管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
東シナ海ガス田問題 政府は早く試掘に踏み切れ
東シナ海ガス田に関する日本側の再三にわたる協議要請に応じない中国。その間にも着々と操業開始への準備を進め、いよいよ準備も最終段階に入ったようです。(sankei webから以下一部引用)

東シナ海ガス田 パイプライン完成 中国「白樺」生産体制整う

 東シナ海の日中中間線付近の石油ガス田開発をめぐり、中国が建設を進めていた白樺ガス田(中国名・春暁)などから浙江省寧波を結ぶ海底パイプラインが完成しているのが九日、分かった。寧波には天然ガスの地上処理施設が完成間近で、白樺の生産準備は完全に整ったとみられる。白樺の生産が始まれば中間線付近の海底資源は中国側に吸い取られることになる。日本政府は中国側に局長級協議の早期再開を求めているが、ナシのつぶてだ

 パイプラインの完成が確認できたのは先月上旬。政府は海上保安庁の巡視船や海上自衛隊の航空機などで中国側の開発動向を注視してきたが、十月初めに白樺と約十八キロ離れた樫ガス田(同・天外天)の間で、パイプライン敷設用の作業船が活動しているのを確認。

 その後、情報収集衛星や米国の商業衛星を使い、ガス田に加えて中国本土側の動きを追ってきたが、白樺と樫との間にパイプラインが完成し、さらに樫と寧波の天然ガス処理施設を結ぶパイプラインも出来上がったことが分かった。

 今年九月に樫の掘削施設の煙突から炎が出たことから天然ガスの生産が始まったことが分かっており、白樺でも掘削用のパイプが埋め込まれているのが確認されている。白樺、樫、寧波を結ぶパイプラインが完成したことで、中国側は白樺と樫で生産された天然ガスをいつでも本土に運べるようになった。

 中間線から中国側寄りにある平湖ガス田から石油を上海に送るパイプラインがすでにできている。今回、中間線付近のガス田からのパイプライン完成が確認されたことで、日本側につながっている可能性がある東シナ海の海底資源を吸い上げて本土に送る中国側の体制が整った。<以下略>


 『協力の海にしたい』などと中国に配慮している間に、とうとう既成事実を作られてしまいましたね。日本側も試掘に踏み切るべきであるという意見はちらほらと聞こえてきますが、未だに動いていない。与党は来年の通常国会に海洋権益保護法案を提出すると言っているが、その頃にはガンガン操業が始まっているんじゃないのか。

 そんな中、中国が日本との協議に応じない理由を何としても靖国参拝に結び付けたい日本の報道機関があるようです。こちらをどうぞ(NIKKEI NETから以下引用)

日中ガス田協議、年内開催は見送りへ・中国側が拒否

 東シナ海のガス田開発を巡る日中両政府の局長級協議が年内は見送られる方向となった。10月の前回協議の際には「10月中の次回開催」で合意していたが、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に中国側が反発し、中国が早期再開に難色を示しているためだ。<中略>

ガス田協議に限らず、日中間の話し合いは停止状態だ。11月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)や今月の東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)でも首脳会談や外相会談が見送られた。 (07:02)


 日経って・・中国のことになると全然ダメですね。中国の狙いはあくまでも時間を稼いで準備を進め、『既成事実』を作る事です。靖国参拝はこじつけに過ぎない。何で中国の代弁をしてるんだ?あ、日本企業の際限の無い中国進出を煽った張本人ですもんね。日経って。いまさら中国様の悪口は言えないってところでしょうか。

 それにしても、これまで中国に配慮し続けてきたことは悔やんでも悔やみきれない。中国は実に30年も前から東シナ海に着目し、準備をしてきた。対して日本は中国を刺激することを恐れるあまり、調査さえしてこなかった。そのツケが一気に噴出したかたちです。何とも情けない・・媚中派の罪は重い。

 こうなった以上、政府は対話を求めるなんてぬるい事を言ってないで、厳重に抗議し、試掘だけではなく、早い段階で操業開始する準備を進めるべきだ。これまで十分すぎるほど配慮はしたでしょう。日本の権益を侵されているのですから、決然たる意思を見せて欲しい。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

北朝鮮非難決議採択 さらなる国際的圧力を
先日、国連総会第3委員会で採択された北朝鮮の人権状況を非難する決議案が、総会本会議でも採択されたようです。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

拉致非難決議を採択 国連総会、中ロは反対

 【ニューヨーク16日共同】国連総会本会議は16日、北朝鮮による外国人拉致を「組織的な人権侵害」と非難する欧州連合(EU)や日米両国などの決議案を賛成88、反対21、棄権60で採択した。日本人を含めた外国人拉致問題で北朝鮮を名指しして非難する決議は国連総会で初めて。

 投票では中ロ両国などが反対、韓国などが棄権した
 国連加盟191カ国から成る総会決議に法的拘束力はないが、国際社会の意思表示として重みがある。斎賀富美子・人権担当大使は拉致問題解決への「国際包囲網」形成を目指しており、決議が追い風になりそうだ。 決議はEU議長国の英国が中心になって策定し、45カ国の共同提案。北朝鮮側は「日米英は人権侵害の主要国であり、政治目的で人権問題を乱用している」と強く反発している。
(共同通信) - 12月17日9時41分更新


 また一歩前進といったところですが、注目したいのは、前回(第3委員会)の採択との票数に開きがあることです。前回は賛成84、反対22、棄権62と賛成票と棄権、反対票が数の上で拮抗していましたが、今回は賛成票が上回ったかたちとなり、徐々にではありますが、北朝鮮に対する風当たりが強まってきたと言えるでしょう。

 先日、新たに任命された人権担当大使の斎賀氏も精力的に活動を展開しているようで、国際的な包囲網形成が加速する事を期待します。本会議での採択時、北朝鮮は口を極めて日米を罵り、決議案に反発。日本人拉致に関して『一九七〇年代の日本との敵対的な状況のもとでたまたま起きたこと(ソース:Yahoo ニュース)』などと嘯いたようです。

 敵対的な状況のもとでたまたま起きた・・なんともツッコミどころ満載の言い訳です。その敵対的な状況のもとに無い国々からも拉致を繰り返してきた事が明らかになってもなお、この様な事を平然と言い放つ。心底反吐が出る国ですね。たまたまって何だよ?まるで他人事じゃないか!さっさと拉致被害者を返せ!史上最低最悪の人権蹂躙国家北朝鮮よ。

 えー、ちょっと興奮してしまいましたが、こんなク○国家を擁護しちゃってる国があります。そう、自国民であるはずの北朝鮮人民が弾圧されているのにも関わらず、見て見ぬ振りを貫く韓国です。前回に引き続き棄権ですか。韓国の野党ハンナラ党を中心に、かなりの抗議行動が起こったのですが、立場を変えませんでした。北朝鮮に宥和的というよりも、完全に北の傀儡と成り下がっている現政権では仕方ないのかもしれませんが、北の人権非難に反対している人々の構成が興味深いです。こちらのニュースをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

韓国、奇妙な光景 北の独裁を擁護 「人権問題」政府は冷淡 金大中氏も無関心

 【ソウル=黒田勝弘】日米の人権大使も参加して民間の国際会議がソウルで開かれるなど、北朝鮮の人権問題に国際的関心が高まりつつあるが、肝心の韓国内では政府が依然、冷淡なほか、人権団体が逆に北朝鮮を擁護し、ノーベル平和賞の金大中前大統領も北の人権問題には無関心なように受賞五周年パーティーで相好を崩すなど、奇妙な風景が展開されている。
 
 韓国政府は「北との対話、交流、支援によって北朝鮮に余裕が生まれることが人権問題改善につながる」(政府当局者)と中長期的観点を強調し、金大中氏は「政治的人権はともかく食糧や肥料の支援、南北離散家族再会、脱北者支援など生存にかかわる社会的人権は大いに支援してきた」と弁明している。また親北・左派の人権・市民団体は「生存権こそ最大の人権」として食糧など支援が優先されるべきだと主張している。 この「政治的人権より生存権のための支援が重要」というのは、今や韓国の政府や親北・左派勢力が内外の批判をかわすための格好の理屈になっている。
 
 ソウルでの北人権国際会議に反対する人権・社会団体(二十五組織)が発表した声明は「北の政治犯収容所は存在が確認されていない」「食糧難は(北朝鮮だけでなく)多くの国で発生している」「拉致韓国人問題は南北分断の悲劇」などとし、北には人権問題は存在しないとする北朝鮮の主張そのままに“独裁体制擁護”に懸命だ

 この市民団体声明は「人権増進のため北の体制を崩壊させるべきだとの主張は(国家、民族の)自決権を脅かすもう一つの人権侵害だ」との理屈も展開しているが、韓国の親北・左派勢力は日ごろから「人権問題を政治的に扱うな」と主張し、人権問題の根本原因は独裁体制との見方が広がることを警戒している

 金正日総書記との初の南北首脳会談実現などを評価されノーベル平和賞(二〇〇〇年度)を受賞した金大中氏の五周年祝賀パーティーには、盧武鉉大統領からもメッセージが寄せられた。しかし金氏について「独裁と真っ向から戦い民主主義時代を開き朝鮮半島に平和の基礎を築いた指導者」と韓国の過ぎ去った独裁との戦いのことには触れながら、現在進行中の北朝鮮の独裁には金氏ともども触れていない。<後略>
 (産経新聞) - 12月10日2時40分更新


 これは大変奇妙なことですが、金大中、盧武鉉氏は韓国で民主化や人権擁護に奔走した人物。本来、北朝鮮の人権侵害に敏感に反応し、先頭に立って北を非難すべき『人権団体』などが金、盧氏と共に北の独裁体制を擁護するというこの皮肉。日本の人権団体などにも言えますが、北や中国の人権侵害を積極的に非難していない団体は、北か中共の傀儡と断言して良いでしょう。生存権を盾に北を支援する事を正当化しているようですが、食料を支援したところで、殆どが軍や政権に近い所に流れ、最も抑圧されている一般の人民には行き渡らない事が明らかになっている今でも、こんな与太を飛ばす神経を疑います。

 中国とロシアは北寄り、韓国の現政権は北と一体と見て良く、まったく頼りにならない。こうなれば、日米が強力な圧力を北朝鮮にかけ続けるしか解決の道はない。今回の本会議での採択に賛成票を投じてくれた国々に強硬策をとることに理解を求め、一致協力して北朝鮮包囲網を拡大、かつ強化し、一刻も早く拉致被害者を取り戻して欲しい。 



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:北朝鮮拉致問題 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。