管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 28 『幹事長を辞任しろ』
 結党10周年の党大会が無事(?)終了し、外交・安全保障に関する党の見解を結党以来はじめて統一しようとしている前原代表。中国の軍拡は『現実的脅威』と言い切った前原代表の発言に党大会初日では批判が噴出しましたが、前言を撤回することはせず、何とか最後まで押し切ることに成功しました。近いうちに代表自身が外交・安全保障に関する考えを纏めた『前原ビジョン』を発表することを表明し、その考えに沿った形で党内の見解を統一するように指示。党内のアキレス腱とも言われる『外交・安全保障政策』だけに反発はかなり大きいと見られています。

 批判の先頭に立つであろうと思われた党内左派は、今のところ沈黙を守っており、何だか不気味ですが、その代わりに意外なところから批判の急先鋒が登場しました。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下一部引用)

鳩山幹事長「中国 脅威でない」 前原代表へ反論、対立鮮明

 民主党の前原誠司代表による「中国脅威」論について、鳩山由紀夫幹事長は十九日、都内での講演で「私は脅威だと思っていない」との反論を展開した。同党ナンバー2がトップの外交姿勢に批判的な党内勢力の意見を代弁した格好だ。前原氏は近く安保政策をまとめた「前原ビジョン」を発表する予定だが、制約された集団的自衛権の行使など持論を貫く考え。東アジア外交や安保をめぐる党内の路線対立は、ますます鮮明になってきた。
 鳩山氏は講演で、中国の現在の軍事力についても「(中国の)基本的な軍事力の行使は防衛。そのことを信頼すれば必ずしも脅威と呼ぶべき状態ではない」と述べ、「民主党としては中国が現実的な脅威だと断定しない方がいいのではないか」と前原氏の「中国脅威」論を打ち消した。
 また「敵対関係を強めていくような発想を持ち、結果として中国の意図(軍事的脅威)が深まっていくようなことになれば、外交の失敗だ」とも強調した。
 鳩山氏は「党として(対中政策に関する)見解を早く出したい。ズレがあると思われないように努力したい」と党内融和を図る姿勢も示したが、民主党トップ二人の対中認識の違いを浮き彫りにしただけだった。<後略>


 はい。正しく中国様の奴隷としての本領発揮ですね。日本の主要都市にミサイルの照準を合わせ、人民には日本憎しの感情を植え続け、急激な軍拡を不透明な形で続ける中国の『軍事力行使の基本は防衛』ですか。で、その事を信頼すれば脅威とは言えないんですか。そうですか。

 なるほど、東シナ海のガス田で一方的に資源を掠め取られようと、日本の領海に潜水艦が侵入してこようと、『信頼』していれば脅威ではないんだ。ふーん。奴隷根性ここに極まれりですね。前原氏が脅威と言ったのは、中国が不透明なかたちで軍拡を進めていること。この一点です。さらに、透明性を高めた上で、日中の軍事交流を通じて、東アジアの安全保障を共に担保しようという踏み込んだ提案までしたんですが、これが『敵対関係を深めていく発想』ですか?鳩山さんよ。

 そもそも、この御仁は自分の立場を理解しているのか。あなたは幹事長ですよ?代表を補佐し、党内をまとめる役割を果たさなければならないんじゃないのか。苦言を呈すなら、わざわざ記者がいる席で批判を展開しなくても、面と向かって説得すればいいんじゃないのか。そんな事をしておいて『党として(対中政策に関する)見解を早く出したい。ズレがあると思われないように努力したい』ってバ○じゃないの?まるで他人事じゃないか。ついさっき、代表の見解に真っ向から反対したばかりだろうが。頭大丈夫なんでしょうか。この人・・

 この他にも、民主党の執行部について批判を加えているようです。執行部の一員にも関わらず、です。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

<民主党>鳩山幹事長、前原執行部で自らの立場は「異分子」

 民主党の鳩山由紀夫幹事長が19日、アジア調査会で、前原執行部での自らの立場を「異分子」と呼ぶ一幕があった。鳩山氏は、前原誠司代表から幹事長に起用されたことについて「若い仲間だけで何でも決めてしまうのではなく、鳩山という異分子を入れておくと安心されるという思いがあるのではないかと思った」と語った。
(毎日新聞) - 12月19日18時46分更新


 何ですか?仲間はずれにされて泣いてるの(笑)?どうせ大物ぶって執行部を軽く見てるんだろう。そんなに違和感があるなら幹事長辞めれば?耐震偽装問題の追及で有名になった馬淵議員にでも代わってもらえば、民主党のイメージアップになりますよ。

 世代交代でスッ飛ばされる事を恐れているなら、目立ちたがり屋のお仲間である菅直人氏が『団塊党』を作るそうですから、そっちで頑張れば?好きなように自民批判でも、政府批判でも、民主党批判でもすれば良い。まあ、国会議員であり続けられるかどうかは保証できませんが(笑)。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

祝!日韓シャトル外交中断 『しばらく来ないでいい』
 小泉総理が靖国神社の秋季例大祭に参拝して以降、待ってましたとばかりに対日批判を強めた韓国。ところが、衆院選の圧勝を背景に外相を麻生氏、官房長官に安倍氏を配置し、外交はタカ派で行くと決意した政府は動じず。先日の東アジアサミットにて『韓国側が会いたいと言うなら別だが、(会談を)やる必要はない』と言い切った外務省幹部も出てくるなど、これ以上、韓国側が求める理不尽な要求には応じないというメッセージを明確にしました。

 これまでのように日本が膝を屈しない。ここ数ヶ月で何度も目にした光景です。そろそろどんなおバ○さんにも理解できる頃ですが、どうでしょうか。こちらのニュースをご覧下さい(NIKKEI NETから以下引用)

韓国、大統領の来日延期通告・シャトル外交の中断確定

 韓国政府が盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の年内来日を延期すると正式に通告してきたことが19日、明らかになった。小泉純一郎首相の靖国神社参拝などに抗議する狙いがあるとみられる。日韓首脳が年2回程度、相互に訪問する「シャトル首脳外交」は2年目で中断が確定した。

 昨年から始まった日韓の「シャトル首脳外交」は今年、まず首相が6月に訪韓した。次は大統領が来日する順番だったが、首相が10月に靖国神社に参拝したことに韓国側が反発し、調整が難航していた。 (16:10)


 空気読めてなーい(笑)。まだこんな事がカードになると思ってるんでしょうか。来なくて全く構いませんよー。というよりも、これを契機に2度と来ないで良いです。盧武鉉政権は既にレームダック化してますし、会ったところでどの道『歴史認識』が云々という『だけ』でしょうし。

 別の見方をすれば、韓国としては日本の首脳と会った際、『必ず』過去を持ち出して日本を叱責しないと韓国民に怒られますから、間違いなく譲歩しないであろう、今の日本の首脳と会ったとしてもやぶ蛇にしかならない。であるから、韓国側から会談中止という『通告』を出す形でメンツを保ちつつ、時が過ぎるのを待つということでしょうか。

 甘い。甘いなあ。公明党が担ぎ上げようとしている福田氏が総理になれば、元の鞘におさまると思ってるんでしょうが、『歴史認識カード』の無効化は既定路線。福田氏もその辺の空気は読めてますから、次の総裁選への出馬には消極的。(ソース:Yahoo ニュース)もし政権交代が起こったとしても、民主党の前原代表は靖国参拝に否定的ですが、『盧武鉉大統領の北東アジアバランサー論は意味がわからない』とか、『日本は中国との対話に韓国を介すことはない』などと思ったことをそのまま言い放っちゃう直言居士ですから、ある意味で自民よりも扱いにくい存在。そろそろ歴史認識カードを捨てた方が良いと思うんだけどなあ(笑)。

 ますますドツボにはまっていく韓国(笑)ですが、先日、麻生外相が日韓国交正常化40周年を記念して談話を発表しました。それに対する韓国政府の反応があったようです。こちらをご覧下さい。(Yahoo ニュースから以下引用)

日本に「言行一致」求める 韓国外相、麻生談話で

 【ソウル19日共同】韓国の潘基文外交通商相は19日、同省の幹部会議で、歴史認識問題をめぐる対日関係について言及し「日本の政治指導者」が「言行一致の方向に行くことを望む」と述べた。通信社の聯合ニュースが伝えた。日本側に隣国を刺激する言動の自制や、新たな追悼施設建設問題での前向きな対応を求めたもの。
 麻生太郎外相が日韓国交正常化40周年に当たる18日付で「過去をめぐる韓国民の心情を重く受け止める」とする談話を発表したことへの反応とみられる。
 潘外交通商相は「韓日関係前進のため、日本の政治指導者たちが歴史に対する正しい意識と実践の意思を持たねばならないことをもう一度喚起したい」と指摘し、小泉純一郎首相の靖国神社参拝などによって「首脳間の交流」が行われなかったと遺憾の意を表明した。
(共同通信) - 12月19日13時27分更新


 『言行一致』ねえ。『~をしてくれれば、もう歴史の事は言わない』などと何度も日本を騙した『言行不一致』の国に言われたくありませんね(笑)。日本の要人が『韓国民の心情を重く受け止める』って言ってるうちが華だと思うんだけどなあ。無理なんでしょうね。反日がアイデンティティーになってる韓国には。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。