管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
全てのチベット人に自由を
 ついに昨日、長野で行われた北京五輪の『聖火』リレー。リレーの模様はテレビ各局が中継し、この中ではもはや恒例となったチベット人、チベット支援者による中国への抗議行動や、米国のサンフランシスコあたりから目立つようになった中国人による『聖火』リレー応援(?)行動などが見られました。

 人数の多さと声のデカさ『だけ』が自慢の中国人たちが、数の上では圧倒していた現場。特にリレーの出発地と到着地は、中国国旗の『赤』一色に染まっている映像を何度か見かけた管理人でしたが、なんのチベット人やチベット支援者達の存在感もなかなかのものでした。

 リレー途中、男性が隊列の方に向かって駆け出し、チベット国旗を掲げようとした場面では、欧米での抗議行動を彷彿とさせるものがありましたが、この男性、台湾在住のチベット人だったようです。こちらをご覧下さい。(産経新聞から以下引用)

「フリーチベット」の叫び届かず亡命2世 泣きながら乱入 聖火リレー (1/2ページ)

何のための、だれのための「平和の炎」なのか。26日、3000人規模の厳戒態勢の中で行われた北京五輪の聖火リレー。沿道を埋め尽くす真っ赤な中国国旗と、時折揺れるチベットの雪山獅子旗。出発式会場に一般客は入れず、平和の祭典を象徴するイベントは「市民不在」で進んだ。「チベットに自由を」「ゴーゴーチャイナ!」。チベット問題を訴えるプラカードも掲げられ、タレントの萩本欽一さんや卓球の福原愛さんが走行中には男が取り押さえられる場面もあった。善光寺で知られる仏都・長野市は終日騒然とした空気に包まれた。(林英樹、永原慎吾)

 ハプニングは突然起きた。JR長野駅や善光寺周辺と比べて、比較的観客の数が少ないコース中ごろの沿道。「フリーチベット!」。チベットの旗を握りしめた男がロープをまたいで車道へ飛び出し、聖火ランナーの列に飛び込んだ。警官隊に取り押さえられ、地面に顔を押さえつけられながらも、「フリーチベット」の泣き叫ぶような声は消えない。

 男は、台湾に住む亡命チベット人2世の古物商、タシィ・ツゥリンさん(38)。「私はオリンピックに反対しているわけではない。ただ、チベットの惨状を全世界に訴える絶好の機会だと思っている」。この日朝、沿道の別の場所でチベットの旗を広げていたタシィさんは記者にそう話していた。

 タシィさんは、中国のチベット侵攻後の1959年、チベットからインドに亡命し、その地で生まれた。紛争は直接経験していないが、父親の壮絶な体験がタシィさんの心に刻み込まれている

 父親は紛争の最中、政治的理由で中国公安当局に拘束され、死刑を宣告された。しかし執行の前日、一か八か、小さな窓から絶壁に向かって飛び降りて脱走、一命を取り留めた。その後、夫婦で当時7歳だった兄を連れて2週間かけて、命からがらヒマラヤ山脈を越えたという。

 「チベット独立は両親の悲願でもある。それを実現するためには、残りすべての人生を犠牲にする覚悟がある」

 チベット難民として暮らしたインドでは、常に「どこにも所属しないホームレスのような感じだった」。しかし、ダライ・ラマ14世の言葉に接し、考え方が変わった。「チベットはチベット人のもの。暴力を使わず、平和的に訴えることで、私たちの『自由』を取り戻したい」。

 タシィさんは25日夜に長野入り。タイの聖火リレーでも抗議活動に参加したが、そのときと比べると、日本のほうがチベット支援者が多いことに驚いたといい、「応援してくれる日本のみなさんに感謝している」と述べていた。


 多くのチベット人は、このタシィさんのような過去を背負っています。平和に暮らしていたところに、中国が突然入り込んできて、逆らった人間を虫けらのように殺した。のみならず、中国は現在進行形でチベット人を抑圧し続けている。元の生活を返せ!こんな状況で平和の祭典の開催だと?笑わせるな!という声が、こういった人たちから上がるのは当然なのです。

 中国は、今回の長野での『聖火』リレーは『成功裏に終了(CRI)』したという見方をしているようですが、一体何が『成功』だったのかと問いたい。あれでは『辛うじて何とか護送を終えた』と表現するほかない。本来であれば、行く先々で歓迎されるはずが、とてもじゃないが『平和の炎』などと呼べないシロモノだから、行く先々で抗議行動がついて回る。この異常さを少しは認識しろと言いたい。

 抗議行動がついて回り、抗議行動に対抗するため中国人を大量に動員し、『聖火』が通過する各国は厳重な警備体制を敷かざるを得ない。こんな状況を作り出していることで自分達がどう見られるか、考えた事はないのか。それを『成功裏に終了』などと斜め上なことを言う。『聖火』リレーの通過するところ、中国という国の異常性だけがイメージとして残ってるんだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
チベット問題 今回ばかりは中国を許すな
 チベットはラサで起こった大規模な暴動。溜まりに溜まっていたチベット民衆の怒りのマグマが、ついに爆発したとみられる先日の暴動でしたが、その後、中国が報道規制を敷いているのかどうなのか、新たな動きは、なかなか伝わってきません。そして比較的おとなしいと言われるチベット人が、なぜあそこまで激怒し、暴動にまで至ったのか・・チベット人の生の声が、ハッキリ聞こえてこない。

 しかし今回の件でハッキリしたのは、中国政府がしきりに『チベットは中国政府の政策によって順調に発展、平和で幸せな暮らしを送っている』と喧伝していましたが、これが大嘘だということ(分かりきったことではありますが)。そしてオリンピックに向けて国際社会に約束した『人権尊重・報道の自由拡大路線で行く』というのも大嘘だということ(信じていた人などあまり居ないでしょうが)。

 中国政府の言う通り、チベット民衆が平和で幸せな暮らしを送っているのならば、こんな暴動は起こるわけがない。報道の自由が拡大したというなら、軍や警官隊が暴動を鎮圧する映像も出てくるはずですが、テレビで流されているのは『チベット民衆が暴動をしている』映像ばかり。人権尊重だというのなら、速攻でダライ・ラマ一派の策動だと決め付け、徹底的に取り締まる(つまり弾圧する)と言うはずがない。

 故に、暴動の背景・詳細がハッキリしない段階から国際社会、特に欧米諸国から中国非難や中国に自制を求める声が相次いでいるわけですが、彼らが耳を傾けているとは思えない。いつも通り、力でもって抑えこみ(すでにやらかしたという情報もチラホラ)、後は知らぬ存ぜぬあいつらが悪いという『全否定→逆切れ』で切り抜けを図るでしょう。が、今回ばかりは『伝家の宝刀』が通用するとも思えない。まあ、ある国が自重すればの話ですが。

 民主化を求める民衆を問答無用で殺した89年の天安門事件で、中国は国際社会からボロクソに非難され孤立した。この時も『全否定→逆切れ』という伝家の宝刀を抜いて、切り抜けをはかったのですが失敗。孤立はかなり長い間続きましたが、そこに助け舟を出した国がありました。ええ、情けない話ではありますが、わが国日本です。軽々しく天皇陛下訪中という黄金のカードを差し出したのでした。

 天皇陛下訪中によって、ある種のお墨付きを貰った中国は、その後国際社会に復帰。タイミングが良いと言うか何と言うか、5月にも中国国家主席が来日することになっています。私が心配なのは、今回もまた中国に利用されるのではないかということ。チベット問題が何の解決も見せてないのに、またお墨付きを与えてしまうことになりはないかということ。それだけは避けなければならない。

 仮に中国が、チベットへの弾圧をやめ、ダライ・ラマ法王との対話を開始し、自治とは名ばかりの現状を改善する約束をしたのであれば、来日させても構わないが、そうでない場合は延期、あるいは断った方が良い。最悪、来日させるにせよ、天皇陛下との会談はセットするな。国会での演説もNGだ。『そんなことをしたら先方のメンツが』などという声が聞こえてきそうですが、中国の横暴をこれ以上、許すわけにはいかないんだ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連カテゴリー:チベット問題


お知らせ:明日18日は、管理人の都合により更新をお休みさせて頂きます。
チベット暴動 オリンピックボイコットまで発展か?
 今月14日、チベットはラサで起こった大規模な暴動。中共の圧政によって、塗炭の苦しみを味わい続けてきたチベットの民衆の怒りが、ついに爆発したのか。チベットは、中共によって侵略・占領されてから今年で49年。オリンピックを目前に控え、中共はチベット併呑を既成事実化しようと様々な手を打っていますが、そんな中でのこの暴動。

 死傷者が出ている中で、不謹慎なことを重々承知で言わせていただくと、大変タイミングが良かった。あと3ヶ月でオリンピックが開催されるわけですが、ここへ来て中国発の問題(食品、ダルフール虐殺への加担など)、中国国内の問題が世界中に注目されている今、こうして抗議の声をあげ、行動に出たことは大きい。

 抗議の声はチベット内にとどまらず、世界中に散らばっている亡命チベット人らによって、同時多発的に上がり(参照1:インドで中国大使館に突入図る、チベット人30人拘束 参照2:NYのチベット人、国連本部前で中国に抗議)、EUからは『全加盟国が中国を強く批判した。中国は人権を尊重すべきだ』という指摘があり、事態悪化の場合、五輪に影響が出ることも示唆したそうです(※仏外相の発言:読売新聞

 さらに米国からは、事態収拾に向けて、中国政府がダライ・ラマ法王と『(直接)対話を始めることが非常に重要だ(米マコーミック報道官)』という要求まで飛び出しております(産経新聞)。オリンピック招致を巡って、人権尊重や報道の自由拡大を約束したにもかかわらず、結局は何にもしてない中共への不満が、欧米からも噴出した形。オリンピック開催までの間に、何かが起こることを期待せずにはいられない展開となってきました。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連カテゴリー:チベット問題
ダライ・ラマ法王訪米 『米英首脳に拍手!』
 今月初旬から米国を訪問されているダライ・ラマ法王。『チベットの自由』を訴えるため、各地で講演活動などを展開されたようです。今週ワシントン入りを果たし、政府要人との接触を持ったと思われます。そして昨日、ホワイトハウスに住む、ある人物との会談を行いました。こちらのニュースをご覧ください。(sankei webから以下引用)

ダライ・ラマ14世と会談 米大統領夫妻
.
 ブッシュ米大統領とローラ夫人は9日、訪米中のチベット仏教の最高指導者ダライ・ラマ14世と、ホワイトハウスで会談した。ブッシュ氏とダライ・ラマ14世との会談は3回目。

 ロイター通信によると、在米中国大使館の報道官は「彼は単なる宗教家ではなく、政治亡命者だ。中国の分裂を図る活動をしている。彼とのいかなる会談にも反対する」と批判した。(共同)



 もう3回も会談しているんですね。その度に中国は『彼とのいかなる会談にも反対する』と、批判してきましたが、誰と会おうが『自由』である『自由の国』米国の大統領はさすがですね。中国の批判が怖くて、『天候不良の為、台湾に緊急着陸しましたが、一歩も台湾の地を踏みませんでした!』とか言ってた衆議院議長がいる国がありますねえ。何処だったかしら?確かその国も『自由』な国だと思いますけど。

 お次は英国です。現在、中国の胡主席が欧州を外遊していますが、英国のブレア首相と会談を行ったようです。こちらのニュースをご覧下さい(Yomiuri Onlineから以下引用)

英中首脳が会談、中国に人権状況の改善求める
 【ロンドン=飯塚恵子】英国を公式訪問中の中国の胡錦濤国家主席は9日午後、ブレア英首相と会談した。

 ブレア首相は、経済発展や地球温暖化問題などで、英中両国の緊密な連携の必要性を確認するとともに、チベット自治区の分離・独立問題をはじめとした中国国内の人権状況の改善を求めたものと見られる。

 一方、胡主席は、英国が今年末まで議長国を務める欧州連合(EU)の対中武器禁輸政策について、解除に向けた柔軟な対応を求めた模様だ。


 こちらは真正面から堂々とチベット問題を批判。さすがです。ナイスです。今回の胡主席の訪英は国賓待遇だそうで、エリザベス女王、ブレア首相が歓迎式典を催し、その後、女王とバッキンガム宮殿へ馬車で向かう途中、付近でチベット独立を求めるデモが行われたそうです。もちろん、大きな混乱は起こらない平和的なデモだったようですが、英国の意志がひしひしと感じられますね。大したものです。

 胡主席の欧州外遊、ダライ・ラマ法王の訪米の直前にこんな動きもあったようです。こちらをご覧下さい(CRI Onlineから以下引用)

中国チベット仏教代表団の英独仏訪問、双方の交流協力を促進
2005-11-04 14:04:42 cri

 中国チベット学専門家と活仏代表団の団長でもあるチベット社会科学研究院民族研究所のパサン・ワンドン所長は3日パリで、「代表団のイギリス、ドイツ、フランスに対する今回の訪問はこの3カ国の民衆と学術界のチベットの状況に対する理解を深め、双方のチベット学界の交流と協力を強化した」と表明しました。

 パサン・ワンドン所長はまた、「民族地域の自治と宗教信仰の自由という政策はチベットで効果的に実行され、チベット仏教とチベットの経済社会の発展は共に順調に進んでいる。西側諸国のチベットに対する認識には依然として、誤解が存在しているが、理解を深めることによって、より多くの共通認識に達すると信じている」と述べました。



 この記事を読んで不思議に感じた人もいるかと思いますが、この代表団は、中国がチベット侵略をした際、ダライ・ラマ法王を排除するために作った『傀儡』です。欧州各国を精力的に動き回っているようですが、騙される人は少ないと信じたい。無宗教の共産主義者が後押しする宗教団体なんぞ、誰が信じるか!

 ダライ・ラマ法王の訪米によって、中国がチベットに対して行っている重大な人権侵害への批判が高まるのを恐れ、欧州にこの『傀儡』組織を送り込み、『中国は酷くない!ちゃんと信教の自由は守ってます!』と、カウンターを打って批判を薄めようとしている訳ですね。そんなツマラン工作する暇があったら、チベットの人権状況を改善したらどうなんだ?中国さんよ。

 中国のチベットに対する横暴はあまりに酷く、近代以降、チベットが辿ってきた歴史は悲惨の一言に尽きます。中国の横暴、受難の歴史を背負う事になった『平和の国』チベットに関するエントリーが何本かありますので、かなり長文ですが、お時間がありましたらご覧になってください。


参考カテゴリー:チベット問題 日本マスコミが伝えない中国の真実1-4


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。

テーマ:特定アジア - ジャンル:政治・経済

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。