管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
王毅中国大使、前原代表から言質取れず
 本日、民主党の前原代表と中国の王毅大使が会談したようです。先日、前原代表が中国共産党局長との会談で総理の靖国参拝に関して、中国側に同調する形で参拝を止めるべきと総理を批判しました。民主党の新代表は与しやすいと踏んだと思われる中国は、早速大使を使って前原氏の靖国参拝批判を引き出そうとやって来たようです。(NIKKEI NETより以下引用)

王毅中国大使「靖国参拝、日中・日韓関係損なう」・民主代表に
 中国の王毅大使は7日夕、都内で民主党の前原誠司代表と会談した。王大使は小泉純一郎首相の靖国神社参拝問題について「日中、日韓関係を損ねている。日本は賢明な判断をすべきだ」と批判。前原氏は「戦略的立場から国益を踏まえた外交が重要だ。日中とも互いにプラスになる関係を築きたい」と強調した。 (21:04)


 日本の内政に干渉する事を正当化するために、野党の政治家などを利用して日本政府を批判させるというのは、中国の常套手段です。あちらの策略に乗って批判をするというセンスの無さを今までの民主党の幹部達は続けてきたわけですが、前原代表も前回まんまとやられましたね。
 今回の会談を良く見ると、直接的に総理を批判していないようです。あいまいな言葉で煙に巻いた形に見えなくもない。取りあえず、直接言及しなかった事は良いですね。

 以前から私が言っているのは、自分が靖国参拝に反対であろうが、なかろうが、内政干渉という許してはならない事を、軽々しく外国の要人との会談などで一緒になって批判してはいけないという事です。たとえ自分の信念であろうとも相手の狙いは明白なわけですから。

 今日の午後、韓国与党の議長とも会談されたようですが、特に靖国などに関する発言はなかったようなので、こちらもスルー出来たのかも。
しかし、あいまいな言葉で逃げ続けると、いつかはっきりとした言葉を求められるでしょうし、今までの民主党は、あちらの思惑通り発言してきたわけですから、党としての一貫性などを突っ込まれた際、困った事態になる可能性が大きく、今のうちにはっきりと内政干渉にNO!と発言しておいたほうがいいですね。そうすれば、かなり民主党を支持しやすくなります。真の二大政党時代の到来を待ち望む私としては、早くこのことに気付いて欲しい。

 外国に同調して靖国参拝を批判するから、おかしく感じるのであって、もし本当に自分が反対だというのなら、外国による内政干渉に抗議しつつ、参拝批判をすればネット界での反発も随分弱くなるのではないでしょうか。

 いつも読んでくれている皆様、連続で特集している朝鮮半島シリーズは執筆中で、明日、明後日にはアップできると思いますので、もう少しおまちください。



banner 
  ↑ ↑ ↑ 
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。


 

スポンサーサイト
中国に親しみを感じる?
 恒例の中国その他の国に対する好感度調査が行われたようです。最近の中国による一連の挑発行動は、どのように反映されているのでしょうか。(yahoo ニュースから以下引用)

<本社世論調査>「中国に親しみ」31% 若い世代冷え込み

 毎日新聞が実施した世論調査で、米国、中国、韓国の3カ国に対する親近感を聞いたところ、米国に対して「親しみを感じる」と答えた人が65%に上ったのに対し、韓国は4割強、中国は約3割にとどまった。特に中国に対しては68%が「親しみを感じない」と答え、20~40代の若い世代でいずれも7割以上だった。日中関係が政治的に冷却し「政冷経熱」と指摘される中、国民感情の冷え込みを浮き彫りにした。
 ◇韓国は44%、米は65%
 調査は9月2日から4日まで全国4550人を対象に面接で行い、2418人から回答を得た。
 米国に対しては、親しみを「かなり感じる」(14%)と「ある程度感じる」(51%)を合わせて「感じる」が65%に上り、「あまり感じない」(28%)と「全く感じない」(5%)を合わせた「感じない」の33%を大きく上回った。特に「かなり感じる」と答えた男性は17%で、女性の10%を大幅に上回った。
 これに対し、中国に「親しみを感じる」人は、「かなり感じる」(4%)、「ある程度感じる」(27%)を合わせて31%。逆に「感じない」人は、「あまり感じない」(50%)、「全く感じない」(18%)と7割近かった。世代別にみると「感じない」人は、70代以上で59%、60代で65%、50代で69%。20~40代ではいずれも70%以上に上った。中国では今年4月大規模な「反日デモ」が起き対日感情の悪化が表面化したが、若い世代を中心に日本側の感情も冷え込んでいるようだ。
 一方、韓国に「親しみを感じる」人は、「かなり感じる」(7%)、「ある程度感じる」(37%)を合わせて44%。「感じない」人は、「あまり感じない」(40%)、「全く感じない」(14%)を合わせ54%で、親しみを感じない層がやや上回った。30~70代以上では傾向にあまり差がなかったが、20代では「親しみを感じる」人が50%に上り、各年代を通じ唯一、「感じない」(49%)を上回った。ドラマなどを通じた「韓流ブーム」が若い世代の対韓イメージに影響したとみられる。【佐藤千矢子】
(毎日新聞) - 10月6日3時2分更新



 まあ、当然の結果というか、逆に3割も親しみを感じる人がいるんですね。そっちの方がびっくりです。いくら日中友好だーとかいってもだめなものはだめですよね。最初から日本に敵意を剥き出しにしてるし、なんだか鼻息も荒すぎて引いてしまいます。

 気になったのは、韓国に対する調査で、20代で親しみを感じる人が若干上回ったことに無理やり韓流ブームに結び付けてる時点で、この世論調査に疑問が湧きますね。韓流ブームで対韓感情良くなってる世代がいますよーって言うためにこの世論調査したんじゃないの?ねえ?毎日新聞の佐藤さん。



banner
  ↑ ↑ ↑  
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。