管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
空騒ぎ北朝鮮 『すべてデッチ上げの妄言だ』
 北朝鮮による偽造ドル紙幣製造、資金洗浄の疑いが強まった中、米国はマカオにある銀行に制裁を発動し、この不正な金の流れをストップさせました。北朝鮮の貴重な収入源である偽造紙幣、ミサイルや麻薬などの販売代金の還流が止まり、慌てた北朝鮮は米国に制裁の解除を求めて金外務次官を訪米させようとしますが、当初、米国は入国ビザの発給を拒否。その後どのような経緯があったのかはわかりませんが、一応ビザが発給されることになり、金次官は訪米の準備をしていたようです。ところが事態は一変。こちらをご覧下さい(Yahoo ニュースから以下引用)

北、6カ国再開を拒否 米に通告、訪米中止に反発

 【ワシントン=樫山幸夫】北朝鮮は二日、次回以降の六カ国協議の再開を拒否する意向を米政府に伝えてきた。双方の認識の対立から、金桂寛外務次官の訪米が中止になったことが理由。米政府は北朝鮮への説得を開始する構えだが、再開まで再び長い空白が生じる恐れが出てきた。
 
 ワシントンの外交筋などによると、ニューヨークの北朝鮮国連代表部の高官が国務省朝鮮部幹部に電話、そうした意向を伝えた。電話連絡の中で北朝鮮側は、金桂寛次官が訪米し、クリストファー・ヒル国務次官補(東アジア太平洋担当)との会談が実現するまで、協議再開に応じる意思はない-という強い姿勢を表明。米国の姿勢を「信頼関係を損なう」と強く批判した。
 あわせて北朝鮮は、今月中旬に六カ国協議の非公式会合を済州島で開いてはどうかという韓国政府の提案も拒否する方針を明らかにしたという。
 六カ国協議の北朝鮮代表、金桂寛次官は今月中にニューヨークを訪問する予定だった。目的はマカオの銀行を舞台に、北朝鮮が偽造紙幣の流通、マネーロンダリングなどを行っていた問題についての話し合いだった。
 北朝鮮はこの訪米を通じて、マカオ問題に関する協議・交渉を行いたい意向をもち、ヒル国務次官補らとの話し合いを望んでいた。しかし、米国側は、財務省の担当者がマカオ問題に対する米国の立場、方針を説明するだけ-と主張して見解が対立。結局、金次官の訪米は見送られた。<以下略>
 
 (産経新聞) - 12月4日3時6分更新


 要するに、北朝鮮は制裁解除の協議が行われると勝手に思い込んでいたけれど、米国は制裁の理由を金次官に申し送りするだけで、協議には応じませんと(笑)。やりますねえ。で、怒り狂った北朝鮮は6カ国協議の再開を拒否、といつもの恫喝でどうにか問題を動かそうとしているわけです。まあ、真剣に北朝鮮問題を解決したい日米からすれば、今の6カ国協議は時間の無駄だと思いますので、日米が金融、経済制裁で北を干上がらせ、米軍が軍事的圧力で押していけば、問題の解決は早まるかもしれません。

 協議再開拒否の他にも、北は強硬な姿勢を打ち出しています。先日明らかになったタイ人の拉致被害者の存在を『でっち上げ』、『戯言』などと言い放ち、相変わらずのトチ狂いっぷりを見せてくれています。(ソース:Yahoo ニュース

 このまま協議の再開の目処が立たないなら、日本としても何か考えないとなりません。米軍の軍事行動に参加する事は出来ないですが、資金の流れを止める事は可能です。先日、整理回収機構(RCC)が破綻した北系の民族金融機関から引き受けた不良債権の融資先に、朝鮮総連があった事を突き止め、総額600億円以上の返還を求めた訴訟を起こしました。(ソース:Yahoo ニュース

 総連は支払いを拒否していますが、1兆4千億もの公的資金投入を受けながら、盗人猛々しいとはこの事。今までは、あくまでも日本が大目に見てきただけであって、公的資金投入の要件を満たさない『架空口座』や不正送金などを追求して返還を求め、払わなければ総連の資産を差し押さえて活動を押さえ込めば、米国による制裁も合わせて、北朝鮮の資金源はほぼ無くなります。泣きついて来ることは間違いありません。

 公的資金投入の是非を蒸し返せば、北朝鮮から直接、間接的に献金や支援を受けていた政治家が多数存在する日本の政界にも激震が走る事になりますが、今の政権の安定度から言えば、やれない事はない。今こそ北朝鮮の謀略機関を叩き潰すべきだ。


 参考リンク: 朝銀ってなに?公的資金って何?


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:国際問題 - ジャンル:政治・経済

『媚中派』今日も元気だ土下座が楽しいっ!
 最近、メディアへの露出が目立つようになったYKKの1人である加藤紘一氏。昨日のテレビ朝日サンデープロジェクトにも出演し、総理の外交姿勢を批判。その主張は『中国を刺激するな』の一点に尽きました。加藤氏の主張する意味は、中国が声を荒げて非難する事柄に関しては、とにかく唯々諾々と頭を垂れて中国様のご高説を有難く頂戴するようにというもの。世間に中国の非道極まりない姿が明らかになった今、こんな卑屈な媚中発言を繰り返す加藤氏とは、一体何者なんでしょうか。

 総選挙の大勝を受けた自民党の雰囲気を評して、『自民党には発言の自由がなくなった』と仰るわりには、色んなところで小泉外交批判を展開してますね(笑)。麻生外相と安倍官房長官に『中国や韓国を刺激するな』と釘を刺す事も忘れませんでした(笑)。加藤氏がこの様な発言を繰り返す背景には、自分の主張が国民の多くに支持されているという大きな勘違いがあると思います。反日マスコミが持ち上げたって、世間様は騙されませんよ?土下座は気持ち良いですか?加藤先生。

 サンデープロジェクト内で、『反小泉』で一大勢力結集か?なんて煽られてましたけど、加藤さんはまた担がれてしまうんでしょうね(笑)。まあ、御輿は軽くてパ○が良いなんて言いますから、適任かもしれませんが。さて、お次はかつての総理候補であった高村元外相です。韓国の中央日報のインタビューを受けたようです。その一部をご覧下さい(中央日報から以下一部引用)

「アジアから信頼されない日本は米国にとっても魅力を感じないだろう。アジア周辺国の信頼を得ることが日本の対米外交にも役に立つという点を考慮すべきだ」

「98年の金・小渕首脳会談で、金前大統領は文書で謝罪すれば韓国は2度と過去の問題を外交イッシューにしないから20世紀のことは20世紀に終わらせようと言った。これにより小渕元首相も共同宣言文に「謝罪」という表現を入れた。それは大多数日本人の心でもあった。共同宣言文に盛り込まれた謝罪の表現について韓国民が疑問をもつような言行を日本の政治家はしてはいけない。韓国もより冷静に両国関係を円満に解いていくための努力をしなければならない」<以上高村氏の発言>


 信頼を勝ち取るねえ・・あちらさんの意見というか、捏造まで鵜呑みにして得る信頼なんぞ1兆円貰ってもいらんわい、と思ったりしますが(笑)、この人があの『謝罪』声明したときの外相だったんですね・・『もう二度と言わない』と約束させた本人が、韓国側の約束破りを黙認して、日本の政治家が悪いと仰る。頭大丈夫なんでしょうか?そんな高村氏を中央日報はこう評します。『自民党内重鎮議員の中で外交、経済分野の最高専門家といわれ、すぐれたバランス感覚と論理的話術が際立つ』ですって(笑)。韓国に認められたんですね。おめでとうございます(哂)。

 続いて少し古い情報ですが、11月下旬に北京を訪問したある政党の幹部がいたそうです。たしか日本新党とか言いましたかね。そんな政党が出来た事さえ忘れかけていましたが、北京の中心で『反小泉』を叫んだようです。こちらをどうぞ(sankei webから以下一部引用)

首相との対決へ支持訴え 新党日本幹事長、北京で講演

 新党日本(代表・田中康夫(たなか・やすお)長野県知事)の荒井広幸(あらい・ひろゆき)幹事長は30日、訪問先の北京で講演。小泉純一郎首相と対決する考えを強調した上で「中国のみなさんは有権者ではないが、こうした党の存在を知って、理解いただきたい」と述べ、出席した中国共産党関係者らに新党日本への“支持”を呼び掛けた。

 郵政民営化関連法案に反対し自民党を除名された荒井氏は、首相の政治手法を「国民に語りかける言葉が短く、説明責任を果たしていない」と痛烈に批判。出席者の関心を集めた。<以下略>


 こちらは堂々と中国共産党への支援要請です(笑)。ここまでやると逆に爽やか。よろしい、民主党が労組の傀儡と呼ばれていますから、それに倣って今日から中共の傀儡と呼んであげます。で、小泉総理の政治手法を批判するくだりは、もちろん中国共産党の血も涙も無い粛清を暗に批判してるんですよね?いや、そうに違いない(笑)。

 どいつもこいつも、そんなに土下座が好きなら『土下座大使』に任命してやる。但し、日本国籍は離脱して行くように。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:政治家 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。