管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
小泉総理靖国参拝 成果は『爆釣』
 今朝のエントリーで総理の靖国参拝について書きました。予想通りかなりの大騒ぎでしたね。午前中に参拝の模様をみましたが、マスコミの動きにはかなり驚かせられました。靖国神社での取材はもちろん、政治家への取材、さらに中国と韓国の国民への街頭インタビューが昼のニュースに出揃うなど、優秀(笑)なところをみせてくれました。

 各党の幹部は参拝を受けて発言を求められていましたが、なかでも気になる人をピックアップしてみましょう。まずは総理のかつての盟友、加藤氏の発言。(NIKKEI NETから一部引用)
 

加藤氏の発言

「行くべきではなかった。今まで以上に日中関係がこじれるだろう」

「日中の経済関係にも悪い影響を及ぼす。国連安保理の常任理事国入りにマイナスの影響があるし、中国での新幹線建設も危なくなる恐れがある」

 

 次に連立与党を組む公明党の神崎代表の発言。
asahi.comから一部引用)

 神崎氏の発言

「私的参拝でも政治的意味があるので、連絡がほしかった」

「総理の口から国民と諸外国に対してよく説明し、このことが友好関係を損なわないよう努力してほしい」

「A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社への参拝は遺憾だ、自粛すべきだと申し上げてきた。誠に残念だ」

「中国も韓国もノドに刺さったトゲのように見ているので、この問題はそう簡単ではない」

「連立の合意に靖国問題は入っていない。連立を解消することはない」



 続いて、小泉総理のかつてのライバル、元民主党代表鳩山氏の発言
asahi.comから一部引用)
 

鳩山氏の発言

「総理大臣の靖国参拝は、仙台高裁、大阪高裁判決をはじめ違憲性が指摘されており、疑義が根強く残っている」

「国民に対しても近隣諸国に対しても、説明責任を果たさないまま参拝を繰り返す小泉総理の姿勢は、わが国の国益を損なう事態を招いており、大変残念だ」



 野党第一党である民主党の代表、前原氏の発言
asahi.comから一部引用)

 前原氏の発言

「A級戦犯が合祀(ごうし)されている靖国神社に、首相が参拝されることについては極めて遺憾に思っている。しかも、違憲判決が初めて高裁レベルで出た中なので、政教分離の原則からも考え直すべき時期にきていることも含めて慎重に対応してもらいたかった」



 共産党、社民党は一々言うまでも無く『反対』。政権交代を掲げている第一党の党首、幹事長が中、韓国の意見を垂れ流している事は極めて重大です。外国の政治カードに乗っかって批判するようでは政権交代など無理であると断言します。連立与党の党首、幹事長も同様です。公明党に関しては、連立解消をされては困るので批判のトーンを抑え、連立に影響は無いとフォローしていますが。とっとと連立から出て行けば?公明党さん。
加藤氏?プッ。

 マスコミも急遽特番を組んで大々的に報道。批判的な意見が目立ちました。総理が参拝することによって国益が損なわれるという発言が政治家、マスコミに多いですが、国益を損なっているのは、中、韓の意見を代弁して総理を攻撃しているそっちの方だ。これは、日本人の『心』の問題です。靖国参拝に反対の人は反対で良い。が、影響力のある政治家、マスコミが外国の言い分をそのまま垂れ流す事は許せない。内政に干渉されて土下座するような輩は影響力のある職を辞めろ!

 中国や韓国が靖国参拝を問題視するのは、それが有力な政治カードだからです。どのような別の問題にも靖国を絡めて日本の譲歩を引き出そうとしている。現在、中国の北京で東シナ海ガス田について外務次官級協議が行われていますが、昨日の協議ドタキャンに続いて、23日に予定されていた外相会談をキャンセルする旨、通告してきたようです。韓国も12月に予定していた日韓首脳会談を中止するかもしれないと発表するなど綱引きが始まりましたが、日本国内で『友好』などを理由に総理批判を展開するから、彼らに『利』が生まれるのです。

 『友好』とは主従の関係ではありません。対等な友好関係を保つためには踏み込んではならない『領域』がどんな国にもあります。内政はもちろんの事、『心』は最も重要なものでしょう。

 私は靖国神社へ年に数回ですが参拝しています。それは、靖国に祀られている英霊に尊崇と感謝の念を抱いているから。毎度毎度こんな騒動になって本当に腹が立つ。

 そんな中、台湾の李登輝前総統が、総理の靖国参拝に関して談話を出されました。ご覧下さい(sankei web から一部引用)

「よかった」と李登輝前総統 小泉首相靖国参拝

 訪米中の台湾の李登輝前総統は16日のニューヨークでの講演後、小泉純一郎首相が靖国神社を参拝したことについて「それはよかった」と語った。共同通信の質問に答えた。

 李氏は15日の共同通信との会見で「一国の首相が自分の国のために命を亡くした英霊をお参りするのは当たり前。外国が口を差し挟むべきことではないと思っている」   <以下略>



 李登輝氏は当たり前の事を仰っているだけなのですが、とてもありがたい言葉に聞こえますね(笑)。日本の政治家、マスコミにもこのような当たり前の事を堂々と言ってもらいたいものです。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。




 



 
 
 

 

 
スポンサーサイト

テーマ:時事 - ジャンル:政治・経済

民主党の行方 ⑫  『寝たふりをしていただけ』
 本日、前原誠司氏が民主党新代表に選出されてから1ヵ月が経過しました。従来のボトムアップ方式による政策決定のプロセスを転換させ、トップダウン方式の対案路線によって政策決定のスピードアップを図り、与党提出の郵政民営化法案の対案を提出するところまでは上手く行っているかに見えましたが、やっぱり『寝たふり』していた議員が動き出したようです。
このニュースをご覧下さい(NIKKEI NET から以下引用)

民主・小沢氏、テロ特措法改正案に反対表明
 民主党の小沢一郎前副代表は14日、テロ対策特別措置法改正案への対応をめぐり、前原誠司代表らが政府側から十分な説明があれば賛成もあり得るとの考えを示していることについて「(法案成立と延長決定の)2度にわたり反対しており、(今回賛成するのは)説明がつかない。反対だ」と表明した。さらに「党内の全員に賛否を聞いたらどうか。多分、反対の方が多いのではないか」と強調した。京都市内で記者団に語った。 (20:00)


 前回の衆院選での大敗を受けて表には出ず、代表代行のポストも断って、落選した議員の支援をするために全国行脚していた小沢氏ですが、また何かやらかしそうです。私は、この小沢一郎氏と橋本龍太郎氏が保守政治家のなかで最も嫌いなのですが、自民『田中派』伝統のキングメーカー気取りを下野した今でも続けている小沢氏には、格別の嫌悪感を持っています。

 落選議員の支援に回ったことも次の選挙を睨み、自派の拡大を狙っての動きである事は確実で、前原代表就任直後の国民の注目が薄れてきたところを見計らって執行部批判をし始めたようです。小沢氏の発言を受けて党内で特措法反対の意見が噴出し、執行部は賛成の意向を撤回して反対に回るそうです。

 次に、前原代表と並んで若手の有望株と目されていた枝野氏も妙な動きをしているようです。(sankei web から以下引用)

憲法9条改正論 党見解ではない 民主・枝野氏

 民主党の枝野幸男憲法調査会長は十六日、都内で開かれた憲法改正に向けた国民投票法に関する公開討論会で、同党の前原誠司代表が九条改正を表明していることについて、「民主党は憲法九条の改正を一度も決めていない。憲法を改正すべきだということ自体決めていない。党首や幹事長が個人の意見として(憲法改正を)言っているが、党の見解ではない」と強調した。

 自民党は全面改正を唱えて「新憲法草案」づくりを進めているが、枝野氏は「憲法全文の書き換えには明確に反対だ。(自民、公明、民主)三党で、できれば(社民党を含む)四党で一致する項目からやっていくといい」と述べ、部分改正が望ましいとの考えを示した。九条については「今の自衛隊を現状追認するような改正に賛成する気はない。自衛隊にもっと憲法的な制約をかぶせる方向で改正すべきだ」と語った。



 憲法改正に関して、自民党が一部改憲ではなく、新しい憲法を作るべく草案を練っており、前原代表も対案路線の一環として、全体的な憲法の見直しを明言していましたが、党代表の発言を個人の意見と断言。前原氏に先を越された悔しさは理解しますが、党首や幹部の意見を軽々しく扱っていいのか。9条に関しても、自衛隊にさらなる憲法的な制約をかぶせるというのは一体どういう意味なのか。自衛権明記を主張している前原氏への対抗心から、自衛権も認めないという事なんでしょうか・・若手保守と見られていた枝野氏が、このような動きを見せれば、小沢氏、左派が群がってきて前原代表降ろしに繋がり、また元の民主党に戻ってしまう可能性が強くなります。

 さらに、年金一元化に向けた与野党合同の協議に参加する指示を出していた前原氏でしたが、協議への不参加を決めたようです。(yomiuri online から以下引用)

「年金一元化」合同会議の再開、民主が応じない方針

 民主党は16日、年金一元化などに関する与野党の「社会保障制度改革両院合同会議」について、今国会での再開には応じない方針を固めた。

 これに関連し、同党の鳩山幹事長は同日のフジテレビの報道番組で、「我々が合同会議に入ってしまえば、結局(国民年金を含む年金一元化の)先延ばしの議論のおつきあいになる。(与党は)我々を道連れにする必要は必ずしもない」と述べた。

 合同会議をめぐっては、民主党の前原代表が、再開に関する与党との協議に応じるように松本政調会長に指示していた。

 しかし、与党と民主党との協議で、民主党が国民年金を含めた一元化を議題とするように主張したのに対し、与党側は、まず厚生年金と共済年金を一元化する法案を2007年に成立させ、国民年金を含めた一元化については2007年度末までに方向付けを行う段取りを提示した。
(2005年10月16日23時0分 読売新聞)



 『合同会議に入ってしまえば引き伸ばしのお付き合いになる』って、そんなものは話合わないと分からないでしょうが。以前の民主党もこの手で色んな委員会や会合を欠席していましたね。結局、議論すらしない『ボイコット』戦術で行くんですか?ガッカリです。

 先祖がえりをして行くのなら、絶対に民主党は支持できない。前原氏にはこの様な動きを押さえ込んで自身の方針を貫いて欲しいですが、出来なかった場合は、今後好意的に民主党を取り上げることは無いでしょう。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。

小泉総理靖国神社参拝へ 便乗批判する国会議員を監視する
 本日、小泉総理大臣が靖国神社へ参拝の意向を発表した模様です。靖国神社では、今日から秋季例大祭が始まり、以前からのマスコミその他の観測どおり例大祭初日の参拝となりました。早速、朝のテレビニュースで速報を流していましたが、こんな情報も。(asahi.com から以下引用)

外務次官は待ちぼうけ 日中総合政策対話

2005年10月16日23時21分

 日中両政府の外務次官による第3回総合政策対話は2日目の16日、谷内正太郎外務次官が朝から宿泊先のホテルで中国側からの連絡を待ったが、会合は実現しなかった。この異例の事態について中国側から明確な説明はなく、日本側から戸惑いの声があがっている。

 日本側は2日目の協議について「開始時間は中国側から連絡がある」との認識だったが、連絡はなく、谷内次官はホテルに缶詰め状態を余儀なくされた。

 初日も「戴秉国(タイピンクオ)筆頭外務次官に別の予定が入った」(中国政府筋)として開始が約7時間遅れた。初日の待ち時間に谷内次官は、翌日に行くつもりだった北京郊外の盧溝橋と中国人民抗日戦争記念館、日中友好の森を訪れた。

 戴次官は中国共産党外事弁公室主任も兼務している実力者なので、この日も別の予定が入った可能性はある。小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題が取りざたされていることが影響しているのではとの観測もあるが、「それは中国側も承知のうえで日程を組んだはず」と日本側関係者。「失礼だ」「わけがわからない」などの声も漏れている



 昨日のエントリーで、15日から東シナ海ガス田に関する日中外務次官協議が北京で行われた事を紹介しました。協議2日目の昨日、中国側の代表が協議の席に姿を現さなかったようです。記事文中では、靖国参拝が影響したという憶測がなされていますが、事前にリークがあったのかもしれませんね。

 何時の参拝になるのか今のところ分かりませんが、夕方のニュースでは大騒ぎになっているでしょう。その際、騒ぎに便乗して靖国参拝を批判する国会議員がいれば、しっかり顔と名前を覚えておきましょう。



banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。

テーマ:小泉首相 - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。