管理人やじざむらいが、気になるニュースをほぼ毎日更新で垂れ流してまいります。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本語として美しいから拡大解釈はダメ!って??
 先週、大阪の門真市で起こったある騒動について、当ブログで2回連続で取り上げてました。子供達の大事な畑を行政が無慈悲にも奪った!・・みたいな演出でメディアに露出し、未だデジタルデバイトの向こう側にいらっしゃる人達にアピールしたものの、ちょっと調べればすぐに底の割れる薄い構成だったため、ネット界隈ではシラケムードが漂っております。

 騒動を起こしたのは、門真市にある保育園の理事にして、実は畑の所有者で(現在は法律上の所有者移転済み)、さらには例の9条の会の中の人である松本雄吉氏。ここに著名なプロ市民である門真市の市議会議員の戸田ひさよし氏が、9条の会の絡みで参戦。あの騒動、要はよく訓練されたアッチ系の人々による演劇だった可能性が高い。

 さて、騒動の続報があれば、また取り上げたいところですが、いまのところ小康状態が続いています。ということで、本日のエントリーでは、上で書きました『9条の会』絡みのニュースがあったので、取り上げてみたいと思います。こちらをご覧下さい。(京都新聞から以下引用)

作家の澤地さん、九条の意義訴え

京大会館で憲法講演会

日本国憲法の平和主義について考える憲法講演会が18日、京都市左京区の京大会館であり、作家の澤地久枝さんが「憲法は守らなければ有名無実化するのは、自衛隊との関係で明らか。今こそ、九条をもっと生きたものにしなければならない」と訴えた。

 憲法学者で同志社大学長を務めた故田畑忍さんが設立した憲法・政治学研究会と憲法研究所が、研究会の設立50周年を記念して開き、約150人の市民が集まった。

 現在の世界情勢について、澤地さんは「戦争という手段を封印していないことが原因で危険な状態になっている。日本は戦争の枠外にいたのに、政治家が米国にくっつき、破滅が見え始めている」と指摘し、集団的自衛権行使などの憲法解釈にも触れ「憲法の日本語は美しい。拡大解釈はおかしい」と述べた。
 同じく九条の会の呼び掛け人だった作家の故小田実さんとの交友を振り返り、「彼は『われわれは小さな人間だが、大きな人間は小さな人間を使わないと何もできない』と言っていた」と、市民レベルでの護憲活動に期待を寄せた。


 私は以前のエントリーで9条の会について、『憲法9条を崇め奉り、平和!平和と念仏を唱えてれば平和が訪れると信じてる』と表現しました。まあ宗教みたいなモンですね。現実はどうであるとか、これから未来の世界で、どういったことが起きるのか、という思考を放棄している人達です。

 正直な話、こんな風に『9条!9条!』と唱えてれば事足りると思える幸せな頭が、時に羨ましくなることがあります。これが個人的な話で済んでしまうのなら、日本は自由の国ですから、捨て置けば良いのですが、日本の平和、安定に関わる、つまり日本の安全保障問題に絡んでくるので、そんなことは言ってられない。

 戦争には相手がある。仮に日本だけが、こういう人達の努力によって全員9条信者になったとしても、相手がそうでないなら、意味が無い。そして『戦争という手段を封印していないことが原因』だから、これを封印しろといって聞く国が、世界のどこにあるのか。皆無といわざるを得ないでしょう。

 ただ、憲法の解釈をどんどん拡げていくことが危険であるという考えには、私も同意します。しかしここからが違う。解釈の拡大をせず、私は憲法を変えていくべきだと考えます。現行憲法をそのまま読めば、自衛隊の存在は違憲です。しかし現実には、かなり昔から存在が認められている。解釈の拡大によって。

 憲法は絶対視しなければならない聖典ではない。とはいえ、法体系の上位に位置する重要なものです。本来であれば書かれていることには、従うべきということになるのですが、現実とかけ離れて来ても改正できないという状況が、解釈の拡大によって乗り切るというアベコベな話を生み出してしまう。実はこっちのほうが、危険だということに気付かねばならないんですが、こんな人達ですからねえ・・


banner  
  ↑ ↑ ↑
この記事が気に入った方は『応援クリック』お願いします。
あなたの一押しで書く意欲が湧きます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本国内だけで喚く「9条を守れ!」
戦争って、相手と戦うからこそ戦争であって、片方が一方的に相手を攻撃するのは戦争とは言いません。

9条は、日本が戦争することを禁じている。一方的に敵から攻撃された場合の防衛に、全く言及が無いどころか、反撃も出来ないことになる。 

9条を錦の御旗の如く頂く連中は、絶対に攻撃してくるかもしれない相手に向かって、同じ平和憲法を持ちましょう、とは呼びかけない。 なぜか、9条を持っている日本にだけ、防衛や反撃の手段を放棄して、ひたすら攻撃されないよう祈れ!と嘯く。 

攻撃されたくなければ、相手の望むモノを全て与えよ。 日本人は世界の奴隷となって働け。  それが9条信者の目的である。
2008/10/21(火) 01:20:13 | URL | 蕗 #ewz0J0Hs[ 編集]
美しい?
日本語が世界語じゃ有るまいに・・・バカ云ってら・・・
2008/10/21(火) 17:00:53 | URL | 嫌! #kU3g/2a6[ 編集]
憲法を守ることが目的ではない。国を守り抜くことが目的であると考えます。
2008/10/21(火) 17:04:15 | URL | 名無しさん #-[ 編集]
汝隣人を愛せよと教えるキリスト教の国が率先して戦争や植民地支配しまくってきた件
2008/11/09(日) 06:13:18 | URL | 名無しさん #j83nbi5Y[ 編集]
あの日本語が美しいという感性がちょっと理解できないですね。

>日本は戦争の枠外にいたのに

これがおかしい。戦後の歴史をどうみればこんな認識になるんだろか…
2008/12/27(土) 12:51:05 | URL | kk #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
最近のテレビを見て気になったこと・八代英輝さんのコメント? テレビ朝日の「徹子の部屋」に出演した国際派弁護士といわれテレビでも活躍している八代英輝さんが言った。 「企業や弁護士などで第一線で活躍している人には皆、専属同様な精神科医がついており、それが一種...
2008/10/20(月) 15:47:44 | 無党派日本人の本音
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。