管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党の行方 24 安保政策が正反対の2大政党などありえない
 昨日のエントリーで、民主党の前原代表が訪問先のワシントンでの講演で、シーレーン防衛を海上自衛隊に任せるべきであること、中国は日本にとって現実的な脅威であると述べたことを紹介し、私なりに評価しました。この講演の内容は、報道各社でも取り上げられ、大きな話題となっていますが、外遊中の前原氏の留守を狙って、党内左翼の大物である横路氏が噛み付いたようです。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

「党の方針に反する」 横路副議長が強く批判

 民主党元副代表の横路孝弘衆院副議長は10日、北海道倶知安町で講演し、同党の前原誠司代表がワシントンで発表した外交ビジョンについて「民主党の方針に反するもので、非常に問題が多い」と強く批判した。
 特にシーレーン(海上交通路)防衛拡大の必要性や中国を「現実的脅威」と指摘したことについて「日本の経済活動を軍事力で守っていく発想だ。アジアの中の日本が(周辺国との)友好を考えないでどうするのか」と強調。
 同時に「カレーライスかライスカレーかというように、(自民党と)名前は違うが中身は何も変わらないということなら民主党は次の衆院選でも得票を減らして負けてしまう」との見方を示した。
(共同通信) - 12月10日12時40分更新


 はい。横路氏といえば、旧社会党のプリンスと呼ばれた左派最後の大物。とかく民主党ということで誤解されがちですが、この人は9条改正を改悪といって憚らない『護憲派』です。『経済活動を軍事力で守る発想だ』と仰っていますが、一体何が悪いのか、私にはサッパリ理解できません。と言うよりも、日本の生命線である経済活動を守護するのは、憲法9条でもなんでもありません。これまでは米軍がシーレーンを軍事力で守護していましたが、前原氏は、日本も責任をもって守護するという意思を表明したにすぎません。米国まかせのただ乗りは止めましょうということです。

 中国脅威論に対して、『友好を考えないでどうする』と、横路氏は言いますが、国と国との関係に個人間のような『友好』などありえません。ただそこには『関係』あるのみ。前原氏が中国に攻め込め!と激を飛ばしているのならともかく、軍事的脅威には抑止力を持って対応しましょうと言っているだけなのに、それは『友好』では無いと仰る。

 まあ、横路氏のいう『友好』とは、中国や韓国の言う事を鵜呑みにし、刺激する事は一切するなという意味ですから、前原氏と意見が合うはずがない。民主党の深刻な亀裂が表出した形になりましたね。

 もう1つ、つっこんでおきましょう(笑)。カレーライスかライスカレーの差しかなく、それでは自民に勝てないという論法は、小沢氏なども使うものですが、はっきり言って、こと安全保障政策において、横路氏のような『護憲念仏平和主義』という自民と正反対の政策では、政権交代の選択肢となりえません。

 前原氏がこんな事を言ってます『憲法改正を必要だと考えている政党にとって与野党はない』と。日本に降りかかる脅威について、どのように対処するのか。この一点において正反対、つまり『軍事力による抑止も使いながら、責任を持って対応する』という立場(前原氏、自民党)と、『憲法9条という平和憲法があるから大丈夫』(横路氏、護憲派)という無責任な立場では、どちらを国民が選ぶのかは自明です。安保政策が正反対なんてありえない。その意味で、カレーライスかライスカレーで良いのです。安保政策は。

 あちこちで代表批判を繰り返す小沢、鳩山氏、自己アピールに忙しく動いている菅氏に続き、横路氏の登場によって、いよいよ本格的な権力闘争が始まったように感じます。前原氏らは、執行部権限を強化しつつありますが、まだまだ党内での力は脆弱。上記の人物は、魑魅魍魎が跋扈する政界を泳いできた海千山千ばかり。勝利への道は厳しいですが、なんとしても憲法改正や安全保障政策へのスタンスは守って欲しい。これからが正念場です。頑張って!前原代表!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:民主党 - ジャンル:政治・経済

韓国の苦悩 『自業自得・自縄自縛』
日本のアジア外交が熱い。先日の小泉総理の靖国参拝以降、従来通り日本を『歴史認識』で屈服させようと躍起になっている中国と韓国。対する日本は、これまでの打たれれば土下座する態度を改め、『歴史認識カード』を無効化するべく、中韓の恫喝に一歩も引かない態度を貫いています。

 現在、マレーシアで行われている東アジアサミットにおいて、中国は日中韓の外相会談の中止を発表。ASEAN各国の首脳に靖国参拝批判を披露しました。一方で、ASEAN+3の閣僚が参加した昼食会で、麻生外相と接触し、中国の基本的立場とやらを伝えたそうです。日本側の態度が改まらない限り、話をしないと嘯いていた李外相ですが、そこはまだ現実的な中国の外相。話もしないというのはマズイと思ったのでしょう。

 この日中外相の接触に慌てふためいたおバ○さんが1人。韓国の潘基文外相です。こちらのニュースをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

日韓外相急きょ会談…韓国側「ともに困難克服したい」

 【クアラルンプール=尾山宏】麻生外相は10日午前、韓国の潘基文(パン・ギムン)外交通商相とクアラルンプール市内のホテルで約45分間会談した。

 潘外相は、日韓関係について「(今回の)会談を通じて、ともに困難を克服したい」と語った。ただ、「日本の指導者の発言により、外交責任者の自分が困った状況に置かれていることを理解して欲しい」とも述べ、小泉首相の靖国神社参拝や、その後の参拝を正当化する首相や麻生外相の発言を暗に批判した。

 麻生外相は「(歴史問題では)韓国国民の心情を重く受け止め、真剣に対応したい。未来志向の関係構築に努力し、対話を継続したい」と応じた。

 潘外相は、韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領の年内来日の見通しが立たないことや、12日の東南アジア諸国連合・日中韓(ASEANプラス3)首脳会議の機会に日中韓首脳会談が行われないことに言及し、「残念だ」と語った。

 また、第2期の日韓歴史共同研究委員会を年内にも始めたいとの意向を示した。

 両外相は、北朝鮮の核問題をめぐる6か国協議について、早期再開が必要との認識で一致した。潘外相は「日朝間の協議が続くことは朝鮮半島全体の雰囲気に資する」と強調した。

 日韓外相会談は、当初は予定されておらず、急きょセットされた。
(読売新聞) - 12月10日13時58分更新


 あらあら・・随分と色んなことをお話になったんですね(笑)。『日本の指導者の発言により、外交責任者の自分が困った状況に置かれていることを理解して欲しい』って・・おいおい。自分が困った状況に置かれているのは日本のせいじゃないでしょ?いつまでも『歴史認識』にしがみつく、後ろ向きな過去指向外交を展開してきたご自分でしょうが。小泉総理が言ったように、もう靖国はカードにならないんですよ。戦わなきゃ!現実と。

 こういうのを『自業自得・自縄自縛』って言うんです(笑)。自分で勝手に悪化させておいて、困った状況に置かれている事を理解して欲しいって、頭大丈夫ですか?恫喝でダメなら泣き落としですか。ご立派なことで。まあ、泣こうが喚こうが、歴史認識カード無効化は既定路線ですから、無理、無駄です。諦めて反日を止めましょう(笑)。それにしても、韓国で開催されたAPEC前後からこっちのアジア外交は面白い。ちょっと並べてみたいと思います。

中国産のキムチから寄生虫発見。韓国が中国に噛み付く。
            ↓
あろうことか、中国は謝罪するどころか、逆に韓国産キムチから寄生虫発見と反撃。キムチ戦争勃発か?
            ↓
困った韓国はAPECを失敗させない為に問題を収束に向かわせる。
            ↓
APEC開催。キムチごときで争ってはならないと韓国が降伏宣言。
            ↓
中韓が共闘できる事を探す。あった!靖国参拝だ!中韓連合軍結成。
            ↓
中韓共同で靖国参拝批判。中国の李外相が『ヒトラーの墓参りと同じ』と発言。韓国は後戻り出来なくなる。
            ↓
中韓の反発にことごとく反論する小泉総理と麻生外相。中韓は麻生氏に攻撃の対象を絞る。
            ↓
日本の反日、媚中、土下座派、反日マスコミを総動員して大攻勢をかける。          
            ↓
麻生氏は全く動じず。外務省幹部が『会わないというならそれで良い。向こうが会いたいというなら別だが』と発言。余裕綽々。
            ↓
韓国はちょっとだけ心配になる。『でも宗主国さまが強気だから大丈夫!』
            ↓
中国が抜け駆けして麻生氏と接触。
            ↓
『そりゃないよー。宗主国さま・・』と、慌てて日韓外相会談をセット。
            ↓
恫喝してもダメなので、泣き落としてみる。


 あっちこっちへ忙しく事大する韓国。哀れ・・(笑)。韓国が強国であるという幻想は、日本の土下座外交あってのもの。ホントに、そろそろ気付いたほうが良いですよ?韓国はその他諸々の平凡な国と同じだってこと。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:韓国について - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。