管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国外相 『もう捏造ってバレちゃった』
 先日から大きな話題になっている麻生外務大臣の『靖国の事を言うのは中韓だけ』という発言を受けて、韓国の外相は『中韓だけではない』事を証明するべく欧州に出向き、欧州議会の議員達との会談で靖国参拝批判を引き出したと公式見解を発表。先日のエントリーでは、かなり強引にこの様な発言を引き出したのではないか?と疑問を呈しましたが、やっぱりそうだったようです。こちらをご覧下さい(世界日報から以下引用)

 「欧州議会も靖国参拝認めない」との韓国外相発言は「事実とは違う」
シュテンゼル欧州議員、本紙に明らかにする

 【ウィーン5日小川敏】欧州議会朝鮮半島議員外交団のウルズラ・シュテンゼル議員は5日、本紙の電話取材の応じ、「欧州議会も小泉首相の靖国神社参拝を批判した」という潘基文・韓国外交通商相の発言について、「韓国の潘外相との会談は非公式な性格のものだった。日本首相の靖国神社参拝が議題であったわけでもない。1人の記者が質問したので、欧州議員の誰かが答えただけに過ぎない。欧州議会が小泉首相の靖国神社訪問を正式に批判したという発言は過剰な表現であり、事実とは異なっている」と述べた。

 韓国通信社の報道によれば、潘基文外相は欧州議員との会談後、「第2次世界大戦参戦国として日本軍の犠牲となった経験をもつ欧州の国民の視点から見ると、靖国神社参拝は受け入れられないという意見が多かった」と報告、「靖国参拝を問題化するのは韓国と中国だけ」といった麻生外相の発言に対して反論したという。欧州議員の証言から、韓国外相の発言が政治的意図を含んだ発言であることが明らかになったわけだ。 
 
 なお、シュテンゼル議員(オーストリア国民党・欧州議会議員)は今年7月、北朝鮮を公式訪問した欧州連合(EU)の欧州議会朝鮮半島外交協議団団長として北朝鮮を公式訪問している。

2005/12/5 22:16


 早っ(笑)。バレるのが早すぎます。1週間も経たずに捏造発覚。確か潘外相は『欧州議会』が靖国を批判しているって言ってましたよね?が、事実はこの記事中にあるように、韓国の記者の質問に誰かが答えたに過ぎない、と。利用された欧州議会の皆さんには、お気の毒でしたとお見舞い申し上げます(笑)。で、この答えた議員というのも、誘導尋問のような形で嵌められたんじゃないかと思います。こんな感じで。(12月2日のエントリーから転載)

韓国外相:あのさ、靖国神社って知ってる?
           ↓
欧州の人:ええ?うん、まあ一応知ってますよ。(靖国ってなんだっけ??)
           ↓
韓国外相:靖国はね、ヒトラーなんかと同じ戦争指導者が祀られている軍国主義の象徴なんです!
           ↓
欧州の人:はあ、それがどうかしましたか?
           ↓
韓国外相:その施設に日本の首相が参拝するんです!毎年ですよ!戦争犯罪者に祈りを捧げてるんです!

           ↓
欧州の人:・・・(なんでこいつこんなに興奮してるんだ?何だか面倒くさいから相槌打っとくか。)
           ↓
韓国外相:ね!ね!悪いと思いませんか?コイジュミは酷いと思いませんか?
           ↓
欧州の人:う、うん。そうですね。悪いですね(ウゼーこいつ)
           ↓
韓国外相:でね、麻生っていう外務大臣が『中韓しか言わない』とか言うんですよ。酷いですよね?あなたもそう思いませんか?
           ↓
欧州の人:はあ。(一体何なんだこいつは・・)
           ↓
韓国外相:やっぱり!欧州の人も酷いって言った!中韓だけじゃない!


 これは私の想像したものですが、おそらく間違っている箇所があるとすれば、会話のやり取りをしている韓国外相というのが韓国記者に代わる程度ではないかと(笑)。まあ、どの様なやり取りがあったのかは存じませんが、一国の外交を担うトップがこんな捏造をする事に対して、信じ難いと唖然とすると共に、捏造までして『靖国カード』にしがみつく韓国政府に哀れみさえ感じます(ウソ)。韓国が信義もへったくれも無い国であるというのは、日本人には浸透して来ましたが、欧州の人にもこれを期に知って頂きたいものです。

 『中韓だけではない。欧州議会も言っている』という餌に、日本の反日マスコミがいつ食いつくか、若干心待ちにしていました(笑)が、今のところ釣れたのは日本共産党の機関紙『しんぶん赤旗』だけのようです。(ソース:12月3日しんぶん赤旗

 さすがに他の報道機関は胡散臭すぎると思ったのでしょうか、静観を保っていますが、ほとぼりが冷めた頃に、他の問題と絡めて、何食わぬ顔で言い出すかもしれませんので、注意してウォッチしていきたいと思います。最後に、情報を頂いたビッ地さん、タレコミありがとうございました。


関連エントリー:『中韓だけではない!欧州も悪いと言っている』だって(笑)


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:外交 - ジャンル:政治・経済

小泉総理 『延期?別にいいんじゃない?』
 小泉総理の靖国参拝を問題視し、会談拒否などと意地を張り続ける中国と韓国。予定されていた東アジアサミットでの日中韓首脳会談を延期する旨、中国が発表したようです。まず、こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

日中韓首脳会談も拒否 中国、靖国参拝問題で牽制

 【北京=野口東秀】中国外務省は四日、マレーシアで今月中旬に開催される東南アジア諸国連合と日中韓(ASEANプラス3)首脳会議に合わせた日中韓三カ国首脳会談の開催を延期すると発表した。
 中国は日中首脳会談について、国際会議を利用した場でも応じない姿勢を日本に示してきたが、韓国を含めた三カ国首脳会談も拒否する意思を示すことで、首相の靖国神社参拝問題で一切妥協しない姿勢を内外に示す狙いがある。
 中国外務省は「現在の雰囲気と条件にかんがみて」会談できる環境ではないとしたうえで、「適当な時期まで延期する」としている。北京の日中外交筋によると、中国政府はすでに外交ルートを通じ日本政府にその意向を伝えた。
 ASEANプラス3首脳会議を利用した三カ国首脳会談は、一九九九年に始まり、毎年開催され、今回は七回目だった。
(産経新聞) - 12月5日2時39分更新


 日中2国間の会談拒否では飽き足らず、3カ国会談も拒否ですか。いっそのこと東アジアサミットも拒否したら如何でしょうか。小泉総理も出席しますよ?まあ、そんな事がまだ揺さぶりになるとでも思ってるんでしょうね。日本国内の中共工作員『加藤紘一氏』も頑張ってはいますが、喋れば喋るほど国民には軽蔑される一方ですので、そろそろ戦略の転換をおすすめします。

 この中国の発表を受けた小泉総理の反応を紹介します。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

中韓との首脳会談「延期で結構」=靖国「外交カードにならず」と強調-小泉首相

 小泉純一郎首相は5日昼、東南アジア諸国連合(ASEAN)プラス3(日中韓)首脳会議に合わせて調整していた日中韓首脳会談の延期について「わたしはいつでもいいですけどね。向こう(中国)が延期する。それでも結構です」と、これ以上日本側から求めない考えを明らかにした。首相官邸で記者団に語った。
 首相の靖国神社参拝が影響したとの見方に対しては「もう靖国は外交カードにならない。いくら中韓が外交カードにしようとしても無理だ」と今回の中国側の対応を批判した。記者団の「国民の大多数は靖国問題が原因だと考えている」との質問にも「そうじゃない。批判する方がおかしいと思っていますから」と、自らに非はないとの立場を強調した。 
(時事通信) - 12月5日15時1分更新


 言っちゃった。はっきりと『もう靖国は外交カードにならない』って言っちゃった(笑)。さあ皆さん、目を閉じて想像しましょう。地団太踏んで『ムキーッ』と奇声を発して悔しがる、中国と韓国の首脳の姿が見えませんか(笑)?と、冗談はさておき、今回のサミットでは、自由、民主主義、人権などを持ち出して中国を牽制する予定だそうですから、日中の対立が鮮明になるでしょう。マレーシアのマハティール前首相が日中の対立を懸念しているようですが、中国の膨張を警戒する国々は『ついに日本が立ち上がった』と、逆に歓迎するのではないでしょうか。

 おそらく、中共工作員たる政治家、一部マスコミなどは日中の対立だけを捉えて総理を批判するでしょうが、中国主導の東アジア共同体結成を阻止する事が、将来の日本の国益にどれだけ貢献するか。上記事中で小泉総理に『国民の大多数は靖国問題が原因だと考えている』なんて勝手に決め付けて質問している記者には半万年かかっても理解できないでしょうね。しかし、一体どこの記者だ?どうせ朝○か東○でしょうが、国民の大多数なんて捏造するんじゃない!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。