管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
国立追悼施設を考える会発足 『靖国に代わるものなど無い』
本日、新たな戦没者追悼施設の建設を推進する、超党派の議員連盟が総会を開きました。建設に向けた調査費の来年度予算への計上を目指すそうです。まず、こちらのニュースをご覧下さい。(中国新聞から以下引用)

追悼施設促進の議連旗揚げ 日韓改善へ与野党で
 新たな国立戦没者追悼施設の在り方を検討する超党派の議員連盟「国立追悼施設を考える会」の設立総会が9日午前、衆院議員会館で開かれる。自民、民主、公明各党から100人程度が参加する予定。小泉純一郎首相の靖国神社参拝で悪化した日韓、日中関係の改善を目指すのが狙いだ

 会長には自民党の山崎拓前副総裁、副会長に民主党の鳩山由紀夫、公明党の冬柴鉄三両幹事長が就任。官房長官当時、私的諮問機関から追悼施設建設の提言を受けた福田康夫氏のほか、公明党の神崎武法代表も名前を連ねている

 議連設立は、山崎氏が10月20日にソウルで鄭東泳統一相と会談した際、戦没者追悼施設の建設を検討するとした日韓首脳会談合意の実現を強く求められたのがきっかけ。山崎氏が帰国後に冬柴、鳩山両氏と対応を協議し設立が決まった。



 以前のエントリーで、靖国に代わる追悼施設の建設など『無用な混乱を招くだけ』であると書きました。主に中国や韓国の批判に答えた形での建設推進なんでしょうが、建設を推進する勢力は、あちらさんの『誤解』とやらを解くために『無宗教』『すべての戦没者』などのキーワードが強調しています。これは外国の圧力によって建設しようとする『妥協』の産物であり、新たな追悼施設建設に関する世論調査でも、中韓がそれでうるさく言わないなら賛成という意見が多く、この施設の建設は国民が心から願っているものではない事を示しています。

 建設の条件とされている無宗教の施設なんて噴飯物ですが、この辺りへの批判はエントリー下部に関連エントリーのリンクを貼っておきますので、そちらをご覧頂く事にして、安部官房長官の追悼施設建設に対しての発言を紹介します。(sankei webから以下引用)

追悼施設と靖国参拝は別 安倍氏「代替とならず」

.
 安倍晋三官房長官は1日午後の記者会見で、2002年に当時の福田康夫官房長官の私的懇談会が打ち出した新たな国立戦没者追悼施設に関し「懇談会は靖国神社を代替する概念で追悼施設を検討したわけではない。小泉純一郎首相の参拝と施設の検討はある意味では別問題だ」と指摘した。

 中国、韓国が問題視している靖国神社でのA級戦犯の合祀(ごうし)については「かつて大平正芳首相が『歴史家が判断することではないか』と述べたが、わたしもそうではないかと思う」と述べた。

 両国が首相の靖国参拝に反発していることには「気持ちは十分に理解できるが、一国のリーダーとして国に殉じた方に手を合わせるのは責任感からの行為であり、各国のリーダーが行っている」と強調した。(共同)



 野党や一部マスコミなどは、必死に『靖国に代わる』という枕をつけて新しい追悼施設建設を論じますが、安部官房長官が指摘されている通り、全くの『別物』なんです。靖国は靖国であって、代わるものなど無いのです。

 総理の靖国参拝を批判する人達の本当の目的は、靖国神社の廃止、あるいは形骸化にあります。批判をかわす目的で代替施設などを作ったとしても、何だかんだと理由をつけて靖国参拝を批判し続けるでしょう。『追悼施設があるのに云々』という余計な口実を与えるだけです。

 施設建設に対する現在の政府は『国民の世論、与党(自民党)の意見を良く見極めて検討する』という立場です。外国への配慮で作るような施設は要らないという声を高めれば、この計画は頓挫するものと思われます。

 私は追悼施設の建設には明確に反対です。なぜなら、慰霊が目的ではなく、外国への言い訳用として作られるからです。もし、施設が出来たとしても、『靖国に代わる』という枕が付く限り、絶対にその施設には行かない。政府がそう言わなくても、中韓、政治家、マスコミが『靖国に代わる』と言い続ける限り、行きませんよ?絶対に。


関連エントリー:靖国に代わる追悼施設建設 『無用な混乱招くだけ』


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト

テーマ:靖国参拝 - ジャンル:政治・経済

韓国開催APEC直前 『大規模反米デモ勃発か』
今月12日から韓国の釜山にて開催されるAPECが目前に迫って参りました。参加予定の中国とはキムチ戦争でギクシャク、靖国参拝で日本が折れないのでアタフタ。主催国の韓国は、開会前から大きな問題を抱えて頭が痛いところです。そんな中、もっとマズイ状況がAPEC開催中に起こりそうです。まず、こちらのニュースをご覧下さい。(中央日報から以下引用)

「APEC反対デモに最大3万人集まる見込み」許准栄警察庁長

許准栄(ホ・ジュニョン)警察庁長は7日、釜山(プサン)地方警察庁・大会議室で記者会見し、アジア・太平洋経済協力会議(APEC)首脳会議の治安対策に関連「残りの期間中に、治安体制作りに総力を挙げ、安全と秩序を確保する考え」と述べた。

APEC首脳会議は、釜山で12~19日開催する。許庁長は「会場周辺に警備隊を配置し、地下鉄など公共施設では軍・消防・ボランティアメンバーらと合同で対テロ活動を展開するなど万全を期している」とし「全国の警察が7日から、特別非常勤務体制に突入した」と伝えた。また「安全なAPECのために違法な暴力デモは法と原則に基づいて厳しく対処する方針」とし「平和な祭典になるよう国民に協力を願いたい」と要請した。

続いて「APECの首脳らの宿所や会場が密集している釜山の4地域を特別治安強化区域に宣布し、同地域の治安を強化している」と付け加えた。許庁長は、APECに反対する団体のデモに関連「最大約3万人が集まる見込み」とし「それら団体を説得し、釜山に集まるデモ人員を最大限に減らす考え」と話した。


 APECへの反対デモが行われるとこの記事では書いていますが、G7ならともかく、なぜAPEC?と思っていたところ、参加国の中に米国があったことを思い出しました。ブッシュ大統領が出席するんです。これまで、386世代を中心に若い世代が何度も反米デモを行っていますが、ブッシュ大統領訪韓に合わせてデモを行う事は穏やかじゃありませんね。

 以前のエントリー中で『全教組』という韓国の教職員組合の実態を紹介しましたが、最近、偏向教育が問題視されており、韓国の過去の政権批判、そして反米を刷り込むという事が特に懸念されています。偶然かもしれませんが、今回のAPEC開催地の釜山では、全教組の釜山支部がブッシュ大統領を卑下する内容の『洗脳映像』を製作し、教材として使ったり、HPに掲載して公開するなど、物議を醸しています。

 国民からの批判を受けて全教組の釜山支部は、HPでの公開を取りやめますが、この映像を使った生徒への教育は続けているようです。さらにこんな情報もあります(中央日報から以下引用)

全教組「APEC関連授業」、全国で展開

全国教職員労働組合(全教組、委員長:李銖日)は、最近、ブッシュ米大統領を卑下する内容の映像を含ませた授業資料で議論を呼んだ釜山(プサン)支部の「APEC(アジア太平洋経済協力会議)関連授業」を、全国に拡大、実施することを決めた。授業の内容には、ブッシュ大統領を卑下する内容の映像も含ませる、としている。

全教組は7日午前、永登浦(ヨンドゥンポ)の全教組本部で記者会見し「APECの行事期間である14~18日、全国で共同授業を展開する」とし「授業資料にはブッシュ大統領を卑下した映像も含まれる」と伝えた。また「政府と釜山市教育庁が、APECの肯定的効果だけを広報する授業資料を配っているが、社会の主要懸案に関連した資料を提供するとのレベルから、全国でAPEC関連の授業を行う計画であり、そのための関連資料も作る考え」だとした。

今月1日、野党ハンナラ党によって初めて公開された問題の映像は、全教組の釜山支部が配った「APECを正しく認識するための授業」と題付けられた資料で、ブッシュ米大統領を暴言や下品な言葉を使う人物に描写している。全教組は「ハンナラ党が一部資料を問題視し、共同授業の根本的な趣旨には背を向けたまま、国民をあおっている」とし「米大統領関連の映像は、生徒が社会的現象を理解するうえで役立つと判断し、当然新しい資料にも含ませる考え」と伝えた。


 わざわざAPEC開催中に『全国』で、この授業を展開するようです・・懸念を発表した野党ハンナラ党への反論で、『一部の内容を問題視して国民を煽っている』と言った全教組には開いた口が塞がりませんね。どっちが煽ってるんだよ!と。

 開催中はブッシュ大統領の姿が頻繁にテレビなどで見られると思いますが、事前にこの映像教材を見た子供達は『ブッシュ憎し』という感情を間違いなく抱くでしょうね。まったく不幸な事です。子供の頃に刷り込まれたものは克服するまで長い時間が必要となり、将来、『何が何でも反米だ!』と、叫ぶ子供達の姿を想像するだけで心が痛みます。

 もう1つ心配な事は、子供達がデモに動員されないか?と言う事です。韓国のデモのやり方は、ちょっと信じられない戦法を使う場合があります。例えば、デモを鎮圧する警官隊が手出しし難いように女性や身体障害者といった『か弱い』存在をを先頭に並べたりします。デモの先頭に子供が並べられることも無いとは言えず、全教組の教員が『これから課外授業に出かけます。今日はデモ行進に参加しましょう。』なんて言い出して子供達が参加することになったら・・

 私は、今回行われるであろうAPEC反対デモが、反米→反ブッシュ→米軍撤退デモといった方向に拡大する事を懸念すると共に、子供達が酷い目に遭わないことを心から祈ります。

 やるなら大人だけでやれ!絶対に子供を巻き込むんじゃないぞ!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。