞研究を再検証しているソウル大調査委員会(委員長鄭明煕)は23日午前11時、ソウル大大学本部4階会議室で調査結果の中間発表を行った。発表は盧貞恵(ノ・ジョンヘ)ソウル大研究処長が行った。

調査委は「2005年サイエンス論文のデータを分析した結果、単純なミスによる誤記とは見られないほか、2個の細胞株から得られた結果を11個に増やして作り上げた故意的操作と見るほかない」とし「黄教授の研究データ操作は真実性が重要な科学の基盤を破損する重大な行為」と明らかにした。

調査委は「黄教授チームが論文で体細胞クローンを通じて作ったという患者に合わせた型の幹細胞株が11個と報告したが、論文投稿時点である3月15日には2番、3番ラインであるなど2個しか存在しなかった」と説明した。

論文に提示された9個のうち4個は汚染で死んだ上、2個は帳簿に幹細胞形成記録がなく、残り3個は「コロニー」(細胞の固まり)状態で観察されたが、論文提出時点には幹細胞として性質が検証されていない状態だったというのが調査委の説明だ。

調査委は論文のDNA指紋分析データに関し「論文では幹細胞と核を提供した患者体細胞のDNAをそれぞれ分析したと主張するものの、実際は2、3番を除いた残り9種は一患者の体細胞を2つのチューブで分けて分析を依頼した」と明らかにした。したがって2つのデータが等しく出るほかないと調査委は説明した。

またテラトーマ(奇形癌:幹細胞が違う細胞に分化されるのか確認することができるもの)は実際に2、3番2個の細胞株に対してのみ形成されたことが確認された。

調査委は「論文には7個の細胞株に対してテラトーマが形成されたと報告し、その後3個に訂正したが、調査結果2、3番2個でのみテラトーマ形成が確認された」と説明した。

調査委は2、3番細胞株が体細胞クローン幹細胞なのかについては22日に依頼したDNA分析結果が出れば確認できる。

調査委は2004年論文について提起された疑惑とクローン犬スナッピーに対して提起された疑惑に対しても検証する予定だ。


 チーン。ご愁傷様でした。このソウル大の調査発表を鵜呑みには出来ませんが、データ操作をしていたことだけは確実ですね。過去の論文も調査する、と。終わったな、韓国の元英雄の運命は・・まあ、この発表によって、韓国社会の責任の擦り付け合いは黄教授に集中することになるでしょう。殺されなければいいけど・・

 そんな黄教授はまだまだ暴れるつもりのようです。論文に掲載されたES細胞とドナーのDNAが一致しないという指摘に『何者かによってすりかえられた』と訴えていた黄教授は、こんな手段に打って出ました。こちらをご覧下さい(中央日報から以下引用)

黄教授、「ES細胞入れ替わり」疑惑に正式捜査要請

黄禹錫(ファン・ウソック)ソウル大教授は「胚性幹細胞(ES細胞)入れ替わり」疑惑に関連し、22日午後5時、ミズメディ研究所のキム・ソンジョン研究員と姓名不明者を捜査してほしいという捜査要請書をソウル中央地検に提出した。

文炯植(ムン・ヒョンシック)弁護士が受けた要請書で、黄教授は「ES細胞樹立作業が、キム・ソンジョン氏らの知能的な業務妨害行為によって深刻な混乱を招いた」とし、「罪質が重大であるため、検察が直接捜査すべきだ」と主張した。

黄教授はまた「MBC(文化放送)のPD手帳チームに2、3、4、10、11番のES細胞を渡した後、この5番、8番のES細胞のDNA検査を依頼した結果、ミズメディ研究所の体外受精ES細胞であることが明らかになった」と公開した。

黄教授はキム研究員を名指ししたことについて、「複製胚盤胞から内部の細胞の塊を分離し、ES細胞培養容器に移す作業はキム研究員が行い、この当時に使われた培養容器はミズメディ研究所から持ってきたものであるため」と主張した。

2005.12.22 18:42:38


 この知能的な業務妨害行為ってのが意味不明です(笑)が、おいらは嵌められたんだと言いたい訳ですね。が、キム研究員が黄教授を嵌める理由がわかりません。苦しい。あまりにも苦しいなあ(笑)・・。あんまり抵抗してると、韓国民の攻撃が先鋭化して大変な事になる予感がします。神妙にしたほうがいい。

それに、スケープゴートが黄教授ひとりになると、国威発揚のためなら何でもありという韓国民の異常な行動を戒める反省の機会が訪れないことになる。どこの国でも国を背負って世界で戦う人間やチームは国民の期待が集まります。それが悪いとは言わない。黄教授はまさに国を背負って立つ代表でした。

 日本でもサッカーの代表チームなどに国民の期待が集まりますが、もしルール違反や悪い事をしていたなら、日本であれば、それは別の話として批判があるでしょう。だが韓国はどうだったのか。明らかにルール違反を犯した黄教授を批判する事は無く、逆に不正を暴いたテレビ局を非難した。国益を損ねたという理由で。民族の自尊心とやらを発揚するためなら嘘でもねつ造でも良いのか。もちろんねつ造は良くない事だと思う。しかし、本当に問題なのは、嘘でもねつ造でも良いから世界的に有名になれば良い、と容認して助長する韓国の社会だ。

 この問題を解決しなければ、また同じような事件は必ず起きる。断言しても良い。黄教授を詐欺師呼ばわりしている韓国人が多くなっているようですが、ほんの数日前までは黄教授は韓国の誇りだ!何が何でも守り通せ!なんて言ってた人ばかりでしょう。そんな人たちに黄教授を批判する資格はないと私は思う。今回の事件は自らを見つめ直す良い機会です。糊塗してまで持つ必要のあるプライドなどありません。良ーく考えてください。韓国の皆様。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

韓国の親北政権 『どうしよう・・米国様を怒らせちゃった』 
 誰がどう見たって北朝鮮の傀儡となっている韓国の現政権。日米による圧力を使った北朝鮮問題の解決を邪魔し続けてきました。日米および国際社会の圧力が強まる中、中露韓は北への援助を継続。特に韓国の莫大な援助によって、北朝鮮は一向に強硬姿勢を崩さず、米国はかなり苛立っているようです。

 麻薬の製造販売、武器輸出、そして米ドル偽造にまで手を出している北朝鮮に業を煮やした米国は、マカオにある北朝鮮御用達の銀行に金融制裁を発動。当然、北朝鮮は抗議しましたが、なぜか韓国まで抗議に加わり、米国はブチ切れる寸前。

 『北朝鮮が米ドルを偽造した確固たる証拠はない』と、正しく北朝鮮の傀儡としての態度で米国に噛み付いた韓国政府。すかさず米国政府は北朝鮮が紙幣を偽造した証拠を突きつけますが、『状況証拠であって、決定的な証拠ではない(ソース:中央日報』と、あくまで北朝鮮を擁護する韓国政府に、米国がブチ切れたのは言うまでもありません(笑)。

 韓国政府が最も触れられて困る問題があります。それは、先日も少し話題になりましたが、北朝鮮だけではなく、ひそかに韓国も核開発をしていたという疑惑。軍事政権時代に核開発をしていたのでは?という仰天リークがなされ、慌てた韓国政府は一部の民間で研究していただけで、政府は関与していない、と苦しい言い訳をしていました。この疑惑は結局うやむやになってしまったようですが、再燃したようです。しかも別のかたちで。こちらをどうぞ(NIKKEI NETから以下引用)

韓国でプルトニウム抽出の懸念、IAEAが調査・通信社

 【ウィーン=桜庭薫】AFP通信は19日、国際原子力機関(IAEA)が韓国の原子力研究施設でプルトニウム抽出の懸念があるとして調査を始めたと伝えた。

 同通信によると、韓国・大田の原子力研究所に使用済み核燃料の放射能レベルを低下させる実験施設の建設が進んでいる。建設は2004年に始まり、07年以降に稼働する。韓国側は「プルトニウム抽出の意思はない」としているが、IAEAは一連の工程で抽出が可能になるとの疑いを持っている。


 この報道に韓国政府は慌てて反論(笑)しましたが、これは米国からの警告でしょう。あんまりナメてると核開発してたことをバラしちゃうよ?ってところですね。こんな警告があったのにも関わらず、韓国は前出の北朝鮮擁護をしちゃったので、ホントにバラされちゃうかもしれません(笑)。

 とにかく北朝鮮を刺激したくない韓国政府は、今月初旬に駐韓米国大使のバーシュボウ氏が講演で『北朝鮮は輸出所得の大半を犯罪行為で充てている犯罪政権』と発言した事を問題視し、『靖国批判をするのは中韓だけではない!欧州議会もだ!』というねつ造を行い、わずか3日でバレるという素晴らしい芸を見せてくれた日本ではおなじみの潘基文外相がバーシュボウ氏に発言の自制を求め、韓国の国会では同氏の本国への召還を求める決議案を提出するなど、キ○ガイっぷりを披露。

 そんなキ○ガイの攻撃にさらされたバーシュボウ氏に激励の手紙が届いたようです。こちらをご覧下さい(東亜日報から以下引用)

「北朝鮮をかばう者は米国の友人ではない」

DECEMBER 22, 2005 03:03

米下院のヘンリー・ハイド国際関係委員長が20日、北朝鮮を「犯罪政権(Criminal Regime)」と批判したアレクサンダー・バーシュボウ駐韓米国大使に、激励の書簡を送った。これは非常に異例的な行動だ。
<中略>

ハイド委員長は書簡で、「核拡散、貨幣偽造、人権侵害や不法行為で、米国国民や国際共同体の安全と繁栄を脅かす政権をかばおうとする人々は、米国や米国民の友人ではない」と断言した。

<中略>

また、ハイド委員長は、脱北者問題をおろそかにする韓国と中国政府をともに批判した。

そして、「この季節に北朝鮮の暴政のために苦しむ人々や、中国で難民として避難所を求める人々のことを考えるべきだ。罪のない人々に苦痛を与える者は、『犯罪政権』の構成員だ」と非難した


 ああ、断言されちゃいました。『犯罪政権の構成員だ』ですって(笑)。米国の友人ですらない、と。当然ですね。圧政に苦しんでいる北の人民を見捨て、最悪の金正日政権を延命させようとしているんですから。さあ、どうするかな?これでも北朝鮮をかばい続けるのか、はたまた手のひらを反して米国に事大するのか。米国は本気ですよ?韓国政府の皆様。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。