管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
台湾の声を聞け! 『陳総統の日本への期待』
昨日、台北において、台湾総統の陳水扁氏が朝日新聞のインタビューに答えたようです。まず、こちらのニュースをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

アジア秩序、日本に期待 陳・台湾総統が本紙と会見

2005年11月10日03時01分

 台湾の陳水扁(チェン・ショイピエン)総統は9日、台北市内の総統府で朝日新聞記者のインタビューに応じ、「中国の台頭に対して、日本はアジア太平洋でもっと積極的な役割を果たして欲しい」と述べ、地域の秩序維持のため、日本がより大きな責任を負うよう求めた。
 陳総統は中国台頭などで地域の安全保障環境が大きく変化していると指摘。中国の安保戦略について、台湾との統一だけでなく、地域的な影響力をめぐって日本や米国と競い合うことも念頭に置いて太平洋に進出することが狙いだと説明した。

 そのうえで、日本に対しては「政治、軍事面でリーダーシップを発揮できる」と語り、地域安全保障により積極的な関与を求めた。具体的には、国連平和維持活動への参加拡大に加えて、地域諸国間の戦略的均衡を維持する「バランサーになることができる」と説明。日本の改憲論議についても、自衛隊の役割拡大という観点から「非常に関心を持っている」と述べた。

 政治的緊張が続く中国との関係正常化については「当然期待する」として、胡錦涛(フー・チンタオ)国家主席との直接対話に意欲を示しつつも、台湾野党との交流を進めるなどの最近の中国の動きに対しては「統一を狙い、台湾内部をばらばらにするものなら受け入れられない」と警戒感を示した。

 日米両国が今年2月の安全保障協議委員会(2プラス2)で、在日米軍再編の前提としてまとめた共通戦略目標に、「台湾海峡問題の平和的解決」を含めたことに対しては「感謝する」と語り、今後の日米同盟の変革に強い関心を示した。

 一方で、独自の防衛力増強の必要性を強調。潜水艦、P3C哨戒機、パトリオットPAC3ミサイルなどの米国からの兵器調達計画が、野党の反対で4年以上も滞っていることは「遺憾」と表明した。
 さらに、台湾が初めての「国家安全戦略報告書」を策定中であることを明らかにして、防衛予算を08年までに、対GDP(域内総生産)比3%に引き上げる方針を書き込むことも明らかにした。


 中国の圧力にされされ続けている台湾。その台湾総統が持つ、中国の海洋覇権確立戦略への認識は大変重いものです。陳総統が指摘されている『台湾との統一だけでなく、地域的な影響力をめぐって日本や米国と競い合うことも念頭に置いて太平洋に進出することが狙いだ』・・この発言には、当事者としての危機感が感じられます。

 日本は『地域諸国の戦略的均衡を維持するバランサーになる事が出来る』という期待をして頂いている通り、中国の台頭によって、地域のパワーバランスが崩れつつある現在、日米台で協力して中国に対抗するべきだと思います。(ただ、『バランサー』という言葉は、隣の国のファンタジー大統領が多用する言葉ですので、なんだかムズガユイですが・・笑)

 現在、台湾が抱える大きな問題として、中国の台頭によって国民党を中心に『親中派』が増殖し、なるべく中国を刺激したくないと言う理由で国防費が年々減少。新しい装備を購入できないという事態になっています。これまで、装備の劣る中国側に対して有利な立場を保ってきた台湾ですが、このままだと近い将来戦力が均衡することになり、台湾有事へと突入する可能性が高まると言われています。

 陳総統の日本への要求は、ただ一点『共に戦う意思』を見せて欲しいという事だと思います。日本は現在でも世界第2位の経済大国。防衛力を効率的に行使する環境は、残念ながら整っているとは言えませんが、その気になれば『地域安全保障』に十分貢献できる底力を持っています。

 台湾はもちろん、東、南シナ海への中国軍の進出は、日本にとって喜べるものではありません。中国は最初から『日米との対決』を念頭において動いていることから、日本が選択するべき道はただ1つでしょう。中国の進出に目を瞑り、中国に屈するかたちでの『友好』は、そのまま隷属を意味します。

 この陳総統の期待を踏みにじってはならない。政府は真剣に検討し、選択する時期に来ています。『自由』か『隷属』か、を。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:国家防衛 - ジャンル:政治・経済

盧武鉉大統領 『私の自意識は宇宙だ!』
 昨日より、北朝鮮問題を話し合う6カ国協議が再開されました。今回の協議の日程は、わずか3日間ということで、特に進展する問題は無いものと見られていますが、各国首脳の中で、一人怪気炎をあげている方がいらっしゃるようです。こちらのニュースをご覧ください。(NIKKEI NETから以下引用)

韓国大統領、6カ国協議で主導的役割担う考え表明

 【ソウル=池田元博】韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は8日、ソウル常駐の外国人記者団との会見で北朝鮮の核問題をめぐる6カ国協議に触れ、「韓国は一番切実な当事者だ」として、韓国政府が協議で主導的役割を担うべきだとの考えを表明した

 大統領は「6カ国協議がうまくいかず国際紛争が起きれば一番決定的な脅威を受け、うまくいったときも未来の運命に一番決定的な影響を受ける国家が韓国だ」と指摘。従って韓国は協議で主導的役割をすべきで、韓国の意思が尊重されなければならないと述べた。

 協議の見通しについては「常識と責任がある人々が考えてみれば、他の方法はないのではないか」と言明。6カ国協議が問題解決の最善の方策との見方を示すとともに「時間はかかるかもしれないが、(協議が)失敗することはありえないだろう」と語った。 (20:00)



 『北東アジアのバランサーになる』とぶち上げたものの、誰からも相手にされず、自分の頭越しに米国と中国が主導権を握っていることを相当苦々しくおもってるんでしょうね(笑)。俺の面子を立てろ!ってことでしょうか。でもね、韓国一国で問題解決出来ないから他の国が介入してるんでしょうが。

 北朝鮮の思惑に踊らされている韓国の現政権に、誰が主導権を譲りますか?(笑)肥大した自意識がこんな事を言わせるんでしょうが、自分の姿が見えないんですかねえ。大事な事は、韓国が主導権を握る事ではなく、北朝鮮問題を解決する事だと思うが。北朝鮮は、交渉のカウンターパートとしては米国しか見ていませんよ?北は『韓国は手下だ』くらいにしか思ってないんじゃないかと・・

 拉致問題を一刻も早く解決したい日本だって、協議の主題にするために主導権を握りたいでしょう。だからといって問題解決を置いといて主導権を握りには行きません。米国と共同歩調をとって当たる事が大事だと認識しているからです。

 あっちへ付いたり、こっちに付いたりするのは、問題をややこしくするだけだ。バランサーになる『ため』に協議へ参加しているのなら、とっとと外れろ!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。