管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 25 『早く気付いたほうが良い』
 前原代表の外遊に合わせて、民主党関連のエントリーが続いていますが、今日も書いちゃおうと思います。(民主党の事を書くとアクセス数が激減するのですが(笑)、みなさん民主党がお嫌い?)最初の訪問国である米国にて、ブッシュ政権の要人との会談は実現しませんでしたが、ワシントンで行われた講演で、前原氏は安全保障、外交に関して持論を展開し、党内からは猛反発が噴出。『中国は現実的な脅威だ』、『(中国が)話し合いに応じないなら、ガス田の試掘に踏み切るべきだ』との発言は国内でも大きなニュースとして取り上げられ、物議をかもしています。

 『国内と海外で言う事が違うのはおかしい』と、党内からの反発を切って捨てた前原代表は、次の訪問国である中国に出向きました。こちらのニュースをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

悪いのは日中関係だけ=唐氏-前原氏、改めて「脅威」指摘

 【北京11日時事】米国を訪問していた民主党の前原誠司代表は11日午後、北京入りし、釣魚台迎賓館で唐家セン国務委員と会談した。前原氏は、日中関係改善へ日米中3カ国による協議の場を設けることを提案。唐氏は「米中関係はうまくいっている。悪いのは日中関係だけだ。国交正常化以来、最も困難な状況だ」と述べ、日中関係の現状に強い懸念を表明した。
 
 日本側の説明によると唐氏は、小泉純一郎首相の靖国神社参拝に関連し、中国政府が首相、官房長官、外相は参拝しないよう申し入れてきたと説明。その上で「(中曽根内閣の)1985年の段階に戻すよう言っているだけで、ハードルは高くなっていない。なぜ小泉首相だけできないのか」と不快感を示した
 
 一方、前原氏は、自身が米国での講演で中国の軍事力増強を「現実的脅威」と発言したことに触れ「(増強は)何が目的なのか。脅威と見なされても仕方がない状況だ」と改めて指摘。唐氏は「専門家と話してほしい」と述べるにとどめた。 
(時事通信) - 12月12日1時0分更新


 うわー・・すげえ。ホントに直言しちゃったよこの人(笑)。唐氏が焦って『専門家と話してほしい』と逃げを打たせたことには良くやったと褒めてあげましょう。前原さんナイスです。これまで、一方的に言い分を聞いてきた民主党の代表や幹部連中とはひと味違いますね。(今まで、中国に苦言を呈した事があるのは、小沢氏のみだったと思います)

 ただ、一方でこんな情報もあります。こちらをどうぞ(sankei webから以下一部引用)

<前略>

唐氏は小泉純一郎首相の靖国神社参拝を厳しく批判し、日中関係について「国交正常化以来、最も困難な状況だ」と指摘した。唐氏は「首相、外相、官房長官は参拝しないことを歴代内閣に申し入れ、そうしてくれていたのに、なぜ小泉内閣だけできないのか」と、首相の姿勢を批判した。

 これに対し前原氏は首相ら3人の参拝自粛に賛意を示し、「他国から言われてやめるのではなく、自発的、大局的な見地から参拝を自粛することが大事だ」と述べた。<後略>


 やっちゃった・・以前から拙ブログで何度も指摘していますが、いくら前原代表が『他国から言われてやめるのではなく』と前置きしたところで、一緒になって靖国参拝批判をしたことに変わりはなく、中国に『日本の野党第一党の党首も批判している』と利用される事は間違いないでしょう。

 いわゆるA級戦犯を云々して、参拝をやめるべきだという論理は、中国や韓国に配慮するという出発点が無い限り成立しない。時事ブログ「グースの勿忘草』さんのところで取り上げられていますが、終戦記念日に行われる『全国戦没者追悼式』には、天皇陛下をはじめ、首相や閣僚、さらには民主党の代表も参加しています。この追悼式で慰霊される対象は、いわゆるA級戦犯が含まれています。この事実を前原氏はご存知なのか?

 A級戦犯を慰霊する事がダメだというのなら、この追悼式も中止しなければならないんじゃないのか。なぜ、この追悼式に戦犯とされた人々が含まれているかと言うと、奇しくも前原代表が以前、出演したテレビ朝日サンデープロジェクトで、司会の田原氏が『民主党の野田国体委員長が、A級戦犯は既に赦免されており、日本に戦犯は存在しないという質問主意書を政府に提出したようだが?』という質問に対して、前原氏は『国内法的にはそうです』と答えていました。(これは私の記憶なので、文脈は正しくないかもしれません。)そうです。国内法的に戦犯は存在しない=追悼の対象から外す論拠がないのです。だから追悼式ではABC級戦犯を問わず、慰霊の対象となっています。

 これは、中韓からの靖国参拝批判をかわすために、新しい追悼施設を建設するという動きにも同じ事が言えます。国内法的に存在しない罪人を排除する論拠などない、と。一体どうするつもりなのか。事後法でも作って、もう一度いわゆる戦犯とされた人々を断罪するつもりなのか。そんな事出来る訳ない。日本はお隣の国とは違うんだから。

 前原氏に申し上げます。もう一度じっくりとこの問題を考えた方が良い。日本の首脳が靖国参拝しなくなったからといって、彼らは次のターゲットを見つけて『歴史認識』を攻撃してくる。この歴史認識カードを無効化する事こそが、日本が中国や韓国に対して、理不尽な事は理不尽、捏造には捏造、言いがかりには言いがかりである、と『あたり前』の指摘を可能にする。

 前原氏が総理になったと仮定しましょう。靖国には参拝しないが、追悼式には出席する。その後に中国などから『追悼式の慰霊の対象にはA級戦犯も含まれている。だから中止しろ。』と言われたらどう対応するつもりなのか。現政権は、これまでのいびつな関係を、普通の国と国との関係にしようとしているだけだ。空気読め!しっかりしろ!前原代表!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

韓国の欺瞞 『金は欲しいが出すのは嫌だ』
 日中韓による熱ーい外交戦が行われている中、いつ中韓がゴメンナサイするか、そればかり注目していた私ですが(笑)、日米韓などで北朝鮮に提供した軽水炉の建設中止にあたって、何か動きがあったようです。こちらのニュースをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

北朝鮮軽水炉事業、清算負担金めぐり米韓が対立

 【ニューヨーク=白川義和】朝鮮半島エネルギー開発機構(KEDO)理事会が、北朝鮮での軽水炉建設事業廃止に伴う清算費の分担問題をめぐり、意見がまとまらず、廃止の正式決定が大幅に遅れている。

 関係筋によると、巨額の清算費負担を懸念する韓国が、米国も一定額の負担を確約するよう求めているのに対し、米国が了承せず、議論は平行線をたどっている

 KEDO理事国の日本、米国、韓国、欧州連合(EU)は11月下旬の理事会で事業廃止で基本合意し、同月中に廃止を正式決定するとしていた。しかし、韓国は廃止決定の前に、清算費分担の枠組みを決めることを要求。廃止決定後の協議を主張する日米との溝が埋まらず、結論が年明けにずれ込む可能性も出てきた

 KEDO筋は9日、「理事会でもう一度協議しなければならないが、米韓の意見がある程度接近しなければ開けない。また合意に達しなかったら、混乱はさらに拡大する」と強い懸念を示した。韓国は「米国が清算費分担に応じる原則」の明示や、日米韓の分担割合の具体化などを求めているが、米国は協議の呼びかけに応じていないという

 清算費は、北朝鮮東部・琴湖(クムホ)地区の建設用地に残っている軽水炉関連施設・機材の維持、解体、回収費用や、契約企業への違約金・補償金の支払いなどで、総額数十億~200億円に達すると見られている。
(読売新聞) - 12月11日13時28分更新


 北朝鮮の度重なる約束違反によって、KEDOの枠組みを破棄することになったのですが、もちろん北朝鮮は施設解体費用を払いません。では、誰が払うのか?という問題に突き当たりますが、米国は払うつもり無し。理由として、北の約束破りが原因なので、北が払うべきであると言う事。あるいは、朝鮮半島問題のもう一方の当事者である韓国に『最近、君のところは反米で、北と仲良しなんだから、自分で払えば?』って事だとおもいます。

 先日、韓国政府は統一へのロードマップを発表し、2020年までに南北経済共同体を形成することを目標としており、その一環として、開城という地域に南北合同の工業団地を作ったり、北朝鮮の地下資源を開発するプロジェクトなどに今年度、約1200億円を拠出し、来年度は倍増させる予定だそうです。この他にも、様々な名目で北朝鮮に支援を増大させている韓国ですが、軽水炉関連施設の解体費用は払いたくないと言う。かなりの金額を北に突っ込むつもりの韓国政府が、です。

 これは単純に金が惜しいという事もありますが、穿った見方をすれば、分担金の問題で交渉を複雑にし、北朝鮮の時間稼ぎに手を貸しているとも言えます。精算金の分担が決まらなければ、廃止決定に合意しないなんて、そう言われても仕方ないでしょう。経済共同体という美名の下に、北のためなら幾らでも金をつぎ込むイメージがある韓国政府が払いを渋るのは、何だか解せません。後始末くらい自分ですればどうか。同じ民族なんでしょう?

 北朝鮮を利することばかりしている韓国政府ですが、最近の韓国内の世論調査によれば、北の南進や、性急な北との統一に懸念を表明する人が激増し(67%)、政府と国民の間の意識の差は、かなり乖離していると見られています。(ソース:Yahoo ニュース)盧武鉉政権がレームダック化しているとはいえ、任期はあと2年以上残っています。金大中元大統領も『統一への第1段階に入るべき』と発言するなど、韓国国民の心配をよそに、引き返せない所まで突き進む可能性は決して否定できません。

 はっきり言って、朝鮮半島の統一など、日本人の私としては他人事。好きにすれば良い。ただ一点、言わせていただけば、韓国が統一を指向するなら、北朝鮮が国際社会にかけた迷惑に、率先して始末をつける事が筋なんじゃないのか。儲かりそうな経済共同体には金を出すが、軽水炉施設の解体には金を出し渋るなんて筋が通らない。本当に非核化をめざしているのなら、支払いの後先なんてどうでも良い話です。

 『北の核があれば、日本を攻撃できる』というのは、冗談か与太話だと思っていましたが、韓国の妨害活動を見ていると、最近では『こいつらひょっとして本気で??』と思うようになりました(笑)。いい加減にした方がいいと思うんだけどなあ・・

 あんまり米国を怒らせると、北も南も更地にされますよ?韓国の皆様。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。