管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
媚中派に告ぐ 『靖国が原因ではない』
 まだまだ前原発言ショックが続いているようです。前原代表の初外遊にて飛び出した様々な発言が波紋を広げ、党内はもちろん、反日マスコミはこぞって反応。前原氏の『中国脅威論』がよっぽど気に入らなかったんでしょう。日中間の首脳による対話が途絶えていることを指して、『小泉総理の靖国参拝が原因だ』という論がこれらの媚中、反日人士の常套句であったわけですが、中国から見た『良心的』新聞である東京新聞が社説でこんなん言ってます。こちらをご覧下さい(東京新聞から以下一部引用)


<前略>

前原氏は中国の軍事力増強についても「現実的脅威」と批判した。小泉純一郎首相でさえ脅威論は取らない。前原氏はこの発言の影響で、米国に続いて訪れた中国で要人と会談できなかった。これでは、靖国問題で首脳会談ができない首相と同じではないか

<後略>  



 あれ?中国が会談を拒否する理由って、靖国参拝だけじゃなかったの?連日のように靖国が!靖国が!参拝が!って連呼してたような気がしますが。『靖国問題が解決すれば、日中間の問題の70%が解決する』って言ってた媚中派の政治家がいたなあ。だれだっけ?なんかカエルみたいな顔をした人。

 脅威論は言い過ぎだ、と思う方もいるかもしれません。では、こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

中国、「脅威論」封じ込めへ 対日非難強める 政治交流に新たな足かせ

 【北京15日傍示文昭】中国政府が、日本の政治家の「中国脅威論」を強く非難する姿勢を強めている。国営新華社通信と共産党機関紙・人民日報の電子版サイトは、外務省の秦剛副報道局長が十三日の定例会見で、前原誠司・民主党代表の「脅威論」に強く反発したことをトップで報道。中国政府は報道機関も巻き込んで強硬姿勢を強く打ち出しており、日本の政治家の靖国神社参拝だけでなく、「脅威論」にかかわる言動も徹底して封じ込めようとする方針を明確にしたことを示している

 秦氏は十三日の会見で「中国は永遠に平和を擁護する。中国の一体どこが脅威なのか」などと反論し、前原氏が指摘した軍事費の増強に関する「現実的脅威」発言に不快感を表明。前原氏の一連の言動が胡錦濤国家主席ら最高指導部の会談拒否につながったことを示唆した。 

 秦氏はさらに、「日本の政治家は中日友好関係に役立つ言動をすべきだ」とも指摘。前原氏に限らず、「脅威論」を主張する日本の政治家に対しては、今後も胡主席ら最高指導部が会談に応じることはない、との姿勢を暗に強調した。

 中国各紙など主要メディアは十四日、秦氏の非難発言を中心に報道しながら、前原氏の一連の言動を初めて紹介した。中国外務省は、麻生太郎外相が七日の講演で「軍事費の透明性向上」を求めた際も強く反発日本の政治家の「脅威論」にかかわる言動に神経をとがらせていることをうかがわせていたが、今回、報道を通して政府の方針を明確にすることで、「脅威論」に対しては毅然(きぜん)とした態度で対処することを内外に強くアピールするとの狙いがあるとみられる。

 前原氏は十三日、記者会見で「中国側にとって耳の痛い話を言う日本の政治家には(要人は)会談に応じないという姿勢であれば、仮に靖国神社参拝問題が解決したとしても、真の友好関係は永遠に築けない」と述べ、中国政府の対応を強く批判。暗に方針の転換を求めたが、中国側が靖国参拝問題だけでなく「脅威論」を含めて対日姿勢を硬化させ、一連の言動を封じ込めようとしてくるのは間違いないとみられる。「脅威論」は、両国の政治的な交流の中で今後、新たな「足かせ」になりそうだ。(西日本新聞) - 12月16日1時53分更新


 先日、麻生外相が中国の不透明な軍のあり方に対して、『透明性を高めよ』と提案しましたが、これさえも『脅威論』の一種にカウントされるそうです。つまり、中国側にとって耳の痛い話は『正しい歴史認識』が足りないとか、『中国脅威論』だと決め付けて糾弾し、会談を拒否すると。我々の言う事を一ミリの疑問も抱かずに有難く拝聴するようにと。こういうことですね。はっきり証明されました。

 この期に及んで、靖国参拝さえ止めれば日中関係は上手く行くとか言っちゃう輩は、中共の工作員として正式に認定して差し支えないでしょう。『この~問題さえ解決すれば日中関係は良くなる』という仮定の上で、日本だけが何らかの譲歩をしてきた事は完全に間違いであって、百歩譲って脅威論は言い過ぎかもしれないが、前原氏のように直言をぶつけて、言うべき事を言うのが正しい。

 指摘や反論をすれば中国を刺激して、余計に関係が悪化するじゃないか、と思う方は、どうぞ明日にでも中国へ帰化してください。さぞ歓迎してもらえることでしょう。日本人工作員として。中国のように『中国の歴史上、外国を侵略した事はない』なんて大嘘をついてまで反論をする必要はありませんが、日本にだって立場というものがある。おかしいものはおかしいとハッキリものを言う国であって欲しい。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

韓国の常識 『日本では何やっても良い』
 今朝のエントリーはちょっと軽めです。数年前からマスコミなどによって煽られ続けている『韓流』。韓国の俳優や歌手がブラウン管に溢れる中、とうとうやっちゃった人達がいるようです。こちらをご覧下さい。(高知新聞から以下引用)

韓国映画の経費未払い? 宿泊費など5700万円
 今秋、本県を舞台に撮影が行われた韓国映画「Sweet Dreams」でスタッフの滞在費など約5700万円が未払い状態になっていることが14日、県議会12月定例会の産業経済委員会(黒岩正好委員長)で指摘された。

 武石利彦委員が、県観光コンベンション協会の予算執行状況に関する議論の中で取り上げ、「韓国映画のスタッフが宿泊料などを支払わずに帰国。その後の請求にも応じずに、業者や協会が困っていると聞くが事実か」とただした

 これに対して県側は「確認はできていない」と断った上で「約5700万円が支払われていないと聞いている。主役などの場面だけを撮影していったん帰国したが、その間の宿泊料が支払われていないという。今後、撮影を継続し、代金の処理もしてもらえるようお願いしている」などと答えた。

 「Sweet Dreams」は、陳亨泰(ジン・ヒョンテ)監督がメガホンを取り、9月から10月にかけて本県で撮影した。韓国から来日した青年ケイ(ヨン・ジョンフンさん)が、テツヤ(北村一輝さん)ら在日韓国人の若者たちと友情を深めるが、ある事件をきっかけに街の抗争に巻き込まれていくストーリー。

 スタッフは高知市内のホテルに宿泊して撮影。県内では企業関係者らが「韓国映画・ドラマの高知ロケを応援する会」(会長=西森潮三県議)を設立したほか、高知フィルムコミッションがエキストラを募集するなどサポートした。


 この未払いの5700万円って宿泊費や滞在費ってことでしょうが、凄い金額ですね。ホテルで大宴会でも開いていたんでしょうか?毎晩のように。なんだか確信犯的な食い逃げ、泊まり逃げの臭いがしますね。って、逃げられた高知県側の対応が弱気で素敵ですね。『撮影を継続して貰って代金の処理をお願いしていく』・・ですか。そんな弱気なことでは、撮影チームが再度戻ってきても、また宿泊費を追っ付けられる羽目になりはしないか、と心配になってしまいます。

 これは高知県が後ろ盾になっているようなので、注文をつけたいと思います。こんな事を許していたら、他の場所でも同様な被害が出ます。ホテルに泊まったら宿泊費が発生しますし、何かを食べたら飲食代が発生します。こんなのは当たり前の事。払わなければ、警察に通報でもして理解させないとなりません。何か弱みでも握られてるんでしょうか?誘致した人って。

 韓国では、日本なら、日本人なら何しても良いと考えている風潮があります。この問題を放置、あるいは高知県側が支払うというとんでもない譲歩をしたなら、間違いなく『日本で宿泊費を踏み倒してやった!』という武勇伝作りに協力する事になるでしょう。韓国の密漁船問題でも同じような構図が見られますが、とにかく日本に損害を与える事が至上の喜びとなっている彼らに甘い顔をしてはダメだ。

 今後の事を考えると、日韓友情年だからとか、友好だとか、そんな事は脇に置いといて、踏み倒したという事実を重く見るべきだ。高知県には良く考えて行動して頂きたいと思います。というか、最悪なのは踏み倒して帰った韓国人です。韓国人って、山賊か何かなの?あのね、街に出てきて何か買ったり、どこかに泊まったりしたら、お金が必要なの。おーかーね。わかる?おーかーね。ちゃんと払わなきゃ!恥ずかしいですよ?人間として。

 

banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。