管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
民主党 去るにしても某団体を道連れに
 マルチとズブズブの議員が民主党にいる・・マルチ商法業界、業者から名目は講演料という形であったにせよ金を受け取り、国会で質疑を繰り返していた民主党の前田雄吉衆院議員。これが発覚してから、民主党は火消しにかかっておりましたが、民主党から離脱させる・・つまり尻尾を切って済ませようとしています。

 が、民主党の議員、それも重鎮といえる議員が、前田議員と同じようにマルチとズブズブなのでは?という疑惑が燻っており、この尻尾切りという最も簡単な手が民主党にとって、後々になって難題を生み出すことになるかもしれません。早速、具体的な話が浮上してきました。こちらをご覧下さい。(asahi.comから以下引用)

石井・民主副代表、マルチ業界側から献金450万円

民主党副代表の石井一参院議員(比例)が03年10月にマルチ商法業界の政治連盟など業界側から計450万円にのぼる献金を受けていたことがわかった。同連盟ホームページによると、石井議員は直前の同年9月に連盟支援の議員連盟を立ち上げて初代名誉会長に就任。業界と政界とを初めて本格的に結びつける立場だった。

 石井議員は03年当時、衆院議員だった。代表を務めていた「民主党兵庫県第1区総支部」の政治資金収支報告書によると、議連発足翌月の10月23日に「流通ビジネス推進政治連盟」から300万円、同月11日には同連盟の幹部企業から150万円の献金をそれぞれ受けていた。

 業界からの資金提供を受け、業界寄りの国会質問を繰り返していた前田雄吉衆院議員=民主党離党=が発足時に事務局長に就くなど複数の民主党議員が議連に参加したが、この年に同連盟から資金提供を受けた議連メンバーは、石井議員だけだった。

 一方、議連発足時は特定商取引法の改正作業が本格化した時期で、03年9月にマルチ商法によるトラブル急増を背景に政府の産業構造審議会に特定商取引小委員会を設置。同小委は04年1月、マルチ商法ではうその勧誘による契約は解除できるという内容の法改正を求める報告書をまとめた。これに沿った改正案は、同年3月の前田議員の初質問直後に国会にかけられ、同年4月に成立している。

 450万円の献金について、石井議員の事務所は朝日新聞の取材に「03年は総選挙もあり、支援、協力をいただいた。特定の趣旨はなく、石井の政治活動に対するものだ」と文書で回答した。

 前田議員は、石井議員から「政治連盟をつくろうというお誘いを受けた」と著書に参加の経緯を記している。石井議員の事務所は「(政治連盟の理事長=故人=を)どなたかに紹介され、趣旨は理解し若手の議員に声をかけた。当初は名誉会長だが、その後、総選挙での落選もあり関与していない」としている。

 関係者によると、政治連盟には約40社が加盟し、1社あたり年間50万円の会員料を徴収しているという。


 あらあら、石井さんですか。当初から名前はあがっていましたが、具体的な話が出てくるのは、他の方だと思っていたんですけどね。ひょっとして石井さんが追求をしている某団体が(ry・・などという憶測の話はこれくらいにして、民主党の副代表がマルチとズブズブ!ってのはマズイです。しかも尻尾を切って追い出した前田議員のマルチ方面における師匠(?)筋じゃないですか。マズイなあ。

 民主党としては、筋を通すのであれば石井さんも前田議員と同じような対応を取らないとダブスタという声があがるのは間違いない。しかし尻尾を切ってしまえば、かなり注目されてしまうので、どっちにしても痛い。まだ疑惑が燻ってる議員は何人かおられますし。この問題は、粘着質にかけては日本マスコミNO1を誇る朝日が、なぜか一生懸命追ってますので、民主党は難しい対応を迫られそうです。

 
banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:民主党 香ばしい黒さ
関連エントリー2:民主党 何とかの吹き溜まり政党
スポンサーサイト
民主党 何とかの吹き溜まり政党
 民主党にマルチ商法業者とズブズブの議員がいる・・講演料だとかいう名目で金を受け取り、業界の擁護をしまくっていたこの議員、限りなく黒に近い灰色であるマルチ商法業界を、完全に黒ではないのだから白だ!という無茶な論理を何度も国会で振り回していたそうな。

 この議員だけなら大したことはなかったのかもしれないのですが、何と民主党の重鎮連中、それも小沢氏の側近連中が、こぞって業界擁護の議連に名を連ねていたことが判明(朝日)。民主党は目下、火消しに必死であります。しかし、こんなんで逃げ切れるかなあ。さらなる自爆を招くだけなんじゃないかと。こちらをご覧下さい。(nikkan sportsから以下引用)

民主前田議員が釈明会見設定後に一転中止

 民主党の前田雄吉衆院議員(比例東海)の政治団体がマルチ商法業界から講演料名目で資金提供を受けていた問題で、前田議員は14日午後、釈明のため記者会見すると発表したが、「資料がそろわない」として一転、会見を中止した。

 前田議員は当初、「火事で関係資料が燃えてしまい調査に時間がかかった」とするコメントを発表。同日夜に会見すると報道各社に伝えながら、間もなく「大変申し訳ないが延期する」とファクスで知らせた。

 一方、2005年から昨年にかけてもマルチ商法の業界団体や業者から、寄付金や講演料として計510万円を受け取っていたことが新たに判明。代表を務める民主党支部の政治資金収支報告書に記載されていた。(共同)

 [2008年10月14日22時22分]


 あらら?調査に時間がかかったと説明して、夜には会見をすると約束したんですよね?つまり資料は火事で燃えたりしたものがあったけど、何とか揃った。にもかかわらず直前になって資料が揃わないなどと訳の分からないことを言う。おおかた、民主党の上の方が『ヘタに喋ったり資料を出したらヤバイ』とか何とか考えて、やめさせたと見るのが正しいんでしょうね。

 まあ、創価追求で注目されてる石井一さんとか、民主党国対委員長の山岡賢次さんとか、上がってる名前がヤバイですからね。ヘタしたら民主党は文字通り壊滅するかもしれない。だってそうでしょう。政権交代しようかとしている政党の大物達が、マルチ商法の片棒担いでたなんて、シャレになりませんもの。

 さて、議員の口を封じて火消しする方向で突っ走るのか、はたまた『火事』を起こして全てを隠滅するのか、それは知りませんが、簡単には行かないでしょうね。総選挙が近づいて与党も本気出してくるでしょうし。金融危機だろうが何だろうが、とにかく総選挙!政権交代!と叫びまくっていたことを今さら後悔しても遅いですよ(笑)。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:民主党 香ばしい黒さ
民主党 香ばしい黒さ
 先週末の大暴落から一転、週明けの欧米、日本の株価は大暴騰してますね。根本的な問題解決がされておらず、不安感が一掃されたとも言えない状況の中での動きということで、今後はしばらく、こういった乱高下が続くのかなあ?と、ぼんやり市場をウォッチしている管理人。

 まあ先進各国政府、また中央銀行が今、必死こいて問題解決に動いてますので、それを見守るしかありませんが、この金融危機はどこまで行くのか、そしてどんな問題を連れて来るのか、注目したいと思います。それはさておき、何だか民主党が、また金がらみで『危機』っぽいですね。しかもマルチ商法業者とズブズブとかいうヤバめの話だそうで。(asahi.comから以下引用)

前田議員がホームページで釈明「決して擁護ではない」

前田雄吉議員は14日午前、マルチ商法業界からの資金提供と4年連続で同業界を擁護する国会質問をしたことについて、自らのホームページで初めて釈明した。資金提供を受けていた業者のうち1社が経済産業省から処分を受けていたことを報道で知ったとして、この業者に資金を返還するとしている。

 前田議員は冒頭、「私の記事が書かれたことについて世間をお騒がせし深くお詫(わ)び申し上げます」と述べた。そのうえで、「質問の際には必ず前年の警察の取り締まり件数を聞き、業界に厳しい言葉も述べており、決して擁護をしているわけではない。全マルチ業者を肯定しているわけではない」と説明した。


 決して擁護しているわけでも、全てを肯定しているわけでもない・・ですか。ものは言いようと申しましょうか。これ例えば、大部分はマトモで世間的にも有益であると認められていて、極々一部の業者が悪さをしたことがあるだけ、という業界であれば、まあ通用するかもしれない。でもねえ、業界が業界ですからねえ。

 この方は前田さんと仰るそうですが、私はよく存じません。よく存じませんが、『こういう物言い』をするマルチ勧誘員には、会った事があります。私が『それマルチじゃないの?ヤダよ。』とツッコミを入れると、『いや、そんな業者はいることは確かだけど、ウチは違う! 』って熱弁するんですよね。その一部とかいう業者を罵倒しながら。後日分かったことですが、この勧誘員の業者も同じ穴の狢だった。

 まあそんなことはどうでも良いのですが、政治家として『特定の業界・業者から金を貰って、その業界・業者のためだけに政治活動する』ってのは、色々と問題があると思いますよ。特に野党の皆さんは、こういった業界との癒着を毛嫌いして、叩きまくってきましたので、いくら身内であろうと徹底的にやって欲しいものですが、無理でしょうね。代表自身が不動産大量取得などで真っ黒でも知らんフリだもんなあ。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー1:民主党 こんな真っ黒男が代表です
関連エントリー2:民主党 行け!自爆へ向けて突っ走れ!
民主党 鳩山幹事長は大丈夫なの?
 質問・追及はするけれども、されるのは絶対拒否で、とにかく政権交代させろ!と念仏を唱え続けている民主党。前回の民主党をテーマとしたエントリーで私は、カルトじみていると指摘しましたが、解散総選挙が今すぐにでもないと、民主党として『非常に困ったこと』になるからなのか、その辺はよく知りませんが、ボルテージは上がり続けているようです。

 同エントリーでは、与党側から党首討論の申し出があり、民主党がどんな反応をしたのかを紹介しました。米国発の金融危機に政府は後手後手であるとヤジを飛ばすだけの民主党に、ではあなた方の考えも披露してもらって論戦しましょうという話だったのですが、民主党は『党首討論するなら解散時期を確定せろ』と、これまた政局にしようとするばかり。その後、考えは変わったのでしょうか。(共同通信から以下引用)

鳩山氏「選挙が最大の党首討論」 自民要求に反論

 民主党の鳩山由紀夫幹事長は10日の記者会見で、自民党の細田博之幹事長が小沢一郎代表に党首討論に応じるよう呼び掛けたことに反論し、衆院早期解散の確約がなければ党首討論に応じない考えをあらためて示した。

 鳩山氏は「衆院選こそが最大の党首討論だ。今の政権で良いのか、新しい政権を樹立すべきか、という国民の問いに一番答える道は選挙だ」と述べた。

 麻生太郎首相の「逆質問」への十分な答えがないとの細田氏の指摘に対しては「まったくのうそだ。きちんと答えている」と強調。

 その上で「政策も財源も所信表明で提示せずに党首討論だけやろうというのは党利党略だ」と批判した。


 鳩山さんはますますオカシクなっていきますね。まあ前々からか・な・りオカシかったですけど。衆院選が最大の党首討論だ・・確かに、お互いの政策を聴衆の前で披露することにはなりますが、しかしこれは『討論』じゃないでしょ。面と向かって喧々諤々やりあうのが『討論』というものです。どうしてここまで党首討論から逃げ回るんですか?ツッコまれたり、反論にあってボコボコにされるのが怖いだけとしか思えない。

 で、麻生総理の逆質問は、小沢代表に向けたものだったんですが、小沢さんは『無視』しましたよね(関連エントリー参照)。『まったくのうそだ。きちんと答えている』と鳩山さんは言いますが、ではなぜ、誰も民主党が麻生総理への逆質問への回答したこと、またその内容を知らないのですか?不思議な話があるものです。というか、ヤジとか悪口のことを『回答』だと思ってるんじゃないだろうな。あり得すぎて怖いです。

 そんな普通の話さえも出来なくなっているほど、錯乱状態に陥っていると思われる鳩山さんですが、なぜこんなにもハチャメチャに選挙に拘るのか、最初は一緒になって総選挙を煽っていたマスコミも訝しくなってきたらしく、ある記者が『解散・総選挙を行えば政治空白が生じ、さらに景気が悪化するのでは』という質問をしたそうなんですが、鳩山さんは『政権交代こそ最大の景気対策(民主党HP)と答えたそうな・・完全にイってます。


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。


関連エントリー:民主党は対話不能政党です
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。