管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
韓国外相帰国 『お土産は無しよ』
 27日から訪日している韓国外相の潘基文氏。初日に町村外相との会談後、新たな追悼施設の建設を要求するも言質は取れず、翌日小泉総理との会談でも同様に参拝批判、追悼施設建設の要求を突きつけ、盧武鉉大統領の訪日をカードにして日本側に譲歩を求めますが、小泉総理は従来の立場から一歩も出ませんでした。まあ、知れきった結果というか、政府側要人との会談で特別注目する動きはなかったですね。小泉総理との会談の内容はこんな感じです。(sankei webから以下引用)

靖国参拝、姿勢変えず 小泉首相、韓国外相と会談

 小泉純一郎首相は二十八日午後、首相官邸で来日中の韓国の潘基文外交通商相と会談した。潘外相は靖国神社参拝を中止するよう改めて要請したが、首相は「(参拝は)不戦の誓いのためだ」との考えを重ねて表明した。潘外相は二十七日の来日以来、靖国神社とは別の追悼施設の関連予算の計上を求めており、政府内では内政干渉のような要求だとして不快感も広がっている。

 「重い気持ちで訪問し、個人的には遺憾に思っている」。表敬訪問の形をとった二十八日の会談で、潘外相は握手もそこそこに小泉首相に対する不満をぶつけた。

 会談で小泉首相は十一月のアジア太平洋経済協力会議(APEC)での日韓首脳会談の開催や十二月の盧武鉉大統領の来日実現を求めたが、潘外相は「大統領に報告する」と答えただけ。こうした韓国側の対応に、官邸サイドには「そんなに(大統領が)来たくなければ来なくてもいい」との声も出ている。 

 一方、潘外相は小泉首相が今年六月の日韓首脳会談で国民世論を考慮しながら検討するとした新たな追悼施設に関する検討状況を尋ねたが、首相は「この問題は国内にいろんな意見がある。世論を見極めながら検討したい」と述べるにとどまった。

 会談後、首相は記者団に「戦没者に対する哀悼の意を込めて参拝しているので、それは理解してもらわなきゃいけないという話だった」と述べ、靖国参拝に関する姿勢を、変えない構えを見せた。


 大統領の訪日に関して、『そんなに来たくなければ来なくて良い』には笑ってしまいましたが、その通りですね。何が何でも会わなければならない理由などありません。また同じような事を繰り返すだけでしょうし、先日の韓国の国会議員選挙で与党ウリ党は『全敗』してしまい、執行部が総退陣するようなので、盧武鉉政権はレイムダック化すると思われ、あと出来る事といえば、訪日して無礼の数々を働いて韓国向けに『反日っぷり』をアピールすることぐらいしかないでしょうから、気分が悪いですし、来なくて結構でございます。

 そんな中、韓国外相の訪日に合わせて靖国神社に代わる追悼施設建設を推進する議員連盟が発足。自民側からの顔ぶれには山崎、加藤、額賀氏、そして福田元官房長官らが発起人となっているようです。次の総理候補に名前が挙がっている福田氏がこの議員連盟に積極的に参加する事は大きな意味を持ちそうです。週明けの内閣改造人事で外相、あるいは官房長官返り咲きとなれば、次期総理レース有力候補になるでしょうから、今後、この動きは加速する可能性があります。

 福田総理誕生となれば、せっかく小泉総理が敷いた靖国参拝の恒常化、歴史認識カードの無効化に向けた動きが逆戻りする事になり、私としては、福田氏の重要ポスト起用は止めていただきたいと思います。

 そんな福田氏を後押しするかのように、似非保守新聞である読売新聞が社説で援護射撃しております。こちらをご覧下さい(Yomiuri Onlineから以下引用)

10月29日付・読売社説(2)

 [靖国参拝問題]「国立追悼施設の建立へ踏み出せ

 小泉首相は、どう日中、日韓外交を打開するのか。

 首相の先の靖国神社参拝後、中国は、予定された町村外相の訪中を拒否し、首脳同士の会談の見通しも立たない。

 韓国は、当初は取りやめるとしていた潘基文外交通商相の訪日は実施した。北朝鮮の核廃棄を巡る6か国協議や11月の釜山でのアジア太平洋経済協力会議(APEC)の準備もあるからだろう。

 だが、潘氏が、小泉首相や町村外相に最も強調したのは、首相の靖国神社参拝に対する抗議と、新たに国立の戦没者追悼施設を建設することだった。予定されている盧武鉉大統領の年内来日も「現状では厳しい雰囲気だ」と言う。

 小泉首相や町村外相は、改めて、「戦没者の追悼と不戦の誓いのためだ」と靖国参拝への理解を求めた。

 中韓両国の批判の重点は、いわゆるA級戦犯の合祀(ごうし)にある。だが、靖国神社は教学上、分祀は不可能だ、とする立場を堅持している。「分祀」で中韓両国の理解が得られる見通しは立たない。

 極東国際軍事裁判(東京裁判)が国際法的に妥当なものだったかどうかは、当時から内外に様々な議論がある。だが、小泉首相は、先の通常国会で、A級戦犯について、「戦争犯罪人であると認識している」と答弁した。

 「戦争犯罪人」と明言したのは、歴代首相で、小泉首相が初めてだ。「戦争犯罪人」と認識した上で、A級戦犯が合祀されている靖国神社に参拝するのは、どう見ても、おかしい。

 A級戦犯の分祀が出来ないなら、無宗教の国立追悼施設を建立するしかない。2002年末、当時の福田官房長官の私的懇談会は、戦没者の追悼のあり方について、追悼・平和祈念のために、国立の無宗教の追悼施設の建立を提言した。

 今年6月の日韓首脳会談の際、小泉首相は、国立の無宗教の追悼施設について「日本の国民世論など諸般の事情を考慮して検討していく」と伝えている。

 自民、公明、民主3党の有志議員は、国立の無宗教の追悼施設建設を求める超党派議員連盟を設立し、来年度予算での調査費計上の問題も論議するという。

 政府は、具体的な検討に入るため、調査費を計上すべきではないか

 ただ、他国の“圧力”で進めるものではない。当然、強い反発が予想され、全国民がこぞって戦没者を追悼し、平和を祈念する場とはならない恐れがある。

 新たな追悼施設の建立は、日本国民の主体的な判断ですべきことだ。そのために、中韓両国も「静かな環境」を作ってもらいたい。(2005年10月29日1時32分 読売新聞)



 なんですか?この社説。A級戦犯が分祀出来なければ追悼施設を作るしかないって断言してるし・・最後の『他国の圧力で進めるものではない』にはあきれます。この追悼施設建設は、日本の伝統文化、宗教観を理解できない、あるいは理解しようとしない『中国韓国』向けに『言い訳用』に建設されるものです。それは強力な『圧力』があったから。この動きの中に『主体性』をどうやって見つけるというのか。朝日や毎日は『アレ』として、稀に読売もトンチンカンな事を言い出します。

 いいかげんにしろ!読売!



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
スポンサーサイト

テーマ:それでいいのか日本国民 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。